WordPressの引っ越しにおすすめのAll-in-One WP Migrationの使い方を解説

all-in-one-wp-migration

All-in-One WP Migrationは、WordPressの引っ越し作業におすすめのプラグインです。データ移行作業はデータが消えてしまうこともあるため、慎重に行わなければいけませんがこのAll-in-One WP Migrationを活用することで、誰でも簡単にWordPressの引っ越し作業を行うことができます。

 

SEO上級コンサルタントそこで本記事では、All-in-One WP Migrationの使い方や注意点などを徹底解説していきます。

 

 

All-in-One WP Migrationとは?

 

All-in-One WP Migrationとは、WordPressの引っ越しに便利なプラグインです。データベースやファイルをいじったことのない人でも簡単に移行作業を行う事ができ、誰でもクリックひとつで移行作業ができるのが特徴です。

>>All-in-One WP Migrationプラグインがおすすめな理由を徹底解説

 

All-in-One WP Migrationには無料版と有料版があり、移行したいデータ容量によって使い分ける必要があります。

特徴無料版有料版
料金無料69ドル
バックアップサイズ512MB制限なし
サポート
ファイル除外
サーバーからのバックアップの復元
WP-CLI

>>All-in-One WP Migration公式ページ

 

WordPressの引っ越しを行う際は手順の理解が重要

 

WordPressの引っ越し作業を初めて行う人にもおすすめなAll-in-One WP Migrationですが、まずは引っ越しの手順を理解しておくことが重要です。

 

プラグインのインストール

 

まずは、WordPressにAll-in-One WP Migrationプラグインをインストールします。プラグインのインストールは、ダッシュボードの「プラグイン」から検索してインストールすることができます。

インストールが完了したら、有効化して完了です。

 

ここで注意しなければいけないのが、移行元のWordPressと移行先のWordPressの両方にインストールしておかなければいけないということです。片方にのみインストールしていても、データの移行を完了することができないため注意しておきましょう。

 

引越し元のデータエクスポート

 

プラグインのインストール及び有効化が完了したら、引越し元のWordPressからデータをエクスポートします。ダッシュボードに追加された「WordPressにAll-in-One WP Migration」からエクスポートを選択し、エクスポート先を「ファイル」にするだけです。

 

エクスポートするデータが無料版で対応できる512MBを超えている場合は、有料版にするもしくはこのあと説明する「高度のオプション」を使用して容量を小さくしておきましょう。

 

引越し先へのデータインポート

 

ファイルに保存されたエクスポートデータを、移行先のWordPressにインポートします。手順はエクスポートした際と同様で、ダッシュボードに追加された「WordPressにAll-in-One WP Migration」からインポートを選択し、インポート元を「ファイル」にするだけです。

 

無料版を利用している場合は、サーバー側で設定されている最大アップロードファイルサイズが反映されるため、PHP側の設定で512MBまで拡張する必要があります。

 

利用しているサーバーの管理画面にログインし、「PHP設定」から次のように上限値を変更します。

 

 

  • memory_limit → 512M
  • post_max_size → 512M
  • upload_max_filesize → 512M

 

データのアップロード

 

移行元のWordPressでデータ容量が512MBを超えていた場合は、データ容量の多いファイルは別に保存をして移行先でアップロードする必要があります。

 

画像等が格納されているメディアファイルは容量が大きくなりやすいので、FTPでPCにダウンロードするなどしてエクスポートするデータ容量を小さくしましょう。

 

FTPでダウンロードしたファイルは直接サーバーへアップロードする必要があるため、移行元のデータをダウンロードし、同じディレクトリへアップロードすれば完了です。

 

その後は、引越し先のデータインポートと同じ要領でFTPで保存したファイルをアップロードしてきます。

 

All-in-One WP Migration使用前の準備

 

All-in-One WP Migrationでの引っ越し作業はとてもシンプルで簡単ですが、使用前の準備をして置かなければ、上手くデータ移行ができないケースもあります。

 

ここでは、使用前にしておくべき準備について解説していきます。

 

WordPressのアップデート

 

All-in-One WP Migrationを使用する前には、必ずWordPressを最新版にアップデートしておきましょう。

 

All-in-One WP Migrationでデータをインポートする際には、データベース、メディア、プラグイン、テーマなどは上書きされますが、WordPress本体は上書きされないため移行先と移行元でバージョンに差異がありすぎるとトラブルが起きる可能性が高くなります。

 

また、WordPressを最新版にアップデートをする際には、念の為にバックアップを取った上でアップデートすることが重要です。

 

PHPのバージョン統一

 

WordPressを最新版にアップデートするのと同じように、PHPのバージョンも移行元と移行先とで統一しておく必要があります。

 

PHPのバージョンが異なると移行時にトラブルが起こる可能性があるので、事前にPHPのバージョンを確認し、異なる場合には統一するようにしましょう。

 

PHPのバージョン変更や確認は、利用しているサーバーの管理画面から行うことができます。

 

相性の悪いプラグインの無効化

 

All-in-One WP Migrationと相性のプラグインは、トラブルを避けるためにも無効化にしておきましょう。

 

相性が悪いとされているプラグインには、セキュリティプラグインである「WP SiteGuard」が挙げられます。WP SiteGuardを有効化にしたままAll-in-One WP Migrationでデータを移行すると、管理画面にアクセスできないという現象がおこる可能性があります。

 

WP SiteGuardをインストールしている人は事前に無効化しておき、データ移行が問題なく完了したら再度有効化に戻すようにしましょう。

 

 

All-in-One WP Migrationの使い方

 

ここまでは、All-in-One WP Migrationを使用したWordPressの引っ越し手順を解説してきましたが、ここからは具体的な使い方を解説していきます。

 

引越し元のデータエクスポート

 

ここでは引越し元のデータをエクスポートする際に便利な、2つの機能についてご紹介します。

 

高度なオプション

 

「高度なオプション」では、エクスポートファイルから除外するファイルを選択できます。無料版の場合は512MBが最大アップロード容量となるため、超える場合にはデータを小さくする必要があります。

 

データを小さくする際には、データ容量が大きいと思われるファイルを除外するようにしましょう。データ容量が大きくなりやすいものには、メディアライブラリやプラグインなどが挙げられます。

 

検索・置換

 

「検索・置換」機能は、WordPressのドメイン名やURLを変更する際にデータベース内の文字列を置き換えてくれる機能です。

 

エクスポートファイル作成時に、旧ドメイン名やURLに置き換えたい文字列を指定し、インポート時に変更されたファイルをアップロードすることができます。

 

この機能を使うことで、ドメイン名やURL変更時に発生するデータシリアライゼーションの問題を解決することができます。

 

 

引越し先へのデータインポート

 

引越し先へのデータインポートする際には、サーバー側で設定されている最大アップロードファイルサイズが反映されるため、それを超える場合にはアップロードサイズを変更する必要があります。

 

アップロードサイズの変更方法

 

最大アップロードファイルサイズの変更方法には、いくつかのやり方があります。ここでは、それぞれのやり方について解説していきます。

 

.htaccess を使って変更

 

.htaccessファイルは、Webサーバーの機能を規定する特別なルールを作成できる基本的な構成ファイルで、自動リダイレクトの設定やアクセスの禁止や制限を行うことができます。

 

普段あまり触ることのないファイルですが、「WP Htaccess Editor」というプラグインを使用することで手順を簡略化することができます。

 

プラグインをインストールし、Htaccessエディターに下記のコードを追記するだけで完了となります。

 

wp-config.phpファイルを更新する

 

wp-config.phpファイルとは、データベース接続情報などのサイトの基礎となる情報の詳細が含まれているファイルで、WordPressのインストールを行う上で重要となるファイルの一つです。

 

wp-config.phpファイルの編集は利用しているサーバーから行う必要があり、サーバーごとに手順が異なりますが、 php.ini へアクセスし下記のコードを追記するだけで完了です。

 

ホスティングプロバイダーに連絡する

 

ホスティングプロバイダーに連絡するという手段は時間がかかる上に、カスタマーサポートとのやり取りも煩雑となるため、このような方法もあるということを知っておく程度で良いでしょう。

 

もし有料のホスティングサービスを利用している場合には、容量UPだけでなくデータ移行自体も依頼できることもあるので、サービス内容を確認しておくことも大切です。

 

有料版を使用する

 

ファイルを編集するのに抵抗があるという方は、有料版を使用すると良いでしょう。有料版の場合は、最大アップロードファイルサイズの制限がないためデータが大きい場合でも安心です。

 

有料ではありますが一度払ってしまえば永久的に使用できるので、複数サイト管理している場合などにはおすすめです。

 

サイトや管理者の状況に合わせて、やりやすいと思った方法でアップロードサイスを変更することが重要です。

 

WordPressの引っ越し完了後の注意点

 

WordPressの引っ越しが無事に完了しても、引越し後に行わなければいけないことも複数あります。ここでは、WordPress引っ越し完了後の注意点をご紹介していきます。

 

パーマリンクの更新

 

パーマリンクとは、各ページに対して個別に設定しているリンクのことを指します。URLが変更された場合はエクスポートファイルを保存する際に、「検索・置換」機能でURLを置き換えることができますが、移行後にリンク切れが発生してしまうこともあります。

 

そのため、パーマリンクの更新をしておくことが重要です。

 

ダッシュボードの「設定」から「パーマリンク設定」を選択し、画面の最下部にある「変更を保存」をクリック更新を行いましょう。

 

無効化にしたプラグインの有効化

 

All-in-One WP Migrationを使用する前に無効化にしたプラグインは、引っ越し完了後には有効化に戻す必要があります。

 

今回ご紹介したAll-in-One WP Migrationと相性の悪いプラグインは「WP SiteGuard」でしたが、その他にも相性の悪いプラグインがある可能性があります。そのため、使用前に十分に調査を置こうことが重要です。

 

また、「WP SiteGuard」はセキュリティに関するプラグインのため、有効化のし忘れでかえってトラブルになることもあるので注意が必要です。

 

All-in-One WP Migrationの使用前に無効化にしたプラグインは、忘れずに有効化するようにしましょう。

 

メールアドレスやGoogle Analyticsの変更

 

サイトのドメインやURLを変更した際には、メールアドレスやGoogle Analyticsを移転先のドメインに変更する必要があります。

 

たとえば、.netから.comに移転すると、サイト内の本文やお問い合わせのメールアドレスの@直後のドメインも.comに変更されます。そのため、本文やお問い合わせフォームなどのメールアドレスを確認し、古いものになっている場合は正しいメールアドレスに変更しましょう。

また、Google Analyticsも同様にドメイン変更をする必要があります。正しいドメインで設定されていなければ、データを取得することができなくなるため引っ越し完了後にすぐに行うようにしましょう。

 

関連記事: Googleアナリティクスとは?導入手順・使い方・用語の意味まで

 

noindex・リダイレクト設定

 

移転元のドメインを廃止し移転先のドメインに恒久的に移転する場合は、移転元のドメインに対して引越し先にリダイレクトの設定を行いましょう。エラーページが表示されてしまうとサイトの評価に影響することになるため、しっかりと対応することが重要です。

 

リダイレクトの設定には、「.htaccessファイルを編集する方法」と「プラグインを使う方法」の2通りの方法があります。ファイルの編集は初心者には少し難易度が高くなるため、プラグインの使用がおすすめです。

 

存在しないページがある場合や、別ページにリダイレクトさせたいページが有る場合は事前に設定を行っておくことが重要です。

 

関連記事: リダイレクトについて

 

SEO上級コンサルタントまじめ【まとめ】WordPressの引っ越し作業は緊張感の伴うものですが、All-in-One WP Migrationプラグインを使うことで初心者でも簡単にデータ移行を行うことができます。しかし、プラグインを活用する際にも注意しなければいけないことはいくつかあります。そのため、事前にWordPressの引っ越し手順を理解することが重要です。今回ご紹介した使い方や注意点を抑えて、安心してWordPressの引っ越し作業を行うようにしましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

上級SEOコンサルタント

上級SEOコンサルタント 坂口 直樹

新潟大学大学院を卒業後、事業会社で10年働く間にSEOに出会う。自身でサイトを多数立ち上げ、実験と検証を繰り返しながらSEOを研究。お金に変えることを目的とはせず、ユーザーに何が有益かを問い続け改良を繰り返すうち、「インターネット上の真実ではない情報を正してユーザーのためになる情報を発信する」という天啓を得る。現在は東京SEOメーカーの上級SEOアドバイザーとしてアサイン。