マーケティングでVRを活用する利点とは?6つの事例から解説

マーケティングでVRを活用する利点

近年ではVRを活用したマーケティング施策が増加していることもあり、これから取り入れようと考えている企業も多いのではないでしょうか。とはいってもVRの活用は幅が広く、業界やサービス形態によってもマーケティング施策は大きく異なります。

 

SEOコンサルタントそこで本記事ではマーケティングでVRを活用する利点について、具体的なマーケティング手法や事例と合わせて解説していきます。

 

マーケティングにおけるVRの活用とは?

 

VR(Virtual Reality)は日本語で「仮想現実」を指し、現実に近い体験を可能にする技術のことです。元々は1990年代にVRを活用したゲーム機が注目を集め、その後ビジネスシーンでの活用の場が増加してきました。

 

現代ではアパレル業界におけるファッションショーや不動産分野の内見をはじめ、商品PR・プロモーションなどのマーケティング分野でも注目を集めています。

 

特に近年は新型コロナウイルスの影響もあり、多くの企業がオンラインでのマーケティングに力を注いでいます。そのためオンライン上で商品やサービスの魅力を伝える手段として、VR技術は効果的なマーケティング施策の一つといえるでしょう。

 

ここでは、ARとの違いやマーケティングにおけるVRの種類について解説していきます。

 

ARとの違い

 

AR(Augmented Reality)は「拡張現実」を指し、現実世界に仮想空間を作り出す技術のことです。例えばスマートフォンのカメラで表示している映像に、CGで作成した映像を映し出す仕組みになります。

 

一見VRと似たように感じますが、ユーザーがメインとする世界に違いがあります。

 

  • AR技術:現実世界がメイン
  • VR技術:仮想世界がメイン

AR技術は現実世界の一部に仮想空間を映すため、メインは現実世界です。対してVR技術は、作られた仮想世界にユーザーが入り込むため、メインが仮想世界になります。

 

このように同じ仮想空間であっても技術面が異なるため、マーケティングで活用する際には注意をしましょう。

 

VRの種類

 

VRではCGで作られた仮想世界を映し出す「CGタイプ」と360度カメラで撮った現実世界を映し出す「映像タイプ」に分けられます。

 

CGタイプでは完全に作り出した仮想世界に入り込めるため、設計段階の建築物など現実には存在しない空間を映す際に適している手法です。

 

対して映像タイプは360度カメラで撮影した画像さえあれば活用できるため、物件の内見や観光地など、現実世界を確認する際に適しています。

 

活用場面や顧客に提供したい体験によって適する種類は異なるため、後述の「VRを活用したマーケティング手法 」や「VRを活用したマーケティング事例6選」を参考に見極めましょう。

 

マーケティングでVRを活用する利点 

 

VR技術が注目を集めている理由には、顧客に向けて現実に近いリアルな体験や、いままで以上に具体的な情報を伝えられる利点が挙げられます。

 

また近年拡大しているオンライン分野にも適するマーケティング施策のため、今後はさらにVRの活用が増加すると考えられるでしょう。

 

ここでは、マーケティングでVRを活用する利点について解説していきます。

 

リアルな顧客体験を提供できる

 

まず1つ目の利点は、仮想世界をとおして現実世界を見たり試したりと、リアルな顧客体験を提供できることです。

 

例えばECサイトは店舗に訪れなくても商品を購入できる点がメリットですが、商品の質感や雰囲気を確認できない点がデメリットになります。

 

そのため購入した後の「想像とは違った」など、顧客が抱えているイメージとのミスマッチはよくあるケースといえるでしょう。

 

しかしVR技術を活用することで、限りなく現実で見ているのと同じ商品の特徴を伝えられます。したがってECサイトであれば購入前の商品を、飲食店であれば来店前の店舗の雰囲気など、顧客が事前に商品やサービスの体験をできる点がVRの強みです。

 

時間や場所に縛られない

 

2つ目の利点は、仮想世界であれば時間や場所に縛られずに求めている情報を映し出せることです。

 

デジタル技術が進歩していることもあり、現代ではオンライン上で容易につながることが可能になりました。

 

そのため従来までの「実際に現地へと足を運んで体験する」から「オンライン上で体験する」の需要へと移り変わっています。

 

VRを活用したマーケティングはまさに「オンライン上で体験する」を実現する施策となり、時間や場所に制限されることなく現実に近い体験を提供できます。

 

したがって場所が遠くて来店できない場合や時間の制約が厳しい場合など、アプローチ出来なかった顧客層も取り込めるため、新規顧客の獲得増加にもつながります。

 

商品・サービスの理解度を高められる

 

3つ目の利点は、仮想世界によって用途に合わせた空間を作り出せるため、商品・サービスの理解度を高められることです。

 

映像タイプのVRでは現実世界の映像に限定されますが、CGタイプであれば自由に仮想空間を作り出せます。

 

例えばリフォームメーカーの場合、従来まではリフォーム後のデザインや過去の事例でしか完成後のイメージを伝えることが出来ませんでした。

 

しかしVRを活用することで、実際の住宅にあてはめてリフォーム後の映像を作ることが可能です。デザインや事例以上に具体的なイメージを伝えられるため、顧客は商品・サービスの理解度が高まり、最終的には成約率の向上にもつながるでしょう。

 

VRを活用したマーケティング手法 

 

VRの活用では、業界ごとに適する手法が異なります。とはいっても自由に仮想空間を作り出せる点がVRのメリットとなるため、業界にとらわれず活用の幅を広げていきましょう。

 

ここではVRを活用したマーケティング手法について、4つの業界から解説していきます。

 

観光業界

 

観光業界では施設や観光地のプロモーションとして、動画コンテンツが一般的なマーケティング施策といえるでしょう。しかし360度カメラで撮影したVR映像を活用することで、写真や動画だけでは表せないリアルな観光地の魅力を伝えられます。

 

具体的には以下のような施策です。

 

  • YouTubeに撮影した映像を投稿
  • VR映像を活用しオンラインツアーを配信
  • 案内所にVRゴーグルを設置する

多くの顧客へと情報発信したい場合には、手軽に閲覧できるYouTubeやオンラインツアーの配信が効果的です。よりリアリティのある体験を提供したい場合にはVRゴーグルを活用すると、実際に現地へ訪れているような臨場感を味わえ、観光地への行動喚起につなげられます。

 

不動産業界

 

不動産業界は内見時の確認やリフォーム後のイメージ映像など、VRと親和性の高い業界の一つです。

 

内見を例に挙げると、写真だけでは具体的な雰囲気を感じられないため、いままでは各物件を実際に訪れる必要がありました。

 

そのため4つ5つと多くの物件を見たい場合は、一日でまわりきれないことがデメリットといえるでしょう。また遠くの地域から引っ越す際は、実際に現地へ移動しなければいけません。

 

しかし物件を360度カメラで撮影することで、実際に訪れなくても物件の雰囲気や特徴を確認できます。したがって自宅にいながら部屋探しが可能となり、物件数や引越し先の地域に関係なく内見を行える手法となります。

 

小売業界

 

小売業界では実店舗以上に、オンラインショッピングの市場が拡大しています。とはいってもインターネット上には多くの商品が流通しているため、競合は非常に多いといえるでしょう。また実店舗へ集客しても、最終的にはインターネット上で価格の安い商品を探す顧客も少なくありません。

 

このような問題を抱えている小売業界ですが、VRの活用によって今までにはない付加価値を提供できます。

 

例えば仮想空間で実店舗と同じように買い物を行うことや、専用のアバターを作成し趣味嗜好に合わせて着せ替えることなど、新しい買い物の形が購買意欲の向上につながります。

 

実店舗では迷惑とされやすい店員の顧客対応もロボットが代行するなど、顧客がゆっくりと買い物を楽しめる空間演出もVRの強みです。

 

飲食業界

 

飲食業界におけるVRの活用では、来店前に店内の雰囲気を伝える際に役立ちます。飲食店では「食べる」ことがメインではあるものの、デートや商談時の活用など、店内の雰囲気もお店選びでは重要なポイントです。

 

多くの飲食店が写真を掲載していますが、写真だけでなくVR映像を見せることでより詳しい雰囲気を感じられ、競合店舗との差別化が図れるでしょう。

 

特に夜景が綺麗な店舗や個室が完備されている店舗の場合、VRの活用は非常に親和性が高く、店舗の魅力を伝えるには優れた手法です。

 

また顧客がお店選びの材料として重視する口コミ以上に、実際の映像で確認できる方が信用度は高いため、口コミが優れていない店舗でも有効活用できます。

 

VRを活用したマーケティング事例6選 

 

VRを活用したマーケティングでは、商品のプロモーションからブランドの認知度向上まで、幅広い施策が行えます。特にVR映像による視覚と、現実体験における触覚の組み合わせは効果的となり、話題性を集めるうえでも有効です。

 

ここではVRを活用したマーケティングについて、以下の6事例から解説していきます。

 

  • 家具販売
  • 車販売 
  • 観光体験
  • ランウェイ体験
  • BtoB向け商品プロモーション
  • BtoC向け商品プロモーション

 

家具販売

 

VRの仮想空間によってモデルルームを作成し、実店舗に置いてある家具を自宅にいながら購入できるサービスの事例です。

 

家具はサイズが大きく、多くの商品をショールームで収納するには広大な土地が必要なため、全国をみても店舗数は少ないといえるでしょう。そのため実店舗へは遠い距離から来店する顧客も多く、来店者数を増やせないことが課題の一つでした。

 

しかしVRによって場所を問わずに商品の確認や購入をできる環境となり、売上が大きく増加。またソファやベッドなど基本となる家具はもちろんのこと、キッチン用品なども含めた多くの商品において、動作確認を行える点が最大の特徴です。

 

実際に動きを確認することでイメージの違いを減らし、購入後の返品リスクを軽減している点も成功のポイントといえるでしょう。

 

車販売

 

車販売では仮想空間で車体を確認できる事例や、カスタマイズした車の外装や内装を確認できる事例があります。

 

特に外装や内装の確認は、実際に依頼して手元に届くまでは本来確認できない内容です。そのため実際のイメージが湧かないと購入に踏み切れない顧客が多くいました。

 

しかし仮想空間によって注文した車を再現し、店舗にVRゴーグルを設置することで、リアルな質感や雰囲気を提供することに成功。

 

購入金額が高額な商品だからこそ顧客は慎重になりますが、VR技術では現物に近い商品を作れるため、購入の決め手として有効活用できます。

 

このように実際に制作しない限り想像がつかない商品の場合、VRによってイメージを持たせることは強力な武器になるでしょう。

 

観光体験

 

観光施設では360度カメラによる映像タイプでのVR活用が増加しており、なかでも注目を集めた事例が疑似入浴体験のできるVR活用です。

 

仕組みはいたってシンプルとなり、自宅の浴槽につかりながら、装着したVRゴーグルから360度カメラの映像を見るコンテンツとなります。

 

有名な温泉地の露天風呂などを見ることができ、自宅にいながら温泉地の雰囲気を存分に味わえるサービスといえるでしょう。

 

疑似入浴サービスをとおして「実際に温泉地へ行きたい」という感情を作り出し、効果的に観光地のプロモーションに成功しています。

 

実際に入浴することで視覚だけでなく触覚も合わせて感じられる点が、いままでのVR技術より有効活用できているポイントです。

 

ランウェイ体験

 

ファッションショーといえば、アバレル好きの方なら一度は参加したいイベントといえるでしょう。しかし限定された人しか参加できないことも多く、非常に価値のある体験となります。

 

あるファッションブランドでは商品の購買を促す施策として、ファッションショーが開催されている間、VRゴーグルをとおして参加できるバーチャル座席を提供しました。

 

セレブのすぐ近くに座ることや、実際のランウェイを歩くことができ、通常では味わえない体験が可能となります。

 

結果的に新しい参加方法として注目を集め、ブランドの認知向上、商品の売上向上につながった事例です。

 

BtoB向け商品プロモーション

 

食品業界のBtoB向け商品である食品選別マシンでは、どのように食品が選別されているのか、マシンの内部をVR映像で体験できるサービスを提供しました。

 

マシンの内部は基本的に確認不可能な内容ですが、具体的なプロセスを顧客に伝えることで、マシンの性能や技術力を効果的に伝えた事例になります。

 

通常では知らない面だからこそ多くの興味を集め、ブランドの価値を高めることに成功。

 

結果的に企業の目的である認知度の向上へとつながり、BtoBにおける自社商品のプロモーションとして一躍注目を集めた事例です。

 

BtoC向け商品プロモーション

 

ひげ剃りのシェーバーメーカーでは、実店舗でひげ剃りとVRの映像を組み合わせたサービスに成功しています。

 

内容はVRでアイドルがひげ剃りを行っている映像を映し、実店舗では男性スタッフが顧客のひげを剃るといったものです。

 

「肌への負担が少ないひげ剃り」をテーマとし、VRの映像と実際のひげ剃りによって、視覚と触覚で商品のプロモーションを行った事例です。

 

いままでにはない顧客体験を提供したことで認知度の拡大につながり、メーカーが掲げたテーマの浸透に成功しています。

 

 

まとめ

SEOコンサルタント本記事ではマーケティングでVRを活用する利点について、具体的なマーケティング手法や事例と合わせて解説してきました。VRの最大の利点は、現実に近いリアルな顧客体験を提供できることです。現実の映像を360度カメラによって映すこともあれば、CG映像によって完全に作り出すことも可能です。そのため今まででは伝えきれない情報など、新しい価値を生み出せるマーケティング施策といえるでしょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

 

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら