Googleマイビジネスは強力な集客ツール!メリットや登録方法など

Googleマイビジネス「Googleマイビジネスって聞いたことがあるけど、なんだろう?」と疑問に感じている方もいるでしょう。Googleマイビジネスは、Web集客を伸ばしたい方にとって強力な集客ツールです。

 

SEOコンサルタントこの記事では、Googleマイビジネスの概要やメリット・デメリット、活用ポイントなどを紹介します。

 

目次

Googleマイビジネスとは

 

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなどに、店舗や企業の情報を掲載できるツールです。

たとえば、パソコンで弊社の「東京SEOメーカー」を検索すると、検索結果には次のように表示されます。

ナレッジパネル

▲パソコンで検索すると、右上に企業情報が大きく表示される(ナレッジパネル)

 

上の画像のような、企業や店舗情報が掲載されているのが「Googleマイビジネス」です。Googleマイビジネスに登録することで、所在地や営業時間など編集できるようになります。

 

ちなみに、Googleマイビジネスを利用すると、専門用語を目にする機会が増えると思います。そこで、Googleマイビジネスに関わる専門用語について、次のとおりまとめました。

 

<Googleマイビジネスに関する専門用語>

 

専門用語意味
MEO「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略称。Googleマイビジネスを管理・運営し、Googleマップ上の検索結果が上位表示されるように対策すること。
ローカル検索Googleで地域に関わる検索(「渋谷+飲食店」など)をしたときに、最適なマップ上の検索結果が表示されること(下の画像を参照)
ローカルパックGoogleで地域に関わる検索をしたときに、一番上に表示されるGoogleマイビジネスの情報(下の画像を参照)
ナレッジパネルGoogleで会社名や店舗名で検索した時に、上位に表示されるGoogleマイビジネスの情報(上の画像を参照)。スマホは最も上、パソコンは右上に表示される。

 

 

<ローカル検索の結果>

 

ローカルパック

▲「渋谷 飲食店」で検索すると、渋谷の飲食店のマップや、上位3店舗の情報が最も上に表示される

 

Googleマイビジネスの料金は無料(一部有料)

 

Googleマイビジネスは、基本無料で利用できます。一部有料の機能はありますが、正直なところ使う必要はないでしょう。

 

<Googleマイビジネス 無料と有料の機能の違い>

 

費用機能
無料店舗情報(会社名や所在地など)を登録・変更する
営業時間を登録・変更する
口コミに返信する
画像を掲載する
商品やイベント情報を投稿する
有料360°写真を掲載する
Google検索やGoogleマップ上で、Googleマイビジネスの情報を広告で表示する(アドワーズエクスプレス)

 

このように、無料の機能の範囲で、店舗に関わる基本情報を網羅できます。有料の機能は、必要性を感じた時にあらためて使うようにしましょう。

Googleマイビジネスのメリット

 

Googleマイビジネスを利用するメリットについて、3つ紹介します。

 

強力な集客ツールになる

 

Googleマイビジネスは、飲食店や美容院などのローカル店舗にとって、非常に強力な集客ツールとなります。なぜなら、Googleマイビジネスの情報は、検索結果の最も上に表示されるからです。

 

たとえば「渋谷 飲食店」と検索すると、次のような検索結果が表示されます。

「渋谷 飲食店」検索

特に、ローカル検索で上位3店舗に表示されれば、大きな集客を見込めます。なぜなら、インターネットで検索するユーザーは一番上から閲覧するので、その分露出も増えるからです。

 

強力な宣伝効果がある集客ツールを無料で利用できるのは、Googleマイビジネスの最も魅力的な部分といえます。

 

新規顧客を獲得しやすくなる

 

Googleマイビジネスを運営するメリットとして、新規顧客を獲得しやすくなる点があります。なぜなら、新規顧客は初めて来店する店舗にさまざまな不安を感じており、その心配を解消できるのがGoogleマイビジネスだからです。

 

たとえば、初来店の飲食店を探しているユーザーは、「この店は本当においしいのか?」「今日行きたいお店は閉まっていないだろうか?」というような不安を抱えています。これは、店舗の口コミや営業時間などの情報を知らない「情報不足」から起こる不安です。

 

Googleマイビジネスには、外観・内観やメニューの写真、営業時間、イベント情報などを掲載できます。このように、Googleマイビジネスの情報を充実させることで、新しいお客さまからの信頼を獲得しやすくなり、来店へとつながるのです。

 

お客様が一目で店舗情報を知れる

 

Googleマイビジネスの情報は、最も上に表示されます。そのためユーザーは、わざわざ公式サイトを閲覧しなくても、営業時間や場所などの情報をGoogleマイビジネスから一目で確認できます。

 

たとえば、パソコンで「東京スカイツリー」と検索しましょう。この時、右上のGoogleマイビジネスから、営業時間や電話番号などの情報をすぐに手に入れられます。

 

東京スカイツリー検索

「わざわざほかのサイトを確認しなくてもいい」というのは、お客様の来店の壁を1つ取り壊せることになります。このように、パッと店舗の情報を伝えられるのは、Googleマイビジネスならではの魅力です。

 

Googleマイビジネスのデメリット

 

続いて、Googleマイビジネスのデメリットについて3つ紹介します。

 

口コミ評価が悪いと来店数が減る

 

Googleマイビジネスの一番のデメリットと言ってもいいのが、「口コミに来店数が左右される点」です。新規顧客にとっても、口コミ評価の悪い店舗は避けてしまいがち。

Googleマイビジネスの口コミ

Googleマイビジネスの口コミは、星5つで評価されます。特に、星3つを切る店舗は、新規顧客の来店に影響を及ぼしている可能性が高いでしょう。

 

そのため、口コミの評価を上げるには、根本的に商品力や接客内容を見直すことが必要です。

 

管理する手間が増える

 

Googleマイビジネスを使って集客を伸ばすには、常に管理する手間がかかります。特に、多忙な経営者にとっては、Googleマイビジネスを管理するのは煩わしいでしょう。

 

具体的には、口コミの返信やイベント情報の投稿、営業時間の登録・変更などをする必要があります。情報の更新が遅れると「営業時間中に店舗に来たのに、お店が開いていない」というような、お客様からの信頼を失うことにもなりかねません。

Googleマイビジネスの管理画面

▲Googleマイビジネスの管理画面。入力項目がたくさんあり、すべて管理するのは大変。

 

Googleマイビジネスの管理まで手が回らない場合、運営を業者に委託する方法もあります。Googleマイビジネスの運営はMEO対策にもなり、また、比較的低コストで委託できます。

 

完全に情報をコントロールできない

 

Googleマイビジネスの欠点として、完全に情報をコントロールできない点があります。

 

たとえば、投稿された口コミを削除したい場合、Googleに「不適切な口コミ」として報告し、承認されれば削除されます。ただし、削除できるのは「Googleのポリシーに違反している口コミ」だけで、「内容に不満がある」というような理由では削除できません。

 

また口コミと同様、ユーザー側が設定した画像も、Googleが承認しなければ消せません。

 

このように、口コミや画像に不満があっても、自由に削除できないのがGoogleマイビジネスの難点です。もはやどうしようもないので、「このような仕様」と割り切るしかありません。

Googleマイビジネスの登録方法(2パターン)

 

Googleマイビジネスの登録方法は、次の2パターンに分類されます。

 

  1. Googleマップ上に自店舗がない場合
  2. Googleマップ上ですでに自店舗がある場合

そこで、Googleマイビジネスに登録する前に、まずはGoogleマップで自店舗を検索して、存在するかどうか確認しておきましょう。また、Googleアカウントをもっていない場合は、前もって作成しましょう。

 

Googleマップ上に自店舗がない場合

 

Googleマップ上に自店舗がない場合、新たに自分で追加します。

 

1.Googleアカウントにログインし、Googleマイビジネスから「今すぐ開始」を選ぶ
googleマイビジネスアカウント

 

 

2.会社名や店舗名を入力し、候補から「この名前のビジネスを作成します」を選ぶ
google-ビジネスを作成

▲すでに自店舗がある場合、後の手順「2.Googleマップ上ですでに自店舗がある場合」を参照

 

3.「ビジネスカテゴリ」に業種を入力する
ビジネスプロフィール

 

 

4.所在地を追加する場合、「店舗やオフィスなど、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか?」で「はい」を選び、次へ進む
所在地を追加

 

5.(4で「はい」を選んだ場合)住所を入力し、次へ進む
住所入力

 

6.デリバリーサービスを提供している場合、「商品配達や出張型サービスを提供していますか?」に「はい」で答え、次へ進む(今回は「いいえ」で進めます)
デリバリーサービス

 

7.電話番号と公式サイトのURLを入力する
電話番号と公式サイトのURLを入力

▲公式サイトがない場合、「ウェブサイトは不要です」にチェックすれば問題ない

 

8.電話番号もしくは郵送でオーナー確認を取れば、Googleマイビジネスへの登録が完了

登録完了

▲電話番号でオーナー確認するほうが早い。無理な場合は、登録先の住所に郵送で送られてくる「確認コード」を入力すれば、オーナー確認は完了する。

 

Googleマップ上ですでに自店舗がある場合

 

Googleマップ上ですでに自店舗がある場合、基本オーナー確認のみの作業となります。

 

1. Googleアカウントにログインし、Googleマイビジネスから「今すぐ開始」を選ぶ
googleアカウント

 

 

2.自店舗を入力し、候補から選ぶ
自店舗

▲「世田谷公園」を例に。Googleマップ上に表示されるが、オーナー確認はされていない。

 

 

3.「管理を開始」を選ぶ

管理を開始

 

 

4.電話番号または郵送でオーナー確認を取れば、Googleマイビジネスへの登録が完了

登録完了

 

 

Googleマイビジネスで特に力を入れたい3つの入力項目

 

Googleマイビジネスを集客に活かすうえで、特に力を入れたい項目について3つ紹介します。

 

1. 画像

 

Googleマイビジネスの画像は、お客様の店舗に対する第一印象を決める大切な要素です。特に、初めて来店するお客様は「このお店を選んでも大丈夫だろうか?」という不安をもっており、それを解消するのが画像なのです。

Googleマイビジネスの画像

オーナーは、お客様の不安を解消できる画像を掲載することが求められます。具体的には、次のような画像を掲載しましょう。

 

<Googleマイビジネスに掲載すると良い画像>

 

  • 店舗の外観・内観
  • 店舗のロゴ
  • 商品
  • 従業員の画像(本人に必ず許可を取りましょう)

これらの画像を掲載していると、お客様はサービス内容をある程度把握できるようになります。画像にこだわる場合は、プロの撮影者に依頼するのもおすすめです。

 

2. 口コミ

 

投稿された口コミを削除するのは難しいですが、返信はできます。口コミへこまめに返信している店舗は、お客様に誠実な印象を与えます。

 

特に口コミ評価が悪いときは、商品・サービス内容を見直すとともに、すべての口コミに返信するのが望ましいでしょう。マイナス評価をそのまま放置しても、良いことは何もありません。

 

また、毎回返信内容は変えるようにしましょう。たまにテンプレのような返信を見かけますが、不誠実な対応はお客様に伝わります。さらに事態を悪化させるだけなので、口コミの内容に応じた文章で返信しましょう。

 

3. 営業時間

 

営業時間の管理も非常に大切です。特にコロナ禍では、営業時間がよく変わるので、お客様が最も気にしている項目の1つでもあります。

営業時間

▲Googleマイビジネスの営業時間管理画面

 

Googleマイビジネスの営業時間は、管理画面から編集できます。

 

<Googleマイビジネスの営業時間を入力する手順>

 

  1. Googleマイビジネスにログインする
  2. 左のメニューから「情報」を選ぶ
  3. 営業時間のアイコンを選び、編集する

営業時間を変更するときは、遅滞なく情報を反映させるようにしましょう。

 

Googleマイビジネスに関するQ&A

 

Googleマイビジネスに関してよくある疑問に答えます。

 

投稿された口コミを削除するには?

 

投稿された口コミを削除するには、Googleに「不適切な口コミ」として報告し、承認してもらう手順が必要です。

 

<Googleマイビジネスの口コミを削除する方法(パソコン)>

 

  1. Googleマイビジネスにログインする
  2. 左のメニューから「クチコミ」を選ぶ
  3. 該当するクチコミの旗アイコンを選び、違反の種類を選択して報告する

ただし、削除できる口コミは、Googleのポリシーに違反しているものだけです。「この内容は不満だから消したい」という理由だけでは消せません。

 

<Googleのポリシーに違反する口コミ>

 

  • 関連性のないコンテンツ
  • スパムと虚偽のコンテンツ
  • 危険なコンテンツおよび中傷的なコンテンツ など

Googleのポリシーはこちらから確認できます。ポリシーに違反する口コミを確認した場合、必要に応じてGoogleへ削除を依頼しましょう。必ずしも削除されるとは限らず、Google次第というのが難点です。

 

Googleマイビジネスが勝手に登録されているのはなぜ?

 

Googleマイビジネスの情報が勝手に登録されるのは、Googleユーザーであれば誰でも店舗や施設などを登録できるからです。勝手に登録されて問題になるのは、間違った営業時間や所在地が記載されているケース。お客様が、間違った情報を得る原因にもなります。

 

この場合、該当するGoogleマイビジネスに「オーナー申請」をするのがおすすめです。第三者に勝手に記載されるぐらいなら、あなたが管理してしまいましょう。

このビジネスのオーナーですか?

▲「世田谷公園」の例

 

上の画像のように、Googleマイビジネスに「このビジネスのオーナーですか?」と記載されていれば、オーナー申請が可能です。先ほど説明した「2.Googleマップ上ですでに自店舗がある場合」に沿って、Googleマイビジネスへの登録を進めましょう。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】Googleマイビジネスは強力な集客ツールです。特に、地域に関わる検索で上位に表示されれば、新規顧客の集客を期待できます。また、Googleマイビジネスは無料で利用できます。そのため、店舗を経営している方にとって登録して損はないでしょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。