マーケティングとは?内容や必要性、現代に必須のWebマーケティング

マーケティングとは

マーケティングと聞くと抽象的で、具体的に何を指すのか不明な方も多いでしょう。マーケティングは一連の購買プロセスへの理解を深めるものであり、企業にとっては必要不可欠な考え方です。

 

SEOコンサルタントそこでこの記事では、マーケティングの定義やその必要性、具体的な内容などを紹介します。またマーケティングのなかでも、現代に必須の「Webマーケティング」を中心に企業が行うべき今注目のマーケティング5選を解説していきます。

 

目次

マーケティングとは?

 

公益社団法人日本マーケティング協会によると、マーケティングは次のように定義されています。

 

”マーケティングとは、企業および他の組織1)がグローバルな視野2)に立ち、顧客3)との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動4)である。

 

日本マーケティング協会 1990年

  1. 教育・医療・行政などの機関、団体などを含む。
  2. 国内外の社会、文化、自然環境の重視。
  3. 一般消費者、取引先、関係する機関・個人、および地域住民を含む。
  4. 組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動をいう。”

出典:公益社団法人日本マーケティング協会

 

マーケティングは、企業が持続的活動を行うために必要不可欠なものです。顧客や社会にとって価値ある商品を開発し、適正な取引によって市場に提供するまでの一連のプロセスを「マーケティング」と呼んでいます。

 

マーケティングの過程は、実に広く捉えられます。「市場分析」から「広告宣伝」「商品販売」「販売後の顧客サポート」など、一連の購買プロセスを指すのがマーケティングです。

 

商品を売るだけがマーケティングではなく、市場分析から購買後の顧客サポートまで、マーケティングは非常に広い領域を対象としています。そのためマーケティングと追求することは、企業の至上命題ともいえます。

 

マーケティングの重要性

 

企業が存続し売上を上げていくためには、マーケティングは欠かせません。さまざまな製品やサービスが存在する今では、自社を選んでもらうための施策が必要となります。

 

自社を選んでもらうためには、自社だけが提供できる顧客への価値を明確化し、正しいアプローチをするという、マーケティングが重要となります。

 

また、インターネットやスマートフォンの普及により、顧客の消費行動が変化してきているため、より一層顧客や時代に合わせたマーケティングが必要となってきています。

 

マーケティングと言ってもさまざまな手法がありますが、自社の製品やサービスをターゲットとする顧客に届け利益を伸ばすためには、複数の観点から分析を行い課題を改善していくことが大切です。

 

なぜマーケティングが必要なのか?

 

「企業にはマーケティングが不可欠」ということは、あなたもよく聞くでしょう。それでは、なぜ企業にマーケティングが必要なのでしょうか?その理由について3つ紹介します。

 

商品が良くても売れなければ意味がない

 

どれだけ自社で優れた商品を開発したとしても、それがお客様に売れなければ意味はありません。なぜなら「自社が提供できる価値」と「顧客が求める価値」が合致しなければ、商品を販売しても売れないからです。

 

たとえばとある会社が「20代向けに、動画配信サービスの視聴やゲームもできる家庭用固定電話」を開発したとしましょう。この優れた機能を搭載する家庭用固定電話が、20代に売れると思いますか?正解はNOです。

 

総務省の「令和2年通信利用動向調査」によると、20代のうち固定電話を利用しているのは8.1%しかいません。それに固定電話に「動画配信サービス」や「ゲームができる機能」がついていても、スマホに代替されるのが想像に難くないでしょう。

 

上記は極端な例でしたが、顧客のニーズを把握しそれに応える商品でなければ、いくら機能が優れていても宝の持ち腐れです。そこで顧客のニーズを把握するために重要なのは「マーケティング」なのです。

 

消費者の細かなニーズの把握が不可欠

 

さきほど「顧客のニーズを把握することが重要」と紹介しました。一方でモノやサービスが溢れる現代社会では、ただニーズを把握するだけでは消費者を満足させられないことがあります。そこで、より細かな消費者のニーズを把握するのに大切なのがマーケティングです。

 

マーケティング戦略には「外部環境分析」と「ターゲティング」というプロセスがあります。外部環境分析には「顧客分析」という手法があり、3C分析とも呼ばれます。

 

3C分析では「Customer(顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」の3つを分析することで、自社から見た競争環境を分析できます。そうすることで、自社の強みを活かしながら、顧客のニーズに合わせた商品を販売することが可能になるのです。

 

また「ターゲティング」によって、さらに市場を細分化したあと、ターゲットを絞って商品を販売します。具体的な顧客層を明らかにすることで、細かなニーズを自社製品でくみ取れるようになり、自社の強みを存分に活かせるようになります。

 

このようにモノ・サービスが溢れる現代社会において、今後は顧客のより細かなニーズをくみ取る必要があり、そこで役に立つのがマーケティングなのです。

 

顧客満足度を上げないと衰退するのみ

 

マーケティングの目標は、継続的に商品を購入してもらい、顧客や社会に価値を提供し続けることにあります。継続的に商品を購入してもらうために欠かせないのが「顧客満足度の把握」です。

 

マーケティングでは、顧客満足度の向上を重視しています。顧客満足度を上げると、口コミや人づての評価などが上がり、リピーターが増えることになります。リピーターが増えれば、客単価も上げやすくなるのです。

 

逆にマーケティングで顧客満足度向上に努めず、ただ商品を販売するだけでは、競争社会に敗れる可能性が高くなります。常にお客様に価値ある商品を届けるためにも、顧客満足度の向上は不可欠となります。

 

企業がマーケティングを行うメリット

 

今の時代、ビジネスを行う上でマーケティングを行う上で必須となっていますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、企業がマーケティングを行う3つのメリットについて解説していきます。

 

メリット1: 価格戦略に依存しない

 

どの企業も同じ価値の商品やサービスを提供してしまうと、価格でしか差別化ができなくなり価格戦略に頼ることになってしまいます。

 

しかし、マーケティング活動を行い、自社の商品やサービスの価値を明確にすることで価格戦略に依存する必要がなくなります。

 

マーケティング活動を正しく行い、顧客にとっての価値み提示することができれば、消費者は価格に納得します。価格戦略に依存しないことで、市場での優位性を確立することができるようになります。

 

メリット2: 潜在顧客にリーチできる

 

マーケティングを行う際には、さまざまな観点から分析を行うため今まで気づくことのできなかった潜在的なターゲット層を発見することができます。

 

企業が売上を上げるためには、顕在層である既存のターゲットだけではなく、新規のターゲットを獲得していく必要があります。

また、競合他社よりも先にマーケティング活動を行うことで、見込み顧客と早期に接点を持つことも可能になります。顧客との接点を多く持つことでより効果的なマーケティング活動を行うことができるのです。

 

メリット3: コスト削減につながる

 

マーケティングとは、売れる仕組みを作ることです。マーケティング活動を通して売上獲得を仕組み化することができれば、プロモーションコストを削減することができます。

 

定量的に数値を計測できるため、効果測定や利益率などを検証しマーケティングの見える化を行うことができます。

 

この見える化を行うことで、自社の課題となる部分を洗い出すことができ、適切に優先順位をつけることができるようになるため、コストを効果的に使えるようなります。

 

企業がマーケティングを行うデメリット

 

マーケティングはビジネスに欠かせないものとなりますが、デメリットもあります。マーケティング活動を実施する際には、デメリットも理解しておくことが重要です。

 

ここでは、企業がマーケティングを行うデメリットについて解説していきます。

 

デメリット1: マーケティングの知識が必要となる

 

マーケティングには、ある程度の知識が必要となります。また、さまざまな手法があるため利用するチャネルで必要となる知識が異なります。

 

たとえば、SNSマーケティングとWebマーケティングではそれぞれSNSと検索エンジンを使用しますが、アルゴリズムが異なるため必要となる知識や対策も異なります。

 

このように、使用するチャネルの仕組みや使い方を理解していなければ、効果的なマーケティングを行うことができません。

 

そのため、企業がマーケティング活動を行う際にはマーケティングの知識を持って実施することが重要です。

 

デメリット2: 常にトレンドを把握する必要がある

 

時代の変化に伴い顧客の消費行動も変わるため、マーケティング手法も同時に変化していきます。特にインターネットの普及や5Gの到来など技術的な進化が激しい今では、次々と新しいマーケティング手法が提唱されてきています。

 

そのため、これまでのマーケティング手法を行っていると顧客の消費行動とのミスマッチがおき、効果を出すことができません。

 

マーケティング活動を行う際には、最新のマーケティング情報を把握し、その時代にあったマーケティング活動を行うことが重要です。

 

マーケティングの主な内容

 

続いて、マーケティングの具体的な内容について見てみましょう。

 

商品の企画・開発

 

商品の企画や開発も、マーケティング活動の一環です。ただしマーケティングでいう「商品の企画・開発」は、俯瞰的に物事を見ます。

 

市場調査によって自社の強みとお客様が期待する価値をすり合わせ、また競合他社にはない強みを打ち出すことがポイントです。また具体的な顧客層を設定し、細かなニーズをくみ取れる商品の企画・開発も、マーケティングでは重要になります。

 

「誰に、何を提供するのか」マーケティング活動ではこの点を意識し「お客様が求める商品を、最適な形で届ける」ことを意識して、商品の企画・開発にあたります。

 

広告宣伝

 

広告宣伝活動も、マーケティングの一種です。メディアを通じて、商品や自社を宣伝していく活動を「広告宣伝」といいます。マーケティングには、企業や商品・サービスを販売するために用いるフレームワーク「4P」があります。

 

4Pとは「Product(商品戦略)」「Price(価格戦略)」「Place(流通戦略)」「Promotion(販促戦略)」のことです。このうちの「Promotion(販促戦略)」が、広告宣伝にあたります。

 

広告宣伝に用いるメディアは、テレビやラジオなどの「マス広告」のほか、リスティング広告やリターゲティング広告のような「インターネット広告」などもあります。自社製品の特徴と広告の特性を知り、最適な広告を選んでアピールすることが重要です。

 

市場分析

 

自社製品を継続的に購入してもらうには、市場を分析することは非常に大切です。市場分析にはさまざまな方法があります。代表的な分析手法について、次のとおり紹介します。

 

3C分析「顧客(Consumer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の3つを分析し、自社の経営環境について分析する手法。
PEST分析「政治的要因(Politics)」「経済的要因(Economics)」「社会的要因(Society)」「技術的要因(Technology)」の4つから、市場を大きく分析する手法。
5フォース分析「競争業者」「新規参入業者」「代替品」「売り手」「買い手」の5つから、外部要因が自社にとってどれほど脅威になるのか分析する手法。

 

これらの分析する手法を用いて自社が戦う環境を知り、ニーズがある顧客に対して、最適な形で商品を届けるのが市場分析の役割です。

 

効果測定

 

マーケティングでは、ただ商品を売るだけでなく、施策の過程や販売後の効果測定も欠かせません。効果を測定するには、KGI(重要目標達成指標)やKPI(重要業績評価指標)などを設定し、定期的に振り返ることが大切です。

 

効果測定によってPDCAサイクルを作り、最適な形で商品を販売できるように改善を繰り返します。こうして時代の流れに合わせながら、継続的に顧客のニーズに応え続けることが可能になるのです。

 

 

 

Webからの集客を伸ばすにはWebマーケティングが必須

 

一口にマーケティングといっても、その種類は多岐に渡ります。現代社会に合ったマーケティング手法といえば、インターネットを主戦場にした「Webマーケティング」です。

 

Webマーケティングとは?

 

Webマーケティングとは、Webを中心に商品・サービスを宣伝し、成約までつなげるマーケティング手法です。自社サイトやオンラインショッピングなどを通じて、顧客に購買してもらうようにアクションを促していくのがWebマーケティングです。

 

マーケティングとは広義でオンラインに限った話ではありません。そのなかでもWebに特化して購買プロセスに注目したものをWebマーケティングと呼んでいます。

 

関連記事: Webマーケティングの始め方から活用すべきツールまでを解説

 

Webマーケティングの具体的手法

 

Webマーケティングの具体的な手法として「SEO対策」「Web広告」「SNS運用」の3つがあります。

 

SEO対策

 

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、検索エンジン最適化とも呼ばれます。SEOへの対策を考えることから、造語で「SEO対策」とも呼ばれます(実際には正しい呼び方ではありません)。

 

インターネットの検索から自社サイトへの流入を増やし、商品・サービスの成約までつなげるマーケティング手法です。

 

GoogleやYahoo!などでキーワードを入力して検索すると、検索結果にはサイトが一覧で表示されます。検索ユーザーは基本的に検索結果の上からサイトを閲覧するため、検索上位に表示されるほど、サイトの閲覧数は増えることになります。

 

つまりブランド認知や商品・サービスの宣伝機会が増え、自社製品の販売につなげることが可能です。この検索結果の上位に表示するために、コンテンツを制作したり、評価されやすいように内部を調整したりするのがSEOです。

 

関連記事: SEO対策で重要視されるE-A-Tとは!?評価基準やEATの対策方法を徹底解説

 

Web広告

 

インターネット上に表示される広告を「Web広告」といいます。Web広告はよく、SEO対策と対をなして考えられることがあります。

 

SEO対策は検索上位に表示されれば大きな集客効果を見込めるメリットがあるものの、成果を得られるまでに時間とコストがかかるのがデメリットです。そこですぐに商品・サービスの購入までつなげるためにWeb広告が活躍します。

 

一口にWeb広告といっても、その種類は多岐にわたります。そこで代表的なWeb広告について見てみましょう。

 

<Web広告の一覧>

リスティング広告リスティング広告は、GoogleやYahoo!で特定のキーワードを検索したときに、検索結果の一番上に表示される広告。1クリック=〇円の広告費を支払って掲載する広告で、広告単価はキーワードによって異なる。
ディスプレイ広告アプリやWebサイト上に表示される広告
アフィリエイト広告成果報酬型の広告。そのメディアから商品・サービスの購入があると、紹介したサイトやブログ運営者などにも報酬が入る仲介代理サービス。

 

インターネットユーザーに対して、上記のようなWeb広告を使い分けて広告を打つことが不可欠です。

 

SNS運用

 

SNS運用とは、企業アカウントでコンテンツを投稿したり、キャンペーン情報を売ったりして販路を拡大していく方法です。現代ではSNSを利用するユーザーが増えており、商品・サービスを購入する際に参考する消費者も増加しています。

 

企業で運営する代表的なSNSは、次のとおりです。

 

Twitter日々のつぶやきを140文字以内で投稿できるSNS。「リツイート」と呼ばれる機能で、他ユーザーの投稿を自アカウントで再び投稿しなおせる機能で拡散性が高い。
Instagram画像や動画の投稿に特化したSNS。目で見て訴えかけやすいコンテンツを投稿に向いている。
YouTube世界最大の動画プラットフォーム。動画を自由に投稿できるので、製品のPR動画や、コンテンツを通じて企業を認知してもらうのに向いている。
LINE企業用の「LINE公式アカウント」で、キャンペーン情報やコンテンツを提供できる。圧倒的な国内ユーザー数の多さで、あらゆる顧客層にアプローチできるのがメリット。また開封率の高さも魅力。
Facebookビジネス属性の強いSNS。企業アカウント「Facebookページ」として登録することで、キャンペーン情報やコンテンツ配信に向いている。企業としての信頼を高めやすいのがFacebookの魅力。

 

SNS自体は、基本的に無料で利用できるものが大半です。SNSでフォローを獲得できれば、販促効果もかなり大きくなります。フォロワーは企業にとって大切な資産となるので、現代の企業にはもはや必須なツールでしょう。

 

ただしSNSで広告を打つ際は、当然広告費が発生します。SNS広告は特定のターゲットにピンポイントにリーチできるので、広告の反応率の悪さに頭を悩ませている企業は、検討するのもおすすめです。

 

関連記事: SNSマーケティングの特徴とは?メリット・デメリットや手法を解説

 

企業が行うべき今注目のマーケティング5選

 

これまでのマーケティングとは異なり、現代ではネットを活用したマーケティングが注目を集めています。インターネットの普及により、これらのネットを活用したマーケティング手法を活用することが重要です。

 

ここでは、企業が行うべき今注目のマーケティングを5つ解説していきます。

 

1: コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを発信して集客を行うマーケティング手法です。ユーザーが知りたいと思う情報を継続的にコンテンツにして、顧客として定着させます。

 

コンテンツマーケティングのメリットは、発信したコンテンツが資産として残るため、広告費を抑えながら継続的に集客を行うことができるという点にあります。一方、潜在層にアプローチできる一方で、すぐに成果に繋がらないというデメリットもあります。

 

ユーザーにとって価値のあるコンテンツでなければ、継続的に発信していても成果に繋げられないため、コンテンツ作成は工夫をすることが重要です。

 

関連記事: コンテンツマーケティングとは?意味から実践方法を4ステップで紹介

 

2: SNSマーケティング

 

SNSマーケティングは拡散性が高く、双方向のコミュニケーションを図ることができるという特徴があります。主に若年層の利用が多く、カジュアルに投稿できるためユーザーにとっても親しみやすいアプローチをすることができます。

 

SNSマーケティングの中でも、影響力をもつインフルエンサーと呼ばれる個人に協力してもらい自社商品やサービスを紹介してもらうというインフルエンサーマーケティングという手法もあります。

 

しかし、拡散性が高い分炎上のリスクがあるというデメリットもあるため、発信する内容には注意しながら運用していくことが重要です。

 

関連記事: SNSマーケティングの特徴とは?メリット・デメリットや手法を解説

 

3: 動画マーケティング

 

動画マーケティングは、テキストや静止画でのコンテンツ作成に比べ、動画ではより商品やサービスの魅力やリアルな情報を伝えることができるという特徴があります。

 

動画マーケティングで代表的なのが、YouTubeの活用です。スマートフォンの普及や5Gの到来により、最近ではテレビよりもYouTubeを見るという人も増えているほど、動画コンテンツがより身近なものになっています。

 

多くの企業が動画を活用しているだけではなく個人でも簡単に動画をあげられるため、クオリティの低い動画は効果が出にくいというデメリットもあります。

 

そのため、数ある動画コンテンツの中から視聴してもらうためには、クオリティの高いコンテンツを作成する必要があり、手間とコストがかかることを理解しておくことが重要です。

 

関連記事: 【2021年】SEOの最新トレンド!! 動画SEO(VSEO)の効果や注意点を紹介

 

4: O2Oマーケティング

 

O2Oマーケティングとは、Online To Offlineの略称でオンラインからオフラインへと誘導するマーケティング手法です。

 

特にコロナ禍では実店舗への集客が難しく、オンラインを活用した実店舗の誘導は必要不可欠となりました。

 

また、オンラインからオフラインだけではなく、オフラインからオンラインという手法もあります。実店舗を訪れたユーザーに対し、ECサイトに誘導させるなどチャネルを行き来させることで、より集客を強化できるようになるのです。

 

5: OMOマーケティング

 

OMOマーケティングとは、Online Merges (with) Offlineの略称でオンラインとオフラインを融合させたマーケティング手法です。

 

O2Oマーケティングがオフラインとオンライン間の送客だったのに対し、OMOマーケティングではオフラインとオンラインの区別をつけずに一体化します。

 

OMOマーケティングでは、モバイル端末で決済も含めた購入までの一連のステップを完結させられるため、ユーザーの利便性を高めることができるというメリットがあります。

 

新型コロナウイルスの影響で、非接触型の体験を提供することの重要性が高まってきているため、OMOマーケティングは今後より注目の集まるマーケティング手法と言えるでしょう。

 

企業がマーケティングを成功させるためのポイント

 

企業がマーケティングを成功させるためには、次の3つのポイントを抑えて行うことが重要です。

 

マーケティングは幅広く多くの知識を必要としますが、どのようなマーケティング活動においても、これから解説するポイントを理解して行うようにしましょう。

 

ポイント1: 自社の強みを活かす

 

マーケティングでは、自社の強みを活かして競合他社との差別化を行うことが重要です。

 

他社との差別化ポイントがなければ、自社の商品やサービスを選んでもらえません。そのため、マーケティングではさまざまな観点から自社の強みを分析し、それを活かす必要があります。

 

市場での戦い方やターゲットへのアプローチ方法も、自社の強みを明確にすることでより効果的に行うことができます。

 

自社の取り巻く環境や自社商品やサービスの特色を分析し、自社の強みを活かしたマーケティングを行うようにしましょう。

 

ポイント2: ターゲットを明確にする

 

どのような人に自社の商品やサービスを売りたいのかというターゲットを明確にすることも重要です。顧客ニーズは顧客によって異なるため、すべての人にささる商品やサービスは多くはありません。

 

そのため、すべての人をターゲットにしてマーケティングを行ってもコストだけかかってしまい、マーケティング効果を発揮することができません。

 

マーケティングを行う際には、自社商品やサービスの価値を最大限に提供できるユーザー層をターゲットにすることが重要です。

 

市場での自社の立ち位置や自社を取り巻く外部環境・内部環境を分析し、ターゲットを明確にした上でマーケティング活動を行いましょう。

 

関連記事: ペルソナとは?マーケティングに必要な理由と設定方法

 

ポイント3: PDCAサイクルを回す

 

マーケティングは、一度実施して終わりというものではありません。データ分析→課題発見→施策実行→検証といった流れで、PDCAを回す事が重要です。

 

特にインターネットを活用したマーケティングでは、さまざまなデータを収集することができるため、うまく活用して分析を行う必要があります。

 

自社を取り巻く環境は時代とともに変化するため、課題や改善点は常にあります。分析した結果を元に自社の課題を発見し、課題解決のための施策を実行して改善を繰り返していくことが大切です。

 

そのため、マーケティングは長期的に取り組んでいくことが大切です。

 

マーケティングは企業全体で行うことが重要

 

マーケティングを実施する際には知識が必要となるため、マーケティング部門が行うものだと認識している人が多いですが、そうではありません。

マーケティングでは、あらゆる観点やチャネルからアプローチや分析をして、自社の内部及び外部を最適化していきます。そのため、企業全体でマーケティングを理解し実施していくことが重要です。

自社の商品やサービスを提供しているのはマーケティング部署だけではなく、企業全体です。そのため、マーケティング活動も企業全体で行う必要があるのです。

マーケティングの本質である顧客に対して価値を提供することは、企業全体で取り組むべきこととなるため、他部署でもある程度マーケティングの知識を身に着け、部署間で連携しながら分析及び実行を行うと良いでしょう。

 

マーケティングに関する記事

さいごに、マーケティングをもっと勉強したい、知りたい方向けにマーケティング関連記事をご紹介します。

 

抑えておきたいマーケティングの基礎の記事

 

マーケティングリサーチとデータについての記事

 

マーケティング戦略と事例についての記事

 

まとめ

SEOコンサルタントモノ・サービスが溢れる現代において、細かな顧客のニーズをくみ取るためのマーケティングは、現代に必須の考え方です。マーケティングを理解することで、一連の購買プロセスを研究し、継続的に顧客に商品を購入してもらうことを目標にします。マーケティングへの理解は企業の至上命題です。マーケティングへの理解を怠らず、常に市場分析や広告宣伝などは行うようにしましょう。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事