サイトの運営方法とは?必要なスキルや費用も合わせて完全解説

サイトの運営方法とは?

Webサイトの活用を考えたとき「サイトをどのように運営していくのかわからない」などと悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

海外SEOコンサルタントそこで本記事ではサイトの運営方法について、具体的な手順から必要な費用を詳しく解説していきます。

 

サイト運営とは

 

サイト運営とはWebサイトを公開した後に、正常に稼働する状態を維持するためや、より多くのアクセス数を獲得するためにサイトを管理する仕事になります。

 

多くの更新を必要とするECサイトやニュースサイトだけでなく、一般的なコーポレートサイトにおいてもサイト運営は欠かせない要素といえるでしょう。

 

サイト運営で行うことは、以下のとおりです。

 

  • サイトの現状分析
  • サイトの効果検証
  • サイト内の改善
  • 新しいコンテンツの制作
  • 検索エンジンに向けた最適化(SEO)

細かい作業を挙げれば、膨大な項目があります。そのため大規模なWebサイトであれば、サイト運営は複数人で分担し効率良く行っていきましょう。

 

サイト運営の方法

 

サイト運営は取り組む事柄が多いため、事前にやるべき内容を定め計画的に実行しましょう。

具体的には、以下の手順で行います。

 

 

  • サイト運営の目的を決める
  • ユーザーのニーズを分析する
  • 効果検証を行う
  • 改善点を強化する

 

各々、解説していきます。

サイト運営の目的を決める

 

サイト運営において最も重要なことが、サイト運営の目的をしっかりと決めることです。

 

ECサイトであれば「この商品ページのアクセス数を増やして、商品の売上を高める」など。コーポレートサイトであれば「サイト全体のアクセス数を増やして、問い合わにつなげる」などがサイト運営の目的になります。

 

仮に目的が決まっていなければ、現状の問題点や新たな改善点を見つけられません。

 

これから紹介していく手順を行ったとしても中途半端になってしまうため、サイト運営の目的は最初に決めておきましょう。

 

ユーザーのニーズを分析する

 

多くのWebサイトがサイト内を充実させる方法として、定期的に新しいコンテンツを制作し公開するでしょう。

 

しかしコンテンツ制作の前段階として、かならずユーザーのニーズ分析は行わなければいけません。

なぜなら質の高いコンテンツを制作するためには、ユーザーにニーズに対してピンポイントで役立つ必要があるからです。もしもユーザーのニーズに当てはまらないコンテンツの場合は、多くのアクセスを集めることができないでしょう。

 

そのためしっかりとニーズを分析し、価値のあるコンテンツ内容を考えることが重要です。

 

コンテンツを制作する

 

ユーザーのニーズ分析後は、実際にコンテンツを制作していきます。

 

コンテンツの制作ではユーザーのニーズをくみ取る以外にも、以下のポイントを押さえましょう。

  • 検索上位に表示可能なキーワード選び
  • 競合サイトに負けないコンテンツの質

コンテンツの質は最も重要視すべきポイントになるため、対策キーワードにおける競合サイトの分析が欠かせません。

最低でも対策キーワードの上位10サイトを分析し、どのサイトにも負けない質であることを確認してからコンテンツを公開しましょう。

 

効果検証を行う

 

コンテンツの公開後は、目標に対する効果検証を行いましょう。

 

効果検証で確認すべき項目例は以下のとおりです。

  • アクセス数(サイト全体・ページごと)
  • ページの滞在時間や離脱率
  • コンバージョン数・率

Webサイトの運営目的によって確認項目は違うため、自サイトに必要な要素を確認しましょう。

また単月のみで確認するのではなく、数ヶ月間や半年間など長期的な推移も踏まえて効果検証すると、よりサイトの問題点が明確化できます。

 

改善点を強化する

 

Webサイトの分析後は、問題点に対する改善案を考え実行します。

 

問題点が明確化している場合はやりやすいですが、中には問題点が不明な場合や改善点が定まらない場合もあるでしょう。

 

もしも問題点や改善点が不明な状態はABテストが効果的です。

 

ABテストとは2パターンの改善案を考え、同じ条件下でテストを行う方法です。テスト結果からより良い判断が取れるため、複数の改善案がある場合にもおすすめの方法となります。

 

サイト運営に必要な費用 

 

サイトの運営では維持費用として、毎月もしくは年間で費用を支払わなければいけません。とはいっても一般的なサイトであれば多額の費用にはならず、特にこだわりがない場合は格安で抑えられます。

 

ここでは、サイト運営に必要な費用について詳しく解説していきます。

 

初期制作費用

 

そもそも運営するサイトがない場合は何も対策できないため、サイトを制作しなければいけません。

 

サイトの制作費用は以下のとおりです。

  • 格安のサイト制作:3万円〜10万円
  • 一般的なサイト制作:10万円〜50万円
  • 高機能のサイト制作:50万円〜80万円
  • 大規模なサイト制作:100万円以上

最近では、初期費用がなく月額5千円程度からサイトを持てるサービスもあるため、こだわりがなければ格安で制作できます。

サーバー費用

 

サーバーとは、情報を保管するインターネット上の場所のことを指します。ホームページを公開するためにはサーバーが必須のため、自分でサーバーを構築するかレンタルサーバーを利用するかの方法で準備をしなければいけません。

 

自分でサーバーを構築する場合は10万円〜20万円が必要ですが、レンタルサーバーであれば月額500円〜から利用できます。

 

大規模なサイトでない限りレンタルサーバーで十分のため、月額千円前後と考えておけば問題ありません。

ドメイン費用

 

ドメインとはURLの末端に表示され、Webサイトの住所を表すものになります。

 

仮に「https://www.example.ne.jp」がURLであれば、ドメインは「www.example.ne.jp」です。

 

基本的には語尾の「.ne.jp」や「.com」に種類によってドメイン費用が異なります。

 

人気のあるドメインは年間で5千円〜の契約になりますが、一般的なドメインは年間で千円程度です。ドメインの種類による影響はないため、こだわらなければ費用を抑えられるでしょう。

 

SSL費用

 

SSLとはWebサイト上の情報を暗号化し、第三者の悪用やウイルスから守るための仕組みです。GoogleがSSL化を推奨していることもあり、現代のWebサイトでは必須の対策といえるでしょう。

 

特にECサイトなどお客さんの情報を扱う場合には、個人情報を守るためにSSL化する必要があります。

 

費用については、無料のものから有料のものまで幅広くあります。サーバーに付随している場合は無料でSSL化できることも多いため、サーバー契約と合わせて確認しましょう。

 

サイト運営に必要なもの 

 

サイト運営では必要最低限の知識や、コンテンツを制作する企画力が求められます。またサイト運営で成果を出すために欠かせない、長期的な継続力も重要です。

 

ここでは、サイト運営に必要なものについて詳しく解説していきます。

 

Webに関する知識

 

Webサイトを運営するうえでは、Webに関する知識が必要です。

何か問題が発生した場合は即対応する必要があるため、基本的なサイト周りの知識が重要になります。

具体的には、以下の知識となります。

 

  • ドメインやサーバーに関して
  • インターネットに関して
  • サイトの編集や更新作業
  • 検索エンジンへの理解

どの知識も難しい内容ではないため、短期間で身につけられるでしょう。仮に新しい人材を担当にする場合は、事前に研修を行うと安心して任せられます。

 

価値のあるコンテンツの企画力

 

サイト運用で欠かせないことは、新しいコンテンツの制作です。そのため新しいコンテンツを制作する際の企画力は重要な要素になります。

 

また企画力においても、ユーザーにとって価値のあるコンテンツ案でなければいけません。

 

仮にどんなに良いアイデアが浮かんだとしても、自サイトに関係のないことや検索エンジン上で一回も調べられていない内容の場合は、アクセス数は見込めないでしょう。

 

需要のある内容かつ、ユーザーが価値を感じられる内容を考えていきましょう。

 

長期的に運用する継続力

 

サイト運営で意識すべきことは、成果が出るまでは長期的に運用し続けることです。なぜならサイトは検索エンジンやユーザーからの評価が重要となるため、コンテンツを公開してもすぐに効果を実感できるわけではありません。

 

またコンテンツの量も重要となり、アクセス数を安定させるためには少なくとも100個以上のコンテンツが必要です。

 

したがって途中で運営を止めることなく、長期的に運用し続ける継続力が重要になります。

 

サイト運営に必要なスキル

 

結論からいうと、サイトを運営するだけの場合は特別なスキルは必要ありません。ただし少しでもアクセス数を増やしたいやコンバージョンにつなげたいと考えた際は、さまざまスキルが必要になります。

 

ここでは、サイト運営に必要なスキルについて詳しく解説していきます。

 

HTML・CSSの知識や経験

 

サイト運営において、サイトデザインや機能面で独自のカスタマイズを行いたい場合には、HTML・CSSの知識や経験が必要です。

ただし特にカスタマイズを求めない場合には、コーディングスキルがなくても十分に運営を行えます。

例えばコーディング不要のCMSで有名なWordPressですが、テーマを設定すればレイアウトが完成し、編集も文字入力で行えます。

そのためテーマを利用すれば、サイト運営には問題ありません。もしもテーマに加えてオリジナル性を持たせたい場合には、CSSにコードを追加するなどの編集を行うため、コーディングスキルが必要になることを覚えておきましょう。

 

SEOの知識や経験

 

サイトのアクセス数を増やすためには、検索エンジンに向けた対策を行うSEOの知識や経験が必要になります。

特に現代ではインターネット上に多くのサイトやコンテンツがあふれているため、SEOへの対策なしでは検索上位に表示させることは難しいと考えましょう。

 

重要視すべきSEO対策は、以下のとおりです。

 

  • 適切なキーワード選定
  • タイトルや見出しの最適化
  • コンテンツ内容の最適化
  • サイト設計や構造の最適化

中でもキーワード選定は、サイトへのアクセス数に大きく影響します。仮にしっかりとSEO対策が行えている場合には、競合サイトと十分に差をつけられるでしょう。

そのためサイト運営を行う以上は、どのサイトにおいてもSEOに関する知識は必須といえます。

 

コンテンツ制作のスキル

 

価値のあるコンテンツを制作するためには、ターゲットに向けた適切な内容であることや、コンバージョンにつながる導線設計が不可欠です。

 

具体的には、以下のスキルが必要になります。

 

  • ユーザーのニーズ分析
  • 市場や競合サイトの分析
  • SEOを意識したライティング
  • SEOを意識したコンテンツ設計

中でもSEOや導線を意識したコンテンツ制作のスキルは、サイト運営で重要な要素です。例えば記事コンテンツにおいて、文頭に導入文があるかないかで、ユーザーが読みすすめるかの行動に差があります。

スマホを意識して1文を短くすることや、箇条書きを積極的に活用することも重要なため、コンテンツ制作のスキルも重要視しましょう。

 

Webサイトの分析スキル

 

Webサイトの問題点を見つけ改善を行うためには、Webサイトの現状から的確に分析するスキルが必要になります。

 

仮に一度アクセス数が集まったコンテンツであっても、永久的にアクセスされることはないでしょう。いつかは他のコンテンツが検索上位に入り、アクセス数は減少してしまいます。

 

そのため常に問題点を洗い出し、改善を積み重ねていくことが重要です。

 

またWebサイトの分析や効果検証では、以下の無料ツールが効果的です。

 

  • Google Analytics
  • Google Search Console

 

両方ともWebサイトと連携できるため、非常に使い勝手が良いツールになります。

日々Webサイトの改善を行うためにも、まずは上記の無料ツールを積極的に活用しましょう。

 

Webマーケティングスキル

 

Webマーケティングのスキルはさまざまな要素がありますが、サイトを成長させていくためには身に付けるべきスキルの一つです。

具体的には、以下のスキルが重要になります。

 

 

  • SEOを理解し集客できるスキル
  • Web広告から集客できるスキル
  • SNSを活用できるスキル

前述したSEOのスキルも含まれますが、その他にもWeb広告やSNSに関するスキルも重要です。

特にSNSは無料で利用できるサービスとなり、活用できれば非常に強みになるでしょう。Web広告の場合は出稿に費用がかかるため、予算に余裕のある場合は活用できる方法です。

Webマーケティングスキルは自社の集客力向上につながりますので、現状スキルがない場合にも積極的に取り組んでいきましょう。

 

サイト運営の注意点 

 

サイト運営ではいくつか注意すべきポイントがあります。特にサーバーやドメインの更新忘れに関しては、最悪Webサイトを復旧できない可能性もあるため細心の注意を払いましょう。

 

ここでは、サイト運営の注意点について詳しく解説していきます。

 

サーバーとドメインの更新

 

契約内容によっても異なりますが、サーバーとドメインは月単位か年単位での更新が必要になります。

仮にサーバーやドメインの更新を忘れてしまうと、サイトが表示されなくなるため注意しましょう。

特にドメインの更新を忘れて期間が過ぎた場合、ドメインが失効する可能性もあります。失効した後に取り戻せれば問題ありませんが、ドメインが失効して他のユーザーの手に渡れば元々のサイトは活用できなくなるため、絶対に避けなければいけません。

サイトを運営しているといつの間にか更新期日を過ぎてしまうケースはありがちなため、必ず期日を過ぎないように更新手続きをしましょう。サーバー会社によっては自動更新の場合もあるため、忘れやすい人は選択肢として考えてみることをおすすめします。

 

作業範囲を明確化する

 

サイト運営では常に多くの業務を行う必要があるため、サイト運営のルールや業務範囲は明確に決めておきましょう。

 

企業であれば一人でサイト運営を行うのではなく、複数人が担当することが一般的です。複数人の場合は担当者同士が作業の進捗確認を行う必要もあるため、項目ごとにチェックリストを作成するなどの対処をとりましょう。

 

また人手が足りない場合や、今以上にサイト全体の質を高めたい場合には、外注を活用することも効果的です。

 

費用はかかってしまいますが、短期間で良質なコンテンツを量産することも可能なため、長期目線で考えると効果的な場合も多いです。

 

ただし外注を活用する場合はより作業範囲を明確化することが重要なため、まずは現状をしっかりと把握してから判断しましょう。

 

 

海外SEOコンサルタント【まとめ】サイトを運営するだけならば特別なスキルは不要です。しかし少しでもサイトを有効活用したい場合や、今以上に効果を出したいと考えた場合には、さまざまスキルが必要になります。簡単に身に付けられるものから難しいものまで幅が広いため、まずは一つひとつを重要視してサイトを運営していきましょう。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

海外SEOコンサルタント

海外SEOコンサルタント サファウェット パヴィーナ(suphawet paveena)

タイのアサンプションインターナショナル大学(BBA in Business Information Systems at Assumtion Internation University (Bangkok) 卒業後、英国大学院留学。英国のグリニッジ大学大学院国際ビジネス学科(MA in Internation Business Management at Greenwich University (London))卒業後、米国エクゾンモービル社タイ支局勤務。英語、タイ語、日本語のトリリンガル。海外SEOの実績多数。