【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

SEOとコンテンツマーケティングの違いを徹底解説

SEOとコンテンツマーケティング

近年、ビジネスの変革が激しい世の中になっているため、企業は生き残るためにさまざまな戦略を打ち出しています。戦略を考えるときに重要となるのが。企業のマーケティングです。

 

マーケティングといえば、SEO対策が思い浮かぶ方も多いでしょう。SEO対策の他にもさまざまありますが、その中の一つにコンテンツマーケティングがあります。しかし、言葉は知っていても、「SEO対策とコンテンツマーケティングでは何が違うの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

SEOナビゲーターそこで今回は、SEO対策とコンテンツマーケティングの概要とそれぞれの違いについて解説します。

SEOとは!?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語訳にすると「検索エンジン最適化」を意味します。

 

SEOは、Webマーケティング戦略でよく使われる手法で、Googleからの評価が高いほどGoogleで検索したときに上位で表示されやすくなります。ユーザーが検索をしたときに、そのキーワードに含まれるユーザーの検索意図を解決できると評価されたサイトから順番に検索結果へと表示されます。

 

上位表示させるためにはGoogleの評価基準を満たす必要があるのです。Googleの評価基準は定期的なアップデートによって変わるため、今まで評価されていたのにもかかわらず、アップデート後にトップ表示ではなくなってしまうケースもよくあります。しかも、Googleでは評価基準を明確にしていないため、完全に対策をするのは難しいです。

 

Googleでは「ユーザーファーストであること」を企業理念としているため、ユーザーのためになるコンテンツ制作が重要です。また、コンテンツ制作以外にも、サイトの内部構造を評価されやすく変えるのも効果的でしょう。

 

マーケティングにおけるSEOの重要性

 

Googleに高く評価されるコンテンツほど上位表示されるため、SEOは流入機会を増やす意味でWebマーケティングにおいて重要な役割を果たしています。

 

ユーザーは、検索結果の上位で表示されたサイトにアクセスする確率が高いため、上位表示されるほど多くのユーザーに訪問されるサイトになるのです。企業ではサイト上で自社の商品やサービスを打ち出しているため、訪問回数が多いほどユーザーの購入につながる機会も増えるでしょう。

 

たとえば、企業で営業の業務を楽にできるツールの導入を考えているとしましょう。ユーザーは、「営業 ツール」などで検索をすると思います。検索の結果、営業支援ツールを紹介する記事や自社で営業支援ツールを提供しているサイトが表示されていくでしょう。多くの場合は、トップで表示されるサイトからアクセスするため、検索結果の上位に表示されるほどユーザーが行動を起こす確率が上がるのです。

 

コンテンツマーケティングとは!?

 

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに対して価値のあるコンテンツを発信し続けることで、徐々に企業のファンとして定着させて購入につなげるマーケティング手法を指します。

 

そもそもマーケティングには、インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングがあり、コンテンツマーケティングはインバウンドマーケティングに該当します。

 

インバウンドマーケティングは、ユーザー起点に行動させることを目的としており、双方向のコミュニケーションを大事にしています。一方でアウトバウンドマーケティングは、企業側が起点となるため、訪問販売やダイレクトメールの一斉送信などが対象です。

 

コンテンツマーケティングでは、ユーザーに価値のあるコンテンツを提供し続けることが重要です。

 

コンテンツマーケティングの重要性

 

コンテンツマーケティングは、ユーザーに価値のあるコンテンツを提供し続けることで、今まで潜在顧客だったユーザーが見込み顧客へと変わる可能性があるため、効果的なマーケティング手法です。

 

潜在顧客とは、自社の商品やサービスを認知していないユーザーのことです。潜在顧客はあくまで商品やサービスを知らないだけのため、知る機会さえあれば購入を検討する見込み顧客へと変化する可能性があります。見込み顧客へと変化すれば、具体的な商品やサービスの説明をしつつ、商談へとつなげることで購入に結びつくでしょう。

 

また、コンテンツマーケティングは他のマーケティング手法を包括するような意味合いを持っています。たとえば、コンテンツマーケティングの中には、コンテンツSEOやソーシャルメディアマーケティングなども含んでいるのです。

 

SEOとコンテンツマーケティングの違い

 

SEOとコンテンツマーケティングには、いくつかの違いがあります。ここでは、以下にある4つの違いについて解説していきましょう。

 

  • 目的
  • ターゲット
  • 手法
  • コンテンツ

 

目的

 

SEOとコンテンツマーケティングでは、それぞれの目的が異なります。SEOの目的は、Googleの評価されるコンテンツを制作し、検索結果で上位表示されることをゴールとしています。

 

一方でコンテンツマーケティングは、ユーザーの行動に結びつけることを目的とします。ユーザーが行動する状態を、マーケティング業界では「コンバージョン」と呼んでおり、コンテンツマーケティングではコンバージョンにつなげることが大切です。

 

コンバージョンの例としては、お問い合わせフォームから問い合わせたり、資料請求をしてくれたり、実際に商品やサービスの購入申し込みをするなどです。

 

つまり、SEOで上位表示をさせて流入を増やしつつ、コンテンツマーケティングでコンバージョンをあげていくのが効果的なマーケティング手法と言えます。

 

ターゲット

 

SEOとコンテンツマーケティングは、ややターゲットが異なります。SEOは検索エンジン最適化の手法を指すため、顕在層も潜在層も対象となります。一方でコンテンツマーケティングは、潜在層からの認知獲得に重点が置かれることが多いです。

 

SEOでは、あくまで検索結果の上位表示を目的としているため、いずれのターゲット(顕在層、潜在層)も対象となります。

 

対してコンテンツマーケティングは、検索ボリュームの大きなキーワードからの認知獲得からユーザーへ購買を促すことが多く、潜在層のターゲットを主な対象とします。

 

手法

 

SEOとコンテンツマーケティングでは、アプローチする手法にも違いがあります。SEOは、Googleの検索エンジンで上位表示されることを目的としているため、マーケティングチャネルは検索エンジンだけです。

 

しかし、コンテンツマーケティングはSEO以外のあらゆるマーケティングチャネルとするため、SEOもコンテンツマーケティングの一部となります。他にも、YouTubeで動画配信をしたり、メールマガジンを活用したり、SNS上での情報発信もコンテンツマーケティングの一種です。

 

コンテンツ

 

手法の部分で解説したとおり、それぞれで対応チャネルが異なるため、コンテンツにも違いが出てきます。

 

SEOでは検索結果の上位表示を狙っているため、基本的にブログやホームページなどのテキストコンテンツがメインです。

 

一方でコンテンツマーケティングはテキストコンテンツ以外にも、動画やメールなどの幅広いコンテンツを対象としています。

>>コンテンツSEOをチェック

SEOナビゲーター今回は、SEO対策とコンテンツマーケティングの概要とそれぞれの違いについて解説しました。SEO対策とコンテンツマーケティングは、それぞれ同じ意味だと誤解されがちですが、実はそれぞれで目的や手法が異なります。マーケティングにおいてはどちらか一方のみに力を入れるのではなく、バランスよく取り入れる必要があります。具体的には、SEO対策としてサイトへの流入を増やしつつ、そのコンテンツがコンバージョンにつながる良質なものであることです。企業のマーケティングで悩んでいる方は、今回の記事を参考に良質なコンテンツ制作から取り組んでみましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る