デジタルマーケティングとは?注目の理由と効果的な手法をご紹介

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは近年注目されつつあるマーケティング手法の一つであり、急速なIT化が進むとともに多くの業界が活用し始めようとしています。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、デジタルマーケティングという単語を初めて聞く人にも理解できるように、デジタルマーケティングの概要や注目される理由、主な手法や企業の導入事例について紹介します。

 

デジタルマーケティングとは?

 

デジタルマーケティングは、馴染みのない人にとってどのような性質のマーケティング手法か分からないという人も多くいます。ここでは、馴染みが薄い人向けに、デジタルマーケティングの概要と特徴について解説します。

 

デジタル技術を活用したマーケティング

 

デジタルマーケティングとは、その名の通り「デジタル技術を活用したマーケティング手法全般」を指しています。

 

よって、私たちが普段利用しているスマホやパソコン等を通して行われているマーケティングもすべてデジタルマーケティングの手法の1つです。

 

また、デジタルマーケティングは非常に広い範囲を指していることから、企業やマーケターによって考え方や重視するポイントが少しずつ異なっていることも大きな特徴です。

 

顧客の行動をデータ化して分析する

 

デジタルマーケティングでは、顧客がWebサイト上で行ったあらゆる行動をデータ化して分析することが可能です。

 

例えば、顧客が自社サイトにアクセスしたプロセスや、サイトの滞在時間等もすべて数値化して可視化することができます。

 

これは従来のチラシや雑誌広告によるマーケティングでは実現できなかった点であり、デジタルマーケティング特有の強みと言えるでしょう。

 

本質は従来のマーケティングと変わらない

 

デジタルマーケティングはさまざまなデータを活用することができるものの、本質的な考え方は他のマーケティング手法と変わりません。

 

デジタルマーケティングでは、データを可視化することができますが、データをどうやって活用するのかを判断するのはマーケターの実力によって左右されます。

 

あくまで、手段としてWeb上のデータを活用するに過ぎないため、データを活用して商品の売上を上げることができなければ、デジタルマーケティングを活用することは難しいのが特徴です。

 

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

 

デジタルマーケティングについて理解する上で、Webマーケティングとの違いについて疑問を感じる人もいるかもしれません。ここでは、それぞれの特徴について述べた上で、両者の違いについても解説します。

 

Webマーケティング

 

Webマーケティングとは、デジタルマーケティングの手法の一部であるという認識が一般的です。あくまで、活用するデータの範囲はWeb上に限定されており、その範囲の中で自社サイトへのアクセスや商品購入を促すことが目的となっています。

 

最近では、Web上でデータを取得する方法も多様化が進んでおり、自社コンテンツの充実化や、広告運用といった豊富な手法を活用して商品を売れるしくみを作っていくこと全般がWebマーケティングの範囲と考えられています。

 

デジタルマーケティング

 

デジタルマーケティングは、Webマーケティングと同様にWeb上の媒体を活用して行うマーケティング手法を指します。

しかし、Webマーケティングよりも広範囲の施策を指していることが特徴です。Webに限らず、ビッグデータやアクセス時の位置情報といったデータもデジタルマーケティングでは活用することになるため、Webマーケティング以上に豊富なデジタル技術を活用して、顧客に対する接点を強化していくこととなります。

 

デジタルマーケティングが注目される理由

 

ここまでデジタルマーケティングの特徴について解説してきましたが、なぜここまでデジタルマーケティングが注目されているのか疑問に思う人もいることでしょう。ここでは、デジタルマーケティングが注目される理由をお伝えします。

顧客の反響を可視化できる

 

デジタルマーケティングを活用することで、顧客の反響をデータとして活用することが特徴です。

 

顧客が自社サイトや広告を通じて、自社商品の購入やサービス利用の申し込みを行った場合、成約に至るまでの過程をすべて可視化することができます。

 

反響を可視化することで、新たな顧客の獲得に活かすことや、顧客の流入が多く見られる領域に効率よく広告費用を投じることも可能です。

 

顧客の反響を可視化することは、今までのマーケティング手法において重視されていたことは変わりませんが、データ収集が難しかったことからも、デジタルマーケティングが注目されることにつながっていると考えられます。

 

デジタルデバイスの普及

 

スマートフォンやタブレットといった、デジタルデバイスの普及もデジタルマーケティングへの注目を集めている要因です。

 

最近では、気になる商品やサービスについて情報収集する場合、ほとんどの人がインターネットを活用しているかと思います。

 

それに伴って、雑誌広告等の効果が薄れると同時に、デジタルマーケティングの需要が高まっていると考えられます。

 

今後もデジタルデバイスは生活において必需品であることは変わらないと見られているため、デジタルマーケティングの需要も高まり続けると言われています。

 

顧客それぞれに適した情報を提供できる

 

顧客それぞれに合った情報を提供できることも大きな特徴です。従来の雑誌広告やテレビCMといった手法の場合、大多数の顧客に対して1つの情報しか伝えることができませんでした。

 

しかし、デジタルマーケティングを活用すれば、顧客の普段閲覧するWebサイトや興味のある分野に基づいて、発信する広告や情報を変化させていくことができます。

 

よって、顧客が欲しいと思っている情報を提供できるため、成約率や商品購入に至る可能性を高められることがデジタルマーケティングへの注目を高めていると考えられています。

 

デジタルマーケティングの手法11選

 

ここでは、具体的にデジタルマーケティングの手法11選を紹介します。商品の特色やターゲットとしている顧客層に合わせて、適切な手法を選んで活用していきましょう。

 

SEO

SEOとは、日本語で「検索エンジン最適化」という意味を持っており、「Search Engine Optimization」の略称です。

 

私たちが普段の日常生活で何らかのキーワードを検索した際に表示されるWebページは、Googleによって表示順位が決められています。

その検索結果において自社サイトを上位表示させられるようにコンテンツ等の作成を行うことがSEO対策の施策内容となっています。

 

また、Googleが定期的に行うアップデートによって検索順位が大きく変動することもあるため、状況に応じて適切なコンテンツを提供することが重要です。

 

関連記事: 「SEOとは」をわかりやすくまとめました【2021年完全版】

 

コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティングとは、読者が欲しいと考えている情報の発信や商品の紹介を行い、自社のファンとしてサービスを利用してもらうことを目的としたマーケティング手法です。

 

また、コンテンツマーケティングにおいては、初期の段階で自社の存在を認知してもらうことを目標としているため、決して素早く売上に結びつく手法とは言えないのが特徴です。

 

時間をかけてコンテンツの作成を行い、段階的に自社商品を手にとってもらえるように促しいくことが必要となるため、長期的な視点で顧客のニーズに沿って施策を打っていくことがコンテンツマーケティングでは重要と考えられています。

 

ソーシャルメディアマーケティング

 

ソーシャルメディアマーケティングは、SNSを利用して自社のブランド力向上や、コンテンツのプロモーションを行う手法です。ユーザーとSNSを通してコミュニケーションを図ることも容易であり、顧客から企業を身近に感じてもらう効果も期待できます。

 

また、投稿によって自社商品のアピールを行うことができるため、広告費を抑えることができる点も大きな特徴です。最近では大企業のTwitterアカウント等が話題に挙がることもありますが、中小企業であっても気軽に活用できる手法の1つと考えられています。

 

アフィリエイトマーケティング

 

アフィリエイトマーケティングは、個人ブログや他社サイトに広告を掲載してもらうことで、自社サービスの利用や自社サイトへのアクセスを促す手法です。アフィリエイト自体が「提携する」という意味を持っていることからも、自社以外のサイトを利用することが大きな特徴です。

 

また、アフィリエイトマーケティングにおいて広告掲載料が発生するのはサービスの利用等が確定した段階であるため、広告費用を抑えられることも強みと言えます。しかし、悪質な手法でアフィリエイト報酬を稼ぐことだけに目的を置いているサイトもあるため、流入したユーザーの誤解を招かない注意が必要です。

 

インバウンドマーケティング

 

インバウンドマーケティングとは、顧客にとって価値のある情報を提供し、情報をユーザーに見つけてもらうことで、顧客から自社に対して興味を持ってもらうように促す手法です。

 

従来のマーケティングにおいては、顧客に対して売りたい商品をこちらから押し付けるようなアウトバウンドマーケティングが主流とされていました。

 

しかし、近年では豊富な情報が容易に入手できることから、押し付けた形の情報は避けられるようになりつつあります。

 

それに対してインバウンドマーケティングは顧客が自分で情報を選定して商品を吟味できるため、売りたい商品に顧客自ら接触してくれるのが大きな利点と言えます。

 

アプリマーケティング

 

アプリマーケティングとは、スマートフォン等のアプリを通じて顧客との接点を創り出す手法です。

 

スマートフォンが普及した現代ではアプリの存在は不可欠であり、ユーザーにとって利便性の高いアプリを開発することができれば、顧客との接点を増やし、自社商品を利用してもらう機会を増加させることにつながります。

 

また、アプリ自体にサブスクリプションサービス等を付与することで新たな収益源を創出することができるのも大きな特徴です。

 

Eメールマーケティング

 

Eメールマーケティングとは、特定のメールアドレスに対して情報を掲載したメールを送信することで、特定のサイトへのアクセスや商品の購入を促す手法です。

 

送信するメールはユーザーによって内容や送信時間を変更することもできるため、ユーザーの属性に合った内容を個別に発信することが可能です。また、メールの開封率等のデータも入手できるため、ユーザーの興味を惹きやすいテーマを分析することもできます。

 

しかし、メールアドレスに関しては何らかの方法によって獲得していく必要があるため、別の手法と併用して活用していくことが必要です。

 

ネイティブ広告

 

ネイティブ広告とは、メディア上の記事やコンテンツの中に表示されている広告を指します。普段、アプリやインターネットの記事を見ている際に、記事と同様の形式で他コンテンツに溶け込むように表示されている広告を目にすることがあるかと思います。これもネイティブ広告の1つであり、さまざまなWebサイトに掲載されています。

 

ネイティブ広告については、ユーザーが閲覧している記事の内容に関連して掲載する広告も決められているため、興味を惹きやすい広告が掲載されることが特徴です。

 

リターゲティング広告

 

リターゲティング広告とは、ユーザーが閲覧したWebサイトのデータを分析して、ユーザーが興味を持つことが予想できる広告を表示する手法です。

 

リターゲティング広告自体は、ユーザーが特定のサイトにアクセスした際に付与される「クッキー」を活用しており、あるクッキーが付与されたユーザーに対して関連性のある広告を表示するというしくみが取られています。

 

この手法は「追跡型広告」とも呼ばれており、ユーザーの関心のあるテーマに関連した広告を繰り返し表示することができるのが大きな特徴です。

 

オンラインPR

 

オンラインPRとは、ブログや情報発信等を行うWebサイトにおいて、話題を集めることを目的として手法です。

 

オンラインPRでは、あくまでオンライン上において話題を集めることを目的としていますが、手法そのものは従来行っていたオフラインのものと変わりません。

 

最近では、SNSによって記者による情報発信を行ったり、自社サイトに寄せられたコメントや意見等をまとめることで発信活動を行う手法も見られつつあります。

 

PPC(クリック課金)

 

PPCとは、オンライン上に広告を掲載してもらい、クリックした数に応じて費用を支払う手法です。

 

最も有名なPPCはGoogle広告であり、自社サイトのリンクをGoogleの検索結果の上位に表示させることで、アクセス数の増加を狙うことができます。

 

最近では、Googleの他にもTwitterのプロモツイート等でも同様の効果が得られるため、今後もWeb上に限らず、SNS等のさまざまな形で利用される広告掲載のタイプであると考えられています。

 

企業のデジタルマーケティング導入事例

 

最後に、実際に企業がデジタルマーケティングを導入して成功した事例を紹介します。

 

自社でもデジタルマーケティングを活用したいと考えている場合や、自分自身の商品の売上を上げたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

マーケティングの見える化でサイト訪問者数を2倍に

 

企業のWeb会議等のサービスを提供するしている株式会社ブイキューブでは、デジタルマーケティングを活用することで、自社サイトの訪問数を約2倍に引き上げることに成功しました。

 

同社では、サービスのプロモーションをさまざまな手法で行っていたものの、それぞれの手法の効果が成約に結びつくために発揮した効果を測定しづらいことが課題となっていました。

 

しかし、顧客の購買行動に基づいたマーケティング施策を提供できるツールを導入することで、成約までのプロセスやサービス利用に至ったユーザーのデータを分析することを実現しました。

 

SNS運用によって顧客との対話増に成功

 

コアラマットレスでは、Twitterを活用することで、顧客とのコミュニケーション増加やブランドの認知力向上を実現しました。

同社では、寝具やインテリア家具を提供していたものの、Twitterを活用したマーケティング手法のノウハウに欠けており、効果的なSNS運用ができていないことが課題となっていました。

 

しかし、Twitterを利用したアカウント運用や広告掲載の手法を身につけることで、顧客との接点を増やし、ユーザーとの相互のコミュニケーション機会の増加に成功しました。

メルマガ開封率4割超を実現

 

SNSマーケティングのサポートサービスを提供する株式会社コムニコでは、開封率1割程度と言われているメルマガの開封率を4割超まで引き上げることを実現しました。

 

同社では、新規顧客に対する営業手法の1つとしてメルマガを活用していたものの、開封率が低いことから、効率面やコスト面において課題を抱えていました。

 

しかし、反響があった顧客へのメルマガ送付施策等を実施することで、メルマガ開封率の向上や、Webからの見込み顧客の増加に成功しました。

 

データ分析によって成約率の高い顧客を獲得

 

総合不動産会社である阪急阪神不動産では、データ分析によって成約見込みのある顧客の獲得率アップに繋げることができました。

 

デジタルマーケティング活用前には、チラシや雑誌、Web広告といったさまざまな手法を活用していましたが、どの媒体から成約見込みのある顧客を獲得できているのかが不鮮明でした。

 

しかし、自社サイトの資料請求や来店予約のデータを分析・管理することで、注力すべき広告媒体が明らかとなり、顧客への効果的なアプローチを実現することに成功しました。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

SEOコンサルタント【まとめ】デジタルマーケティングは、今やあらゆる業界にとって無くてはならない存在となりつつあります。今後は、デジタルマーケティングを上手く活用できる企業が顧客との接点を上手く持つようになるとも考えられるため、企業規模や業界を問わず積極的に活用していくようにしましょう。

 

 
 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。