SEO対策の東京SEOメーカー

ペット業界のSEO対策!最新トレンドを踏まえた具体策や注意点など解説

ペット業界のSEO対策!最新トレンドを踏まえた具体策や注意点など解説近年、犬猫の飼育頭数こそ減少傾向ですが、ペット関連市場規模は数少ない成長市場ともいわれています。実際、ペットは「愛玩動物」という楽しみの対象として飼育されるのではなく、現代ではペットを家族の一員だと見なすことが多くなっています。

 

こういったペットの位置づけが変わることで、従来とは顧客のニーズが大きく変化しました。例えば、ペットフードにおいては、肉や野菜などを使用したヒューマングレードの商品も数多く発売され始め、デンタルケアや高齢化に伴う療法食などにも注目が集まっています。(『ペット関連商品の国内市場を調査』- 株式会社富士経済

 

SEOコンサルタントそこで今回は、ペット業界の最新動向を踏まえ、今後どうSEO対策をとるべきなのかを詳しく解説します。

 

無料競合調査

ペット業界におけるSEOの重要性

そもそもなぜペット業界において今、SEO対策が重要になっているのか。その理由について詳しく解説します。

 

業界拡大

業界全体の伸びしろが大きいため、この成長期に積極的にオンライン集客を強化してください。実際、矢野経済研究所の報告によると、2021年度の市場規模は1兆7542億円に達し、4年前と比べて113%増加しています。2024年にはさらに成長して1兆8370億円に達すると予想されています。

 

業界拡大

 

このような成長期には自社の市場占有率を高めることが肝心です。そして、集客の中心はオンラインに移行してきているため、今のタイミングで積極的なSEO対策をおこない、自社のブランド力向上と来店促進の頻度を高めてください。

 

参考ページ:ペットビジネスに関する調査 – 矢野経済研究所

 

競合他社の増加

昨今のペット関連市場は、大型店やホームセンターが積極的に参入し、競争が激しさを増しています。このような状況は特に中小規模ペットショップにとって厳しくなってとおり、地域によっては中小規模の店舗数が減少傾向にあります。

 

この激しい競争環境の中で、自店の優位性を確保するためには、SEO対策を含むWEBマーケティングの強化が鍵を握っています。適切なSEO対策をおこない検索エンジンでの認知度を高め、来店を促してください。後述するローカルSEOに取り組めば、地元での競争優位性を築くことが可能です。

 

インターネット情報を参考にしている

ペットを購入する際やペットフードなどの関連商品を選ぶ際に、多くの顧客がインターネット情報を頼りにしているため、SEO対策の重要性は年々高まっています。一般社団法人ペットフード協会が実施した調査によると、犬を入手する際には29.6%、猫を入手する際には36.6%の人がインターネット情報を参考にしています。

 

インターネット情報を参考にしている

 

また、ペットメディカルサポート株式会社の調べでは、ペットフードを選ぶ際にも30%の人がインターネットメディアを情報源としていることが明らかになっています。

 

このように、生体の購入をおこなう際にも、ペットフードなどの関連商品を選択する際にも、インターネットの利用が一般的になっており、サービスを提供する企業にとってSEO対策は欠かせない施策といえます。

 

参加ページ: ペット飼育経験と情報源・入手先 – 日本ペットフード協会

 

ペット業界のSEO最新トレンド

ペット業界の中心は生体販売から、徐々に「ペットフード」「ペット用品」「生体向けサービス」の3つに変化しつつあります。こういったトレンドを掴み、SEO対策をおこなう必要があります。そこでここでは、ペット業界の最新動向を踏まえ、今後注目のキーワードを中心に解説します。

 

ペット市場 詳細
生体販売 犬・猫の販売、は虫類、鳥類などの販売
ペットフード 犬や猫などのペットのための食品。ドッグフード、キャットフード、スナック、特別な栄養ニーズに対応したフード
ペット用品 ペットの飼育に必要なさまざまな商品。フードボウル、ウォーターボトル、自動給餌器
生体向けサービス ペット自身の健康や生活を向上させるためのサービスなど。トレーニングサービス、介護・リハビリサービス

 

猫関連

ペット業界では、猫ブームが継続しています。一般社団法人ペットフード協会の2022年度調査によると、猫の飼育頭数は883万頭に達しており、犬に比べて猫の飼育数は微増から横ばいで推移しています。猫の飼育は、高齢者や留守がちな人々にも適していることなどが人気の一因です。

 

猫関連

 

こういった背景を踏まえ今後は、猫関連製品やサービス名を中心にSEO対策を進めてください。具体的なキーワードとしては、「地域名+猫用品」「猫+フード」「猫+飼い方」「室内猫+健康管理」などが考えられます。今後も継続すると考えられる猫ブームを踏まえ、関連キーワードでSEO対策をすることで、効率的な集客につなげることができます。

 

参考ページ:2022年(令和4年)全国犬猫飼育実態調査 結果 – 日本ペットフード協会

 

高齢・ヘルスケア

近年のペット業界では高齢化が大きなトレンドの1つです。ペットフード協会の『全国犬猫飼育実態調査』によると、犬の平均寿命は14.65歳、猫の平均寿命は15.66歳で、2010年以降、犬猫ともに寿命が延びています。このように高齢化が進む理由としては、飼育の質向上や栄養価の高いプレミアムペットフードの存在などが挙げられます。

 

このようなペットの高齢化に伴い、SEO対策もそれに対応したキーワードでおこなう必要があります。具体的には「犬+健康」「老犬/猫+エイジングケア」「老犬/猫+マッサージ」「老犬/猫猫+介助」といったキーワードに注目し、それらに応じたコンテンツを用意してください。

 

ペットテック

ペットテック(PetTech)は、ペットの飼育やケアを改善、サポートするために開発された技術や製品のことです。どれも、ペットと飼い主の生活の質を向上させることを目的としています。

 

Global Market Insightsの2019年のレポートによると、ペットテック(PetTech)分野は2022年の市場規模が50億米ドルに達し、2023年から2032年にかけて年平均成長率が15%を超えると予測されており今後、著しい成長が見込まれています。

 

ペットテックの具体的なものとしては、ペットをモニタリングするペットカメラ やフィットネストラッカー、獣医とのオンライン相談、自動餌やり装置などが該当します。

 

一般的なペットショップで取り扱うことが可能なペットテック商品も数多くあるため、今からペットテック関連のキーワードに対してSEO対策をおこなってください。具体的なキーワードとしては、「ペット+監視」「ペット+健康管理」「自動+餌やり」「オンライン+ペットケア」などが挙げられます。こういったキーワードに対して、ペットテックの使い方や便利さをアピールするような初心者向けの記事を公開するようにしてください。

 

参考ページ:Pet Tech Market Report – Global Market Insights

 

ペット保険

保険市場はペット業界の中でも急速に人気が高まっています。実際、2022年度には保険料収入が1,000億円超となり顕著な成長を遂げています。

 

ペット保険

 

この背景を踏まえ、ペット保険関連のキーワードに対するSEO対策を強化してください。具体的には「ペット+保険」「犬+保険」などのキーワードを用いて、コンテンツ記事を作成します。また、保険会社の代理店に入ることで、収益増加にも直結します。

 

参考ページ:ペット保険市場 1000億円 – 日本経済新聞

 

海外SEO

中国政府が2016年4月に越境EC(電子商取引)を通じたペットフードの販売を解禁しました。この政策変更に伴い、日本製ペットフードを中国市場で販売することが可能になったのです。中国は、米国に次ぐ世界第2位のペットフード市場です。しかも、安全で信頼性の高い日本産ペット用健康食品への需要は非常に高く、これまでも多くの中国人が日本製ペットフードを爆買いしていました。

 

ペットフードの市場規模
日本 約4000億円
中国 約1兆5,454億500万円(114億9,000万米ドル)

 

参考ページ:中国のペットフード市場規模と市場規模シェア分析成 – MordorIntelligence

 

そのため、越境ECを通じてペットフード販売を開始することで、新しい市場の開拓につながります。そして、越境ECを成功させるためには、海外向けのSEO対策に注力する必要があります。やや敷居が高く感じるかもしれませんが、越境ECに強いコンサルタントに依頼することで、中国を含む世界のペットフード市場でビジネスチャンスを広げることが可能です。

 

参考ページ:海外SEOとは?取り組む手順やアクセスアップの方法など解説

 

ペット業界のSEO対策

ここでは、ペット業界のSEO対策についてお伝えします。下記の基本事項を踏まえて対応してください。

 

ローカルSEO

楽天インサイト株式会社の『ペットに関する調査』によると、ペットショップで犬を購入する人の割合は54.0%に達しています。また、猫の場合でも12.4%の人がペットショップで購入しています。

 

ローカルSEO

 

これらのデータから、自社のペットショップで生体を扱う場合、ローカルSEOに力を入れる必要があります。ローカルSEOとは、地元の顧客がペットショップを探すときに、自社のお店が検索結果の上位に表示されるように対策をおこなうことです。具体的なキーワードとしては「地域名 + ペットショップ」「地域名 + 犬の販売」「地域名 + 猫の販売」などが挙げられます。これらのキーワードをWEBサイトやオンラインコンテンツに適切に組み込むことで、販売促進につながります。

 

参考ページ:ペットに関する調査 – 楽天インサイト株式会社

 

指名検索

指名検索でのSEO対策は、ペットショップにとって重要です。指名検索とは、顧客がお店の名前で検索した際、その店舗のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されるようにすることです。指名検索してくる顧客は通常、来店する強い動機を持っています。そのため、集客や販売につながりやすいため、検索数が少なくても力を注ぎたいキーワードです。基本的な対策としてはWEBサイトのタイトルタグ、メタディスクリプション、コンテンツ内で、適度に店舗名を使用するなどの方法があります。

 

YouTubeやInstagramの活用

ペット業界のSEO対策には、WEBサイトだけでなくYouTubeやInstagramを活用してください。元々、これらのプラットフォームにはペット関連のコンテンツが豊富にあります。つまり、多数の潜在的顧客がすでに存在するため、自社でもこれを活用することが肝心です。

 

YouTubeやInstagramを活用することで直接的なSEO効果はえられないものの、これらのプラットフォームからアクセスが増加することで、間接的に検索エンジンからの評価が高まります。

 

ペット業界のSEOで注意すべきこと

ここでは、ペット業界のSEO対策を進める際の注意点についてお伝えします。次の点を守って対策を進めてください。

 

地図情報の充実

来店型の店舗を運営する際は、WEBサイトで地図情報を充実させてください。実店舗に直接来店してもらうことが売上に直結するため、顧客に店舗の位置情報を適切に伝える必要があります。

 

地図情報を充実させることで、顧客は店舗までの道順を把握でき、結果として来店につながります。掲載すべき情報としては、下記の通りです。

 

  • 店舗へのアクセス方法
  • 駐車場の有無
  • 近隣の交通情報

 

また、このように地図情報を充実させることは、ローカル検索結果におけるランキング向上にも役立ちます。

 

表示スピードの改善

WEBサイトの表示スピードを最適化することは非常に重要です。業界の特性上、多くの画像をWEBサイトに使用することになりますが、これらの画像ファイルを軽量化することで、ページの読み込み速度を向上させることができます。表示スピードを改善しても、検索エンジンからの評価が直接高まるわけではありませんが、ユーザー体験が向上することによって間接的に評価されやすくなります。

 

参考ページ:サイトの表示スピードが遅い理由と改善方法

 

ペット業界SEOのよくある質問

 

Q: SEO対策を外注することは可能?

Answer)ペット業界で、SEO対策を外注することは可能です。専門的な知識を持つSEOコンサルティングができるSEOコンサルタントやSEO対策会社は、ペット業界特有のニーズや顧客の検索行動を熟知しているため、より短期間で成果を上げることができます。自社でSEO対策をしようと思えば、キーワードリサーチ、コンテンツ最適化、テクニカルSEO、ローカルSEO戦略など、多岐にわたり対応しなければいけません。しかし、外注すればこれらのことを一括で依頼することも可能です。

 

参考ページ:[2023年最新版]SEO会社を目的別でご紹介!選び方のポイントや注意点も解説

 

Q:ペット業界の参考になる異業種は?

Answer)地域密着型ということであれば、塾・予備校・教育関連業界などが参考になります。両方を読んでおくと参考になります。

 

参考ページ:塾・予備校・教育関連業界のSEO対策!最新トレンドやキーワードなど解説

 

Q:越境ECに取り組むには何をすれば良い?

Answer)ペット業界が越境ECに取り組む際には、まず対象市場の調査を行い、法規制などを確認することが重要です。次に、国際配送業者と提携し、物流と配送の計画を立てます。その他、多言語対応のWEBサイトを用意し、現地の支払い方法と通貨に対応させるなどのことが必要です。

 

参考ページ:越境ECとは?市場規模、メリット、デメリット、始め方までを解説

 

Q:楽天に出店するメリットは?

Answer)楽天に出店する最大のメリットはなんといっても、その集客力です。楽天市場は日本で非常に有名なオンラインショッピングモールであり、多くの顧客が日常的に利用しています。地方のペットショップでも、楽天ブランドで商品を販売することができるため、売上向上を期待できます。

 

参考ページ:楽天市場でECサイトを出店する魅力とは?参考になる店舗や出店手順など解説

 

 

まとめ

SEOコンサルタント今回は、ペット業界の最新動向に基づき、効果的なSEO対策や注意点などをご紹介しました。ペット業界は今後、生体販売から関連商品やサービスの提供へとシフトしていくと予想されます。そのため、自社が力を入れるべき分野を明確にし、SEO対策もそれに応じて計画的に実施していくことが重要です。このような業界の変革期においては、企業の規模よりも、いかに迅速に行動できるかが成功の鍵となります。特定の分野に特化し、その分野で検索上位を実現すれば、売上を大きく伸ばすことが可能です。今回の記事を参考に、ぜひ積極的に取り組んでください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

監修者:アドマノ株式会社 代表取締役 天野剛志
マーケティングのエキスパート。Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持。大学では経営法学を専攻。オーストラリア・イタリア・フランス・タイ・カンボジアなど世界各国を旅した後、イギリスで1年半生活し語学力と国際的視野を磨く。日本帰国後は広告代理店で営業を12年経験。SEOは草創期から独学で研究し、100以上のサイトで検証しつつノウハウを蓄積。2012年にSEO専門会社のアドマノを設立。
facebookで共有 Xで共有 LINEで共有

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策