コンテンツSEOとは

コンテンツSEOは良質な記事を作り続けることで検索順位を上げ、集客できるという点からブランディングの向上にも寄与し、注目されている手法です。

現在のGoogleアルゴリズムは、「良質なコンテンツを持つサイトを上位表⽰させることが、ユーザーの満⾜度に繋がる」という方針のもと日々、アルゴリズムをアップデートしています。

SEO業界も2012年頃から外部施策だけでは上位化が困難になり、狙ったユーザーに価値のあるコンテンツをサイト内に追加し、上位化させるコンテンツマーケティングへと変化してきております。

 

SEOコンサルタントここでは、コンテンツSEOとコンテンツマーケティングについて解説していきます。

 

コンテンツSEOとは

 

まずは、コンテンツSEOとは何かを押さえておきましょう。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOサイト内部にSEOに効果的で良質なコンテンツを増やし、同時に検索エンジンに最適化していく。これによりユーザーへの有益性が高まるだけではなく、検索順位の向上にも効果があるサイトにすることができる。
コンテンツマーケティングの一種。

 

きちんとコンテンツSEOに取り組んでいれば、どんなにアルゴリズムが変わったとしても、手元に“良質なコンテンツ”という財産が残ります。

 

Googleはコンテンツの質が良いページを順位付けの評価対象としていますから、良質なコンテンツさえあれば、アルゴリズムの変容に対応していくことは可能です。また良質なコンテンツを継続的に作成していくことにより、検索エンジンの順位も安定して上位表示されやすくなるはずです。

 

こういった理由から現在では

コンテンツSEOは、SEO対策の王道

ともいわれています。

 

ユーザーに役に立つコンテンツを作ることこそが、最後に勝つSEO対策なのです。

 

コンテンツSEOはSEO対策の1つであり、一言で表せば

「良い記事を作って集客する」手法です。

SEO対策にはテクニカルな対策や外部リンクを集めることも重要ですが、何よりも大事なことはユーザーの役に立つ記事を配信することです。

 

コンテンツマーケティングとは

 

コンテンツマーケティングとは何かについても理解を深めましょう。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティング“ユーザーにとって価値があるコンテンツ”を提供し続けることにより収益につなげるというマーケティング戦略。既にアメリカ等ではほとんどの企業にこのマーケティング戦略が浸透しているともいわれている。

 

WEBサイトであればテキスト・画像・動画など全てがコンテンツであり、それにはブログやソーシャルメディアも含まれます。

コンテンツマーケティングというのは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作って伝達することにフォーカスした
戦略的なマーケティングの考え方のことをさしているのです。

 

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOはよく混同されがちであり、同じ意味だと勘違いされやすい言葉でもあります。ですがこの2つの言葉の意味は違います。

コンテンツSEOは、あくまで
コンテンツマーケティング戦略の中の1つの手法にすぎないのです。

どちらもユーザーに有益な情報は発信して集客することは同じですが、コンテンツSEOはサイト内の記事の検索順位を改善することで集客することに対して、コンテンツマーケティングは広告やSNSなどサイト内の記事に限らない集客です。そのため、コンテンツマーケティングの中にコンテンツSEOがあるという位置づけです。

またコンテンツマーケティングとコンテンツSEOは見込客の認知を獲得した後の対応という観点でも異なります。

コンテンツマーケティングでは見込客がコンテンツと接触する度に徐々に購買プロセスに進みますが、
コンテンツSEOではそれぞれの見込客(検索キーワード)に別々のコンテンツを用意し待つ形です。

 

コンテンツマーケティング

認知を獲得した後は、
資料ダウンロードやeメールでの情報提供など、
見込客自身に学習してもらうコンテンツを用意し収益へ繋げる。

コンテンツSEO

上位表示していくために、
キーワードへと最適化したWEBサイトおよび
ユーザーにとって良質なコンテンツを作っていくことをいう。

 

 

コンテンツSEO成功のポイント

 

Googleは、ユーザーにとって良質で有益なサイトを高く評価します。良質で有益なコンテンツを作ることがメインの「コンテンツSEO」では、その視点から考えつつ行うことが必要です。

ここではコンテンツSEOを行う上での大事なポイントを5個にまとめましたので、参考にしていただければと思います。

コンテンツ作りは、頑張れば頑張った分だけ財産となるはずです。

 

役立つ情報かどうか?

 

ユーザーがあるキーワードを検索して1番上に来るサイトが一番欲しい情報をユーザーに届けられなくては、ユーザーはGoogleを使わなくなってしまいます。

Googleは「すぐにほしい情報が手に入る検索エンジン」でありたいのです。検索結果表示の根本にはユーザー評価があります。よって、ユーザーが「本当に欲しい」と思う、価値のある情報を公開しましょう。

現場でしかわからない生の声を取材したり、『お客様の声』『体験談』『よくある質問(Q&A)』などはコンテンツSEOではよく使われる企画です。

 

オリジナルコンテンツを作成

 

例え役に立つ情報でも、他サイトのリライトやコピーサイトとみなされるサイトは重複ページとしてペナルティの要因になります。あくまでもオリジナルのそのサイトでしか入手できない情報のコンテンツが望ましいのです。

GoogleはパンダアップデートのアルゴリズムによりそういったWEBサイトを取り締まっています。オリジナリティのあるサイトが他社との差別化にもなります。

 

「1ページ」に「1キーワード+1000文字×3記事」

 

各ページごとに1つのキーワードを割り振り、「このページは、このキーワードで上位表示を目指そう」と決めましょう。「TOPページはビッグワードで上位を狙い、2階層目3階層目は複合ワードで狙う」といった戦略も有効です。

各ページはそれぞれ別のキーワード1つずつで統一し文章を書きます。1つのキーワードを内包した文章を最低1000文字は書きましょう。「1記事あたり1000文字×3記事」を、各々のキーワードで各ページに書ければ理想です。

 

WEBライティングを勉強し文章を構成

 

文章のライティングも勉強して技術を学べばある程度向上します。例えば、ロジカルに「総論、各論、結論」の骨子を作ってから書いたり、主語・述語に気を付けて書いたり、修飾語・被修飾語を分かりやすく書いたり、句読点の使い方に気を付けたり……そういった基礎的なことだけでもかなり違ってきます。

文章のキャッチコピーも大事です。惹きつけられるキャッチコピーはそれだけでサイト流入を増やすこともあります。キャッチの長さも統一したほうがいいでしょう。

大手メディアのキャッチはだいたい13文字で作られています。さらにターゲットを決めてライティングしたり、ロジカルに書いたりエモーショナルライティングにしたりなどのテクニックもあります。コンテンツSEOを行っていく上でも、ライティングスキルは磨いておいた方がいいでしょう。

 

検索上位のSEO業者のサイトを参考に

 

コンテンツSEOのやり方として、手っ取り早いのはSEO業者のサイトの記事アップ方法・記事作成方法を参考にすることです。 検索エンジンにて「SEO対策」と検索してみてください。多くのSEO業者がこのビッグワードでしのぎを削って順位争いをしています。中でも上位表示サイトをよく見て研究してください。

上位サイトがほとんど同じ作りになっていて、思わずツッコんでしまうかもしれません。基本はキャッチ+写真+文章の構成で長文ページで作成されているはずです。

WEBサイトをワードプレス化してカスタム投稿タイプ&カスタムタクソノミー でカテゴリーごとの記事を追加していけば、各テーマ・各カテゴリごとに記事を増やしていけますので、コンテンツSEOにおいてはワードプレス化したサイトは適しているといえます。

 

コンテンツSEOの具体的なやり方

 

コンテンツSEOの具体的なやり方

コンテンツSEOを行う場合にはSEO対策会社やSEOに知見のある人間に確認するのが良いのですが、最低限でも次のようなことは行わなければ成功は難しいでしょう。

 

キーワードを選ぶ

 

まずはサイトでどのキーワードを狙うのかを決める必要があります。
基本的にコンテンツSEOでは1ページにつき1キーワードを狙っていきますのでキーワードマッピングがうまくいかないと後々で大幅な改修をする必要が出てきてしまいます。

想定で狙っていくビッグワードを決めたら、その周辺のミドルワードやスモールワード、関連語をラッコキーワードやLSIGraphなどを使って調べられます。

また、競合サイトが狙っているキーワードも調査する必要がありますのでScreaming Frog SEO SpiderやWebsite Explorerを使って解析しておくとよいでしょう。

SEO対策をする上でビッグワード、ミドルワード、スモールワードという言葉が出てきますが、これはそれぞれのワードをどのページで集客していくかロングテールSEOという点でコンテンツSEOでは重要な考え方です。

>>ロングテールSEOはこちら

そして、ミドルワードやスモールワードの対策をし続けることでサイト全体の評価も高くなり、結果的にビッグワードで上位表示をすることもできるようになります。

 

検索意図を考えてタイトルを決める

 

キーワードマッピングが終わったら、記事のタイトルを決めます。タイトルにはキーワードを含めるのは当然ですが、最重要なのは検索意図を考慮することです。

検索ユーザーはタイトルとdescriptionを見て自分にとって必要な情報なのかどうかを判断します。つまり、タイトルを見て自分に関係がないと思われたらクリックされることはありません。

ただし、検索意図だけを考えてタイトルをつけると検索上位と同じようなタイトルになりがちです。海外の最新調査ではタイトルに感情を表現することで良い結果が出ることが分かっていますので分野によっては検討してみてもよいでしょう。

 

網羅性・独自性を意識する

 

良いコンテンツを作る場合には網羅性と独自性を意識して作る必要があります。

網羅性とは狙ってるキーワードに関連する内容をどこまで広く書いているかです。基本的にはGoogleは長い記事の方が網羅性が高く、良い記事だと判断する傾向がありますので可能な限り広く情報を発信する必要があります。

ただし、関連内容を詰め込み過ぎると他の記事との内容が被ってきたり、ユーザーニーズを無視した記事になってしまうことがありますので注意が必要です。

独自性(オリジナリティ)は記事に必ず必要な要素です。単に上位表示されている競合の記事を見て真似ても独自性は全くない記事となりますので検索エンジンには評価されません。

それよりも自社でしか持っていないデータや自分たちの記事でしか書いていない内容があることで検索エンジンからの評価は高まり、検索順位も向上します。

 

E-A-Tを確保する

 

E-A-TはExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとった造語です。Googleはどんな内容の記事かも重要視しますが、それよりも誰が書いたのかをより高く評価する傾向にあります。

そのため、その分野の専門家に書いてもらったり監修してもらうことで専門性や権威性が高まり、サイトそのものの信頼性も高めることができます。

ただし、ジャンルによってはE-A-Tにかかわらないこともありますので必ず事前調査はしましょう。

 

独自画像を使う

 

独自性を高めることはテキストだけではありません。記事を読んでいてところどころにわかりやすい画像を載せることは重要なSEO対策です。

その際にフリー画像を使うのではなく、多少面倒であっても自社で作った独自画像を使うことをおすすめします。フリー画像を載せてもSEO効果は薄いですが独自画像を使うことでSEO効果が望めます。

ユーザーファーストを心掛けていれば記事の理解のためにどのような画像があればよいかは自然と出てくるはずです。

 

内部リンクをつける

 

SEOで上位表示をするためには外部リンクは重要ですが、内部リンクも非常に重要です。

特に見られたい記事があるのであれば積極的に内部リンクを構築し、リンクを集中するようにしましょう。

良い記事を作ったとしても内部リンクがついていない記事は評価されにくく、反対にリンクを集めることで評価されやすくなるという傾向があります。

 

ユーザーの意図はキーワードにあり

 

ユーザーの意図に沿ったコンテンツを作成するには、その“意図”を想定する判断材料が必要になります。そこで、その入手方法をご紹介します。無料で利用できるツールとして、Google広告(旧:AdWord)の「キーワードプランナー」がおすすめです。

こちらで、「新しいキーワードの検索」や「キーワードの予測と過去の指標を取得」等が可能です。

 

新しいキーワード検索の手順は以下の通りです。

まずは、Googleにログイン。次に「Google広告」にログインし、右上のツールアイコンをクリック、「プランニング」で「キーワードプランナー」をクリック。そして、「新しいキーワードを見つける」検索ボックスに次のいずれかを入力します。“宣伝する商品やサービスに関連する語句”もしくは“ビジネスに関係するウェブページまたはウェブサイトの URL”などが一般的でしょう。

 

続いて、「開始する」をクリックします。すると、いろいろな情報が入手できます。

具体的には、“キーワード”、“平均月間検索数”、“入札単価”、“競合性”等。また、期間別に“キーワード候補の検索数データ”。更に、“検索数の傾向”、“プラットフォーム”、“地域別に視覚化”。必要に応じて、“キーワード候補”のダウンロードも可能です。また、“地域別などの予測”も取得可能です。

>>キーワードプランナーの使い方はこちら

コンテンツSEOのメリット

 

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOには大きく3つのメリットがあります。

 

・企業のブランディングになる
・低コストで始められる
・コンテンツが資産になる

 

企業のブランディングになる

 

コンテンツSEOを進めるということは良質な記事を配信し続けるということです。

これは記事を見てもらったユーザーにとって有益な情報を伝えることができますので再訪問をしてもらうことができますし、特に面白かった記事や参考になる記事はSNSでの拡散や業界内での地位の向上を図ることができます。

広告では閲覧数を伸ばすことはできますがユーザーに有益な記事を発信というよりはユーザーに有益な商品の発信に近く、ブランディングをする上ではコンテンツSEOは非常に親和性の高い手法です。

 

低コストで始められる

 

WEBで集客する際にまず考えることは広告です。ディスプレイ広告やリスティング広告などが主流ですが、とにかく費用が掛かるというのが難点です。キーワードによっては1クリック1000円以上することもあり、商品が売れても利益は薄くなるケースもあります。

対してサイト内のコンテンツを拡充するという手法は非常に安くはじめることができます。記事を社内で作ることができれば外注コストが一切かかりませんし、記事を外注したとしても広告よりも安いことは間違いありません。

 

コンテンツが資産になる

 

サイト上の記事は作れば作るほどストックされていきますので自社の資産になります。広告はお金をかけた分しか効果がありませんが、コンテンツは1度作れば残り続けます。さらに配信を続けることでストックが増え、有益な情報が多いサイトを認知されれば流入はますます増えます。

 

コンテンツSEOのデメリット

 

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOは正しいサイト運営をするということですからデメリットというデメリットはありません。しかし、広告や手間を考えたときにコンテンツSEOが必ずしも正しくないことはありえます。

特に次の3つは考慮の上、コンテンツSEOに臨みましょう。

・効果が出るまでに時間がかかる
・定期的なリライトが必須
・社内の理解を得るのが難しい

 

効果が出るまでに時間がかかる

 

コンテンツSEOというよりもSEO対策全般にいえることですが、効果が出るまでに時間がかかります。しかも、どのくらいの時間がかかるかは非常に読みづらく、数か月で効果が出ることもあれば半年、1年やっても効果が目に見えないということもあります。

余談ですが、2015年頃にオウンドメディアがもてはやされて各企業でこぞってオウンドメディアを立ち上げたことがありましたが、2020年の現在ではオウンドメディアの撤退が相次いでいます。撤退理由は集客やコンバージョン数が伸びなかったからですが、そもそも効果が出るまでの期間や費用を読み間違えていた可能性が高いです。

ジャンルによっては年単位での施策を継続的に行ってはじめて効果が出るということもあり、適切なサイト設計、コンテンツ改善を繰り返し行い続けることでしかコンテンツSEOでの集客は成功しませんので始めるのであれば一定の覚悟は必要です。

 

定期的なリライトが必須

 

コンテンツSEOでは良質な記事を作ることが大前提です。そのため、記事の作成には力を入れるのは当然ですが、一定期間を過ぎたら記事のリライトを考えなければなりません。

それは作成当初には良い記事であっても時代と共に古くなったり、新しい手法が出てきたりするため、当時は良い記事であっても今はそこまで良くはない記事ということが往々にしてあるからです。

トレンドが変わることで検索順位が大きく変わるということもありますので定期的に見直す手間がかかります。ではどの程度の期間かといえばジャンルにもよるのですが半年に1度は記事内容が新しいか古いかは確認した方が良いでしょう。

そのためにはGRCなどの検索順位計測ツールで記事の現状を把握する必要があります。さらにはPtengineやミエルカヒートマップなどのヒートマップを利用してサイトのどこで離脱をしたのかを確認したり、AIアナリティクスのようなツールでどのキーワードで流入し、どのような経路でコンバージョンしたのかを追って改善することも必要です。

どこまでを社内で行うのか、どこからを社外に依頼するのかで費用や手間は大きく変わりますので継続改善をするのであれば予算や人員確保は必須です。

 

社内の理解を得るのが難しい

 

SEOで非常によくあるのは社内の理解を得ることが難しいことです。前述したとおり、SEOには時間がかかりますが、どのくらいの時間がかかってどの程度の集客ができるのかは開始当初では分かりません。

しかも効果が出なくても将来のためには継続をしなければなりませんのでコスト回収がいつになるのかわからない、施策が正しいのかわからない、予算の継続確保が難しいなどの難題があります。

特に2010年代前半にWEB集客をやっていた人は当時のSEO手法が今でも通じると思っている人もいますし、会社の上層部に行くほどその傾向が強くあるという話もあります。

SEO対策には時間がかかること、将来のためには継続して資金と人員が必要となることの理解が得られないとコンテンツSEOの成功は難しいでしょう。

 

オリジナリティのある定期的なコンテンツ追加には「サイト内ブログ」も有効

 

ブログ(Web Logの略称)の有効利用について。ブログといえば、以前は個人的な感想を綴る、と言ったイメージがありましたが、最近では、企業がブログを積極的に利用して、自社の持つオリジナリティある記事を載せているようです。まずは、汎用的な知識を得てもらうことで、自社の技術を理解してもらい、ゆくゆくは自社製品・サービスを、と言ったサイト内ブログを活用したSEO(検索エンジン最適化)は、プロモーションの一手段となるからでしょう。

では、SEO観点で有効なブログを立ち上げていくにはどうすればいいか?

簡単なWebページ作成・管理が可能な“WordPress”などのCMS(Contents Management System)と呼ばれるシステムを利用するといいでしょう。

最近では、手軽にWordPressをインストールできる“レンタルサーバー”などもあります。手の込んだデザインや機能面のカスタマイズをしたいということになれば、専門スタッフが自社にいなければ、専門制作会社に頼むという手もあります。

既にWebサイトがあれば、そのままの状態で、新たにブログ導入となれば、新規ドメイン、サブディレクトリ(またはサブドメイン)上にブログを公開することも可能です。サブディレクトリでブログを運営する場合、あるいはサブディレクトリで区切る場合、それぞれメリット、デメリットがあります。

ただし、Googleからは、どちらも同じドメインのページとして認識されます。

一方、新規ドメインとする場合は、Webサイトのドメイン(example.com) とはまったく関係ないドメインを新たに取得することになります(例:exampleblog.com)。ユーザー側からみると、ドメインが異なるため、別のWebサイトと認識される可能性があります。検索エンジンからも当然、新規のWebサイトとして扱われることから、SEOへの直接的な恩恵は少なくあまりおすすめできません。ですがケースによっては他の意味でメリットが生まれる可能性もあるでしょう。

 

いずれにしても、検討段階で考慮が必要です。

 

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事