東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2020年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ECサイトSEO

ECサイトSEO

商品ジャンルにもよりますがECサイト(ネットショップ)は競合が多くSEOの競争が激しいジャンルです。しかし、マーケティングをしっかりやりユーザーニーズを捉え、商品販売ページ以外のページも拡充することで対策することは可能です。

 

競合他社がひしめく中で上位表示を取るためにはオリジナルな記事の量産とトレンドの把握は必須ですが、大前提としてはきちんとしたサイト設計が必要です。

 

ECサイトには楽天市場やYahoo!ショッピングなどを利用したモール型と自社サイト型がありますが、ここでは自社サイト型のSEO対策について解説いたします。

ECサイトのSEO対策

ECサイトによって多くのジャンルの商品を扱うか、1つのジャンルしか扱わないかの差異はありますが、どちらの場合であってもできるだけ細かくカテゴリを分けて対策する必要があります。

また、ブランドや商品のシリーズがある場合にはクロスカテゴリ(1つのカテゴリに留まらず、複数のカテゴリにまたがるという意味)を考えなければなりません。

さらに季節やトレンドを意識した特集ページの作成や商品の使い方や選び方などのHow To記事を入れることで他社との差別化ができたり、記事からの流入後に購入に至ったりするなどのメリットがあります。

このようにECサイトのSEO対策では大きく次の4つがあります。

  • カテゴリを細かく分ける
  • クロスカテゴリを意識する
  • トレンドを追いかける
  • 商品のHow Toに答える

カテゴリを細かく分ける

ECサイトでは必ずメインの対策になるのが商品そのもののキーワードです。ECサイトは競争が激しく、単に商品の概要や値段を載せただけでは検索上位を取ることは難しく、カテゴリを細かくわけて対策する必要があります。

例えば、バッグを専門に扱う場合には男性用なのか、女性用なのかで大きなカテゴリができますし、バッグの種類によってもビジネスバッグ、ボストンバッグ、トートバッグ、ハンドバッグのようなカテゴリにわけることができます。

このように細かくカテゴリ分けしてページを作成することで自然とSEO対策ができます。さらに商品ごとの比較ページやランキングページを作成することで検索エンジンに評価されやすくなります。商品はカテゴリごとに商品一覧ページを作ります。

クロスカテゴリを意識する

商品にはメーカーやシリーズなどがあるため、指名検索で上位表示ができるようになるとそのまま購入に繋がりやすいです。また、「ブランド名×アイテム」の掛け合わせワードによるクロスカテゴリは必ず意識してサイト設計をしましょう。

例えば、パソコンのネットショップの場合、メーカーではSONY、Microsoft、富士通、NECなどがありますし、シリーズではVAIO、Surface、FMV、LAVIEのようになります。しかし、これらの単ワードでは非常に対策が難しいため「ソニー パソコン」のようにアイテムを掛け合わせたクロスカテゴリのページを作るようにしましょう。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

トレンドを追いかける

ECサイトでは商品ページ以外にも特集記事を作ることが必須です。特に特集ページから商品ページに流れ、購入に至るというケースも非常に多いため常に最新のページを維持する必要があります。中でもトレンドワードや季節ワードは一過性ではあるものの非常に高い効果が望めます。

トレンドは雑誌やテレビなどでの流行はもちろん、ゲームやアニメなどが発端となって市場が動くこともあります。

クリスマスやバレンタインなどではプレゼント系の需要が高まりますし、ファッションでは秋服・冬服などが毎年トレンドになります。2020年では新型コロナウィルスが流行したためマスクや消毒液の売上が大きく伸びたということもあります。ネットショッピングではありませんが、ゲーム「あつまれ動物の森」が流行ったことが起因して株式投資を始めるようになったという人も多くいます。

このように、一見自社と関連がない、商品と関連がないようなことであってもビジネスチャンスが生まれることがありますのでトレンドは必ず押さえておきましょう。

商品のHow Toに答える

商品が欲しいと思っていても選び方が分からない、使い方が分からないというケースはよくあります。扱っている商品と同じ分野でハウツー記事を作成して商品への流入を促すことで検索上位が狙え、売上につなげることができます。

浴衣や着物などであれば「着こなし方」、ネクタイであれば「おしゃれな結び方」、マフラーであれば「巻き方」などがありますし、スキー板や釣り竿などであれば「使い方」など商品に関するページを量産し特集ページに入れるようにしましょう。

 

特にハウツー記事は流入が少なくともページとして存在することによってカテゴリそのものの検索順位が飛躍的に上昇する可能性が高く、可能な限り関連ワードを意識してページを量産することをおすすめいたします。

 

実際にあった例ですが、ECサイトで流入が極端に少ないハウツーページを削除したところ、検索順位が一気に下落してしまったということがあります。これは検索エンジンは流入数ではなくサイト全体での関連性を評価基準に入れているということを意味します。

スモールワードだから上位表示されても売上につながりづらい、流入がほとんどないページなので作成コストが無駄、と考えるのではなく、サイト全体で最適化するためには必要だと考えましょう。

オリジナルブランドが伸びると強い

ここまでは他社の商品を扱う場合のことを述べましたが、もし自社でオリジナルブランドを作れるようであれば積極的にサイトで後押ししましょう。

独自な名称で商品を売り出し、対策をすることで後々には商品名で検索されることが想定されます。オリジナルブランドなので検索上位を取ることは非常に難易度が低く、一度上位を取ると下がりにくいため、流入数を確保しやすくおすすめです。

また、オリジナルブランドの商品が売れるようになるとまとめサイトや比較サイトにも商品名が出ることになり、そのページからの流入やサイテーションの確保ができることからもサイトの評価を高めることができます。

ECサイトの被リンクの集め方

オリジナルブランドがあるのであれば自社しか扱っていない商品であるため、流行れば被リンクを集めることは比較的容易です。しかし、その他多くの商品では自社サイトへのリンクを確保することは非常に難しいです。

SEOで検索上位を取ることを考えれば他サイトからの被リンクは非常に重要であり、ECサイトの対策の難しさを考えれば被リンク無しで上位表示はほとんどできません。

しかし、特集ページでしっかりとコンテンツを作成することでブログ、メディア、SNSなどでの被リンクや拡散が期待できます。

昨今のGoogleでは特に自社の内部対策だけでは上位表示が難しくなってきているため、サイト内の記事作成は前提として、その記事にどのようにリンクを貰うかが上位表示への課題です。

 

ECサイトSEO<サイト内おすすめ記事>ECサイト運営の前に・・・成功の秘訣
https://www.switchitmaker2.com/consultation/consultation-4585/
ECサイト(ネットショップ)の利用者は近年大幅に増加しました。実店舗とECサイトの立ち位置や特徴を比較しながら、成功の秘訣をご紹介しているページです。

 

 

 

SEO対策のお申込みボタン

>>格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン