SEO対策の東京SEOメーカー

保険業界のSEO最新トレンド!具体的な対策から注意点まで詳しく解説

保険業界のSEO最新トレンド!具体的な対策から注意点まで詳しく解説デジタル時代の到来と共に、保険業界は大きな転換期を迎えています。かつては専門家や営業担当者を通じて情報をえていた顧客が、今やインターネットで直接知識を吸収しています。

 

実際、インターネットでの保険関連検索が年々増加しており、例えば「がん保険」というキーワードでGoogleトレンドを調べると、下図のように年々上昇しているのが分かります。

 

Googletrend

 

 

参考ページ:Googleトレンド

 

 

SEOコンサルタントこのように、保険業界におけるインターネットでの検索需要が拡大しているため、SEO戦略の強化が今後、ますます重要です。そこで今回は、保険業界のSEO最新トレンドとその具体的な対策方法、注意すべきポイントを詳しく解説します。

 

無料競合調査

保険業界におけるSEOの重要性

保険業界において、SEOの重要性は年々上昇しています。ここでは、その理由について詳しくお伝えします。

 

インターネット経由の申し込み・情報収集が増加

「コの保険」が実施した2022年6月のアンケート調査結果によると、保険の加入方法において、26.1%の顧客がインターネットを通じて申し込みをおこない、契約にいたる過程で45.5%の顧客がWEBサイトやSNSを利用して情報を収集していることが判明しています。

 

このようにインターネットを利用して情報を探す顧客が多いため、保険会社は自社のWEBサイトが検索エンジンで上位に表示されるように戦略を立てる必要があります。

 

参考ページ:【2022年6月実施】生命保険等の加入方法のアンケート調査の結果について – コのほけん!編集部 調べ

 

信頼性が重要

保険は、顧客が支払う総額でいうと非常に高額な商品です。そして、万が一の時には契約者の生活、財産、家族を守る重要な役割を果たします。そのため、保険会社に対して高い信頼性が求められます。

 

検索エンジンでの上位表示は、この信頼性を獲得するうえで非常に重要です。多くの顧客は、Googleなどから認められている信頼の高いWEBサイトが検索エンジンでも上位表示されていると判断するからです。

 

このように、顧客が検索する適切なキーワードに対して、自社のWEBサイトが上位表示されることで、会社や商品に対しての信頼性が築かれ、最終的なコンバージョンにも結びつきます。

 

保険業界のSEO最新トレンド

現在、保険業界を取り巻く環境が激しく変化しています。少子高齢化が進んできたり、これまで経験したことがないような災害が起こることで、顧客から多様なリスク回避が求められているからです。こういった点を踏まえて、保険業界のSEO最新トレンドをお伝えします。

 

自然災害の損害保険

近年、災害の増加に伴い「自然災害による損害保険」が大きな関心を集めています。こういった状況を踏まえると、保険業界のSEO対策としては、地震、洪水、台風などの自然災害に関連するキーワードが重要です。

 

具体的には「地震保険 人気」「地震 保険 比較」などが該当します。こういったキーワードで検索する顧客は、自然災害に備えた保険商品や保障内容、加入方法に関する情報を求めており、コンバージョンにもつながりやすいです。

 

介護保険

平成12年より「公的介護保険制度」はスタートしましたが、それだけでは十分カバーしきれない点もあるため、民間の介護保険系のキーワードに注目が集まっています。そのため、保険会社や関連企業は、介護保険に関連するキーワードに対してSEO対策を強化したいところです。

 

自転車保険の義務化

近年、自転車事故による損害賠償の問題がクローズアップされています。そのため、東京、神奈川、大阪など多くの自治体がすでに自転車保険の加入を義務化しています。こういった背景から「自転車保険」に関連するキーワードへの対策が重要度を増しています。自転車保険自体の保険料はそれほど大きな金額になりませんが、保険会社にとっては新たな市場の開拓となることは間違いありません。

 

保険業界のSEO対策

ここでは、具体的な保険業界のSEO対策についてお伝えします。保険には大きく分けて2種類あります。1つは検討期間が長いタイプのものです。生命保険や医療保険などが該当します。

 

もう1つは旅行保険などの検討期間が短いタイプの商品です。ここでは、この2つのタイプ別でSEO対策についてお伝えします。

 
保険業界のSEO対策
 

検討期間の長い保険

生命保険やがん保険、年金保険などの長期保険商品は、顧客の人生に大きな影響を与えます。また通常、長期間にわたり支払いをおこなうため、総支払額も高額になります。事実、生命保険文化センターが実施した『生活保障に関する調査』によると、男性は平均年間で20.6万円を生命保険に支出しています。

 

参考ページ:生命保険の保険料は年間どれくらい払っている? – 生命保険文化センター

 

このような保険商品は、顧客がじっくりと検討して加入する傾向があります。そのため、顧客は検索エンジンを通じて、保険商品の詳細な特徴や保障内容、保険料の見積もり、利用者のレビューや評価、異なる保険会社との比較情報、加入プロセスの手順、将来的なリターンなどを詳しく調べます。このような検索ニーズに応えるため、保険会社は検討期間の長いこれらの保険商品に対して、SEO対策にもっとも注力する必要があります。

 

検討期間の短い保険

旅行保険や家電製品の保険のような検討期間が短い保険商品は、一般的に検索して情報を探す顧客が少ない傾向があります。しかし、まったくニーズがないわけではありません。そのため、WEBサイトでは、商品説明や加入方法などについて簡潔に説明して、その場で即、手続きがとれるようにしておくことが肝心です。

 

SEO対策においては長いフレーズで検索することは考えにくいため、短いフレーズで対策をおこないます。例えば「旅行保険 加入」や「家電 保険」といったキーワードが考えられます。

 

2:保険業界のSEOで注意すべきこと

ここでは保険業界のSEOについて注意すべきことをお伝えします。下記の内容を踏まえて対策をとるようにしてください。

 

YMYLに該当する

保険業界のSEOで特に注意すべき点は、YMYL(Your Money or Your Life)に該当するという点です。YMYLとは、GoogleがWEBサイトの品質評価ガイドラインで用いる概念で、ユーザーのお金や生活に直接影響を与える可能性のあるコンテンツを指します。

 
YMYLに該当する
 

保険関連の情報は、人々の健康、財務、安全性などに重大な影響を及ぼすため、このカテゴリに属します。そのため、WEBサイト内での情報の正確性、専門的な知識、透明性、出典の信頼性などが特に重要視されるため、SEO対策をおこなう際にはこれらの要素を十分に考慮してください。不正確または誤解を招く情報を提供することは、検索エンジンによるペナルティのリスクを高めるだけでなく、ユーザーの信頼を損なう可能性もあります。

 

参考ページ:YMYLとは?対象ジャンルとSEO対策の方法

 

E-E-A-Tを重視する

もう1つ注意すべきこととしてはEEAT(Expertise, Experience, Authoritativeness, Trustworthiness)です。EEATとは、Googleの検索エンジンがWEBページの品質を評価する際に重視する基準で、特に保険業界のような専門的なトピックや顧客の生活に大きな影響を与える分野において重要度が増します。

 

専門性(Expertise)
コンテンツが専門家によって作成され、正確で詳細な情報を提供していること

 

経験(Experience)
コンテンツ作成者が対象分野において豊富な経験や実績を持っていること

 

権威性(Authoritativeness)
WEBサイトやコンテンツ作成者がその分野で権威と認識されていること

 

参考ページ:SEOでGoogleが重視する「権威性」とは!?YMYLとEEATについて解説

 

信頼性(Trustworthiness)
WEBページの内容や運営者が信頼できるか、WEBサイトの安全性など

 

保険業界のSEO戦略では、これらの4つの要素を強化することが不可欠です。具体的には、資格を持つ専門家によるコンテンツの作成、事実に基づいた正確な情報の提供、信頼できる情報源からの引用、ユーザーの質問や懸念に対する透明で明確な回答などが挙げられます。

 

参考ページ:E-A-Tとは?GoogleのEAT評価基準や対策方法を徹底解説

 

保険業界SEOのよくある質問

ここでは、保険業界のSEOについてよくある質問をとりあげ解説します。
 

Q:複雑な商品をどう伝えれば良い?

Answer)保険商品は一般的に複雑です。そのため、WEBページの主な課題の1つは、複雑な保険商品を一般の人でも分かりやすいように伝えることです。解決策の1つとしては、動画や図解を使用して内容を詳しく解説することです。

 

動画コンテンツは、複雑な概念やプロセスをステップバイステップで伝えることができるため、顧客の理解を助けることができます。例えば、保険の保障内容や申し込みに必要な手順などを動画で伝えれば、テキストだけの説明よりもはるかに理解しやすいはずです。

 

また、図解を利用すれば、複雑な情報を簡潔かつ視覚的に伝えることができ、顧客は重要なポイントを素早く把握することができます。このように、動画や図解を活用するだけでも、複雑な商品内容を分かりやすく表現できます。

 

Q:情報の正確性をどう維持すれば良いか?

Answer)保険商品に関連する情報は、法律や規制、市場環境の変化によって頻繁に更新されます。これに対処するためには、まずコンテンツの更新頻度を高めることが重要です。

 

定期的にコンテンツを見直し、最新の情報に基づいて修正や追加をおこなうことで、情報の鮮度と正確性を保つことができます。また、法律の専門家などと緊密に連携することも重要です。専門家は、保険業界に関連する法律、規制、基準の変更を常に把握していますし、複数の目でチェックするという点においても有用です。

 

Q:WEBサイトに入れると良いコンテンツは?

Answer)保険は多くの場合、抽象的で難解な商品です。そのため、顧客にこれを理解してもらい、関心を持ってもらうことは容易ではありません。

 

そこで、WEBサイトに入れると良いコンテンツとして、実際の「お客様の声」を掲載することです。顧客の体験談や事例は、他の潜在顧客にとって具体的でリアルな参考情報となり、商品の利点や価値を理解するのに役立ちます。

 

もう1つの重要なコンテンツは「よくある質問(FAQ)」です。保険に関する基本的な疑問に対する回答を整理することで、顧客の疑問を素早く解決できるようになります。FAQは、顧客が情報を探す手間を省き、WEBサイトのユーザビリティを向上させることに役立ちます。

 

Q:どのようなコンテンツに被リンクが集まりやすい?

Answer)保険業界のWEBサイトで被リンクを集めるには、有益で信頼性の高いコンテンツを提供することが重要です。それ以外でも、次のようなコンテンツを後悔することで、被リンク獲得に役立ちます。

 

専門家による記事
保険業界の専門家や経験豊富な著者による解説記事は、他のサイトからのリンク獲得に有効です。こういった専門家によるコンテンツは、専門的知識や深い洞察が含まれているからです。

 

研究レポートや業界分析
独自の調査や詳細な業界分析は、他のWEBサイトや専門家によって引用される可能性が高いです。

 

動画コンテンツ
説明動画やインタビューなどの動画コンテンツも、共有されやすく、リンクを集めるのに効果的です。

 

参考ページ:被リンクとは?概要や獲得するテクニックを紹介

 

Q:保険関連のキーワードで競合するのは?

Answer)保険業界のSEOにおいて主な競合としては「保険会社」、「保険代理店」、そして「アフィリエイトサイト」が挙げられます。

 

これらの異なるタイプのWEBサイトはどれも、保険に関連する情報やサービスを提供し、検索エンジンでの上位表示を目指して競争しています。そのため、保険業界におけるSEO対策では、こういった競合との差別化を図ることが重要です。具体策としては、より分かりやすく解説したり、図や動画などをふんだんに活用するなどのことが考えられます。

 

 

まとめ

SEOコンサルタント今回は、保険業界におけるSEO最新トレンドと、その具体的な対策から注意点までを詳しく解説しました。保険業界では、顧客の選択肢が増え、商品選びに慎重になっていることから、SEOの重要性が高まっています。実際に対策をとる際には顧客が求める情報を提供するために、適切なキーワード選定、高品質なコンテンツ作成、ユーザーフレンドリーなWEBサイトづくりなどの点を考慮して進めてください。また、保険業界がYMYLカテゴリーに含まれることから、コンテンツの正確性と信頼性には特に注意する必要があります。この記事が、保険業界におけるSEO戦略と実践に役立つことを願っています。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

監修者:アドマノ株式会社 代表取締役 天野剛志
マーケティングのエキスパート。Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持。大学では経営法学を専攻。オーストラリア・イタリア・フランス・タイ・カンボジアなど世界各国を旅した後、イギリスで1年半生活し語学力と国際的視野を磨く。日本帰国後は広告代理店で営業を12年経験。SEOは草創期から独学で研究し、100以上のサイトで検証しつつノウハウを蓄積。2012年にSEO専門会社のアドマノを設立。
facebookで共有 Xで共有 LINEで共有

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策