保険業界でSEOは重要?YMYL領域のSEO対策のポイントや注意点を解説

保険業界のSEO対策

保険業界では、対面での営業だけではなく自社サイトを通じての集客も重要となってきます。そこで欠かせないのが、SEO対策です。SEO対策と言っても、保険業界の場合は注意そなければいけないポイントがいくつかあります。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、保険業界におけるSEOの重要性やYMYL領域に含まれるジャンルでのSEO対策のポイントや注意点を解説していきます。

 

保険業界でSEOが重要な理由

 

保険業界でも、自社サイトからの集客に力を入れている企業が近年増えてきています。サイト集客で欠かせないのがSEO対策ですが、保険業界がSEO対策に力を入れるべき理由が主に2つあります。

 

保険はYMYLに含まれる

 

保険業界でSEOが重要な理由の1つに、保険関連の内容がYMYL領域に含まれるということが挙げられます。YMYLとは、Your Money Your Lifeの略称で人々の人生や生活に影響を与えるジャンルを示す言葉です。

 

Googleが公式に発表している検索品質評価ガイドライン内でも言及されており、検索結果におけるコンテンツの品質を高めるために提唱されました。YMYL領域に含まれるジャンルは影響力が大きいため、Googleの評価基準が厳しくなります。

 

保険業界はこのYMYL領域に含まれるため、他のジャンルよりも特に「信頼性」と「安全性」が厳しく評価されます。

 

関連記事: YMYLとは?対象ジャンルとSEO対策方法

 

E-A-Tが重視される

 

YMYLでは、「信頼性」と「安全性」が重要視されます。そこで考慮しなければいけないのでが、E-A-Tです。E-A-Tとは、Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を取ったもので、検索エンジンのサイト評価基準の1つです。

 

これらの3つの項目を満たすことで、高品質なコンテンツとして検索エンジンから評価されやすくなります。特に保険業界のようなYMYL領域に含まれるジャンルでは、E-A-Tを意識したコンテンツ制作がポイントとなります。

関連記事:E-A-Tとは?Googleが重要視する理由と対策方法

 

YMYLとSEOの関係性

 

保険業界のようにYMYL領域に含まれるジャンルでは、「信頼性」と「安全性」が大切となります。実際に体調に関する悩みを検索した際に、素人が書いた個人ブログよりも医者が書いた症状について解説するコンテンツの方が信頼できるのと同じように、検索エンジンも信頼できる情報を上位表示させようとします。

 

そのため、YMYL領域では信頼できる内容であるかどうかで評価が左右さるのです。もちろん、信頼できる情報である必要はありますが、ユーザーにとってわかりやすい情報であることも大切です。たとえば、専門用語ばかりだとユーザーはコンテンツの内容を理解できずにページを離脱してしまいます。

 

このように、情報の信頼性を意識しながらもユーザーにとってわかりやすいコンテンツ作成を行うことがポイントとなるのです。

 

YMYLに対するGoogleアップデートの歴史と背景

 

YMYLの概念は、2018年に提唱されるようになり比較的新しい概念ではありますが、なぜここまで重要視されるようになったのでしょうか?

 

YMYLに対するGoogleアップデートの歴史

 

Googleはこれまでにいくつものアップデートを行ってきましたが、すべては検索エンジンの精度を高めるために行われてきました。中でもYMYLと関連のある、コンテンツの質に関するアップデートを重ねてきました。

 

パンダアップデート

コピーサイトや自動生成されたページなどの、低品質なコンテンツを検索結果から排除すさせる。

 

フレッシュネスアップデート

より新しい情報を上位表示させる。

 

ウェルクアップデート

偽ニュースなどの信頼性のないサイトの検索順位を下げ、専門性や信頼性の高い情報を上位表示させる。

 

関連記事: Googleのアルゴリズムとは?アップデートや具体的な要因【2021年最新版】

 

 

YMYLが重視されるようになった背景

 

多くのアップデートが重ねられてきたことにより、より高品質なコンテンツが上位表示されやすくなりました。特に、人々の生活や人生に大きな影響を及ぼすジャンルでは、低品質なコンテンツを検索結果に表示させるわけにはいきません。そのため、検索エンジンはYMYL領域に含まれるジャンルのサイトにはより厳しい評価基準を設け、より精度の高い検索エンジンを目指しているのです。

 

YMYL領域である保険業界のSEO対策のポイント

 

では、YMYL領域である保険業界では、どのようなSEO対策を行えば良いのでしょうか?ここでは、保険業界のSEO対策のポイントにていて解説していきます。

 

良い評判を得る

 

質の悪い情報やサイトであっても上位表示される時代とは異なり、いまではGoogleのアルゴリズムアップデートにより、質の悪いコンテンツを検索結果に表示させることがなくなりました。そのため、より一層サイトの評判がランキングされる際の重要な要素となっています。

 

インターネットで何でも調べられるようになった今では、どこからでも評判を見られるようになっています。評判は信頼となるため良い評判を得ることは重要となります。

 

サイト内の情報を充実させる

 

サイト内に多くの情報を開示することで信頼できるサイトだとアピールすることができます。たとえば、サイト運営者の情報や連絡先、サポート情報等が挙げられます。

 

情報の開示以外にも、プライバシーポリシーや利用規約を明記したページの作成など、情報開示に必要なページの作成も重要です。サイト内の情報を充実させ、ユーザーに安心と信頼を提供できるようなサイト作りを心がけましょう。

 

著者情報を明記する

 

YMYL領域では、誰が発信している情報なのかということが重要になります。そのため、著者情報を明記することが大切です。

 

著者情報を明記することで、読んでいるユーザーに対して安心感を与え信頼に繋げることができます。具体的には、著者のプロフィールページの作成や著者のブログやSNSリンクを貼るなどが挙げられます。

 

誰がだけではなくどのような人が発信しているのかを明記することで、より安心感を与えることができます。

 

問い合わせフォームを設ける

 

YMYL領域は専門性が高く、一般ユーザーでは理解が難しいこともあります。そのため、ユーザーの悩みを解決できるように問い合わせフォームばどのカスタマーザービスを設けると良いでしょう。

 

問い合わせフォームはユーザーからの質問だけではなく、万が一間違った情報や分かりづらい情報があったときの第三者からの通知を受け取る窓口にもなります。そのため、ユーザーとの接点である問い合わせフォームは設置することが大切です。

 

専門家の監修をつける

 

専門性が求められるYMYL領域では、コンテンツを然るべき専門家に監修してもらうことでE-A-Tを高めることにも繋がります。E-A-Tを高めることは、結果として検索エンジンからの評価を高めることにも繋がるため、重視したいポイントでもあります。

 

また、専門家の監修をつけることでより情報の正確性を追求することができます。情報が正確であることは、ユーザーへ安心感を与えることにも繋がります。そのため、作成するコンテンツには専門家の監修をつけるなどの取り組みを積極的にE-A-Tに取り組むことが重要です。

 

公的機関の情報を参考にする

 

YMYLでは、根拠や実験データのある研究論文などの正確性と専門性で高い評価を得ている情報が重要視されます。専門家からの監修をつけることが難しい場合は、公的機関の情報を参考にしたサイトや出典を明記して情報の精度を高めるようにしましょう。

 

サイトに掲載されている情報がなぜ正確で安心なのかなをユーザーに明示することが大切です。そのためには、公的機関の情報を参考にし信用できる情報であることを第三者観点でわかりやすく明記する必要があります。

 

情報のアップデートを行う

 

Googleがフレッシュネスアップデートを行ったように、今ではランキング要素として情報の新鮮さが重要視されています。そのため、常に情報の更新を行うようにしましょう。

 

医療や金融などの情報は頻繁にアップデートされるため、情報が改正されたらすぐにコンテンツも更新することが重要です。

 

コンテンツの正確さというのは、誰が発信している情報なのかということも重要ですが、いつ発信された情報なのかかということも重要となります。

 

公開日と更新日を明記する

 

情報の新鮮さが重要であること関連しますが、コンテンツの公開日と更新日を明記することも大切です。情報の新鮮さを重要視する検索エンジンに対して情報の鮮度を知らせられるだけではなく、実際にページに訪れたユーザーに対しても情報の鮮度を明記することができ、安心感を与えることができます。

 

そのため、コンテンツを作成した際や情報をアップデートした際には、日付を明記するようにしましょう。

 

SSL化する

 

SSL化とは、セキュリティを向上させるためにインターネット上のデータ通信を暗号化することで、最近ではあらゆるWebサイトで常時SSL化が進められています。SSL化されているWebサイトは、ユーザーが安心して使える信頼のおけるコンテンツであるとして検索エンジンからも高く評価されます。

 

また、一部のブラウザではSSL化されていないサイトにアクセスする際に警告表示がされます。この警告表示による離脱するケースもあるため、SSL化は必須となります。

 

関連記事: SSL導入のメリットとデメリット

 

ユーザーニーズを満たすコンテンツの作成と確認

 

YMYL領域に限らず他の領域にも共通していますが、SEO対策において重要なことはユーザーニーズを満たすコンテンツを作成するということです。ユーザーの知りたいと思うコンテンツでなければ、高品質なコンテンツとして検索エンジンに評価されることはありません。

 

また、既存のコンテンツが現在のユーザーにあった情報であるかという確認をすることは重要です。ユーザーニーズは時代の変化とともに変化していきます。そのため、過去に書いたコンテンツも本当にユーザーが求める情報であるのかということを見直すことが重要です。

 

特に情報のアップデートが多いYMYL領域では特に重要となります。

 

Googleマイビジネスへ登録する

 

実店舗を運営する保険会社であれば、Googleマイビジネスの利用が効果的です。Googleマイビジネスとは、Googleマップ上で住所や営業時間など自店舗の情報や写真、お知らせやニュースなどの投稿ができるサービスです。

 

登録にはGoogleから認証が必要ですが、多くのユーザーが目にする場所であることや、正確な情報の記載が求められる場であるため、ユーザーからの信頼を得ることができます。

 

実際に検索エンジンでエリア名を含むキーワードを入力した際に、Googleマップが検索結果上位に表示されるようになっており、Googleも近年MEOに力を入れ始めています。

 

関連記事: Googleマイビジネスは強力な集客ツール!メリットや登録方法など

 

保険業界のSEO対策の注意点

 

YMYL領域である保険業界のSEO対策では、1つのサイトにYMYL領域でないジャンルのテーマを今後させないことが重要です。保険のような慎重に扱うべきトピックと、そうでないトピックを同じサイト内で掲載しているとGoogleはどのようなサイトなのかを判断できなくなってしまします。

 

YMYL領域では専門性に特化した、信頼できるサイトである必要があります。複数のテーマを取り扱うとユーザーもさまざまな情報が目に入り混乱してしまいます。

そのため、コンテンツを増やす目的で保険とは関係のないコンテンツを掲載しないようにしましょう。

 

保険業界のSEO対策の実情

 

日本の保険業界の大手生命保険会社は、WEB戦略に後れを取っているのが実情です。現在、「ライフネット生命保険」「アフラック」の2強がWEB戦略で1歩大きく他社に差をつけています。

ライフネット生命保険は、保険外交員をなくした直販のネット生保として創業し、現在もSEO対策で”保険”のビックワードで1位を獲得するなど、保険業界のWEB戦略の第一人者としてその地位をキープしています。

保険業界のWEB戦略では、外資系が強く日本の古参生命保険会社は出遅れている印象があります。外資系のアフラックをはじめ、ジブラルタ生命保険株式会社,オリックス生命保険株式会社などの外資系保険会社もSEO対策とWEBマーケティングに力を入れています。

今後、国内の古参の保険会社の巻き返しが期待されます。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】保険業界も近年デジタル化が進んでおり、インターネットでの集客が欠かせないものとなってきています。Web集客で無視できないSEO対策ですが、保険業界の場合はYMYLを意識したSEO対策が重要となります。YMYL領域ではGoogleからの評価基準は厳しくなりますが、しっかりと対策することで高品質なコンテンツ作成を行うことができます。保険業界のサイトでは、ユーザーの不安に寄り添うことが大切です。正しい情報でユーザーにとって役に立つ、質の高い情報発信を心がけましょう。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。