【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドとは!? 概要やポイントを解説

検索エンジン最適化・スターターガイドとは

Googleが公式発表している検索エンジン最適化(SEO)スタータガイドは、検索エンジンに認識されやすいサイトを構築するためのガイドラインです。

 

 

SEOナビゲーターこの検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドに書かれてるポイントに沿ってSEOに取り組めば、Googleから評価されやすくなりより効果的なSEO対策を行う事ができます。本記事では、スターターガイドの概要やポイントについて解説します。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドとは!? 

 

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドとは、検索エンジンに認識されやすいサイトを構築するための基本的な技法に関する、Googleの公式ガイドラインです。

掲載順位1位になる秘訣を紹介しているわけではなく、あくまでも検索エンジンがより簡単にコンテンツをクロール、インデックスし把握できるような方法を紹介しています。オウンドメディアやブログ等を所有・管理している人でGoogle検索を通して収益化や宣伝をしたい人は、Google検索の仕組みを知っておく必要があります。

 

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドには、SEO対策をするためのヒントが書かれていて初心者から上級者の幅広い層に役立つ内容が記載されています。

SEO対策は、Googleが求めるユーザーが求める理想的なサイトを目指すことです。そのため、Googleの仕組みをしっかりと理解しGoogleが公式に発表しているガイドラインを上手に活用することが大切です。

 

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドのポイント 

 

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドはSEO初心者のみならず、上級者も一度見直すSEOの重要なポイントがいくつもあります。

ここでは、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドのポイントをわかりやすく解説していきます。

  • ユーザーファーストを意識したサイト構成
  • 被リンクの獲得
  • 高品質なコンテンツ
  • Googleペナルティに注意
  • E-A-Tを考慮したコンテンツ

 

ユーザーファーストを意識したサイト構成

 

GoogleのSEO対策で重要なのが、ユーザーファーストであることです。ユーザーファーストに関しては、「Googleが掲げる10に事実」で定義されておりGoogleが評価基準とするヒントが多く記載されています。

 

その中では、モバイルにも対応していること、ページの表示速度やコンテンツの専門性などユーザーを第一に考えれば他のものはすべてあとからついてくると言及しています。

 

ユーザー視点に立ち、ユーザーがより満足するサイトコンテンツを作成することがSEO対策を行う大前提と言えます。

被リンクの獲得

 

被リンクとは、自社サイトが外部ページやサイトから受けるリンクを指します。外部対策に適したSEOに分類され、検索エンジンで上位表示の評価基準になる要素です。

 

Googleはどのサイトのコンテンツがユーザーにとって有益かを判断するのに、被リンクを重要な基準の一つににしているため、良質な被リンクを多く獲得することでGoogleからの評価も高くなります

 

被リンクは簡単に言うと、外部からの評価となります。そのため、被リンクの数が多いと外部からの評価が高いとされユーザーにとって有益なコンテンツだと評価されるのです。

 

しかし、中には自作自演で設置したリンクや、公序良俗に反したサイトからのリンクなど質の低いリンクもあります。低品質の被リンクは、Googleからのペナルティを受けたりサイトの評価を下げてしまうこともあるため、むやみやたらに質の低いリンクを増やすのは避る必要があります。

高品質なコンテンツ

 

ユーザーにとって役立つコンテンツは基本中の基本であり、Googleもユーザーファーストを目指し日々アルゴリズムアップデートを行なっています。そのため、ユーザーニーズにマッチしたコンテンツ作成はSEO対策において最も重要と言えます。

 

ユーザーファーストを考慮するためには、検索クエリとの関連性を高めながらコンテンツを作成する必要があります。ユーザーが求めているものを把握して提供することで、ユーザーはそのコンテンツを高品質なコンテンツだと感じ、他のユーザーに知らせたいと思うものです。その際、ユーザーはSNSなどでシェアをするため良い評判はユーザーとGoogleの両方に対してサイトの評価を高めます。

Googleペナルティに注意

 

Googleが公式に発表しているウェブマスター向けガイドラインでは、Webサイトを作る上での基本的な方針が書かれており、この方針に従っていないWebサイトは検索エンジンに適切な評価をしてもらうことができません。

 

中でも、「品質に関するガイドライン」に違反するとGoogleからペナルティを受け、サイトの評価を下げインデックス削除になりかねません。意図的にリンクを購入するリンクプログラムや、白の背景で白のテキストを使用したり、テキストを画像の背後に置くなどの隠しテキスト・隠しリンクなどが違反の対象になります。

 

この様なSEO対策は、ブラックハットSEOと呼ばれ確実にGoogleからの評価を下げるSEO対策です。Googleからのペナルティリスクを回避し、ガイドラインに準拠した方法で運用することが重要です。

 E-A-Tを考慮したコンテンツ

 

検索品質評価ガイドラインでは、「E-A-T」が定義されており「ページ品質評価の最重要項目」と書かれているほどSEO対策に欠かせない要素となっています。「E-A-T」はExpertise(専門性)Authoritativeness(権威性) Trustworthiness(信頼性)の三つの言葉の頭文字をとったGoogleの造語で、Webサイトの評価基準となります。

 

サイトやコンテンツの専門性、権威性、信頼性を高めることでユーザーの利便性を高めることにつながり、Googleにサイトが評価されやすくなります。そのため、基本的なSEO対策に加えてE-A-Tを考慮したコンテンツを作成することが重要なのです。

 

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドだけでは足りない

 

ここまで検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの概要やポイントについて解説してきましたが、このガイドラインに沿っていれば完璧にSEO対策ができているという訳ではありません。

 

Googleが発表しているガイドラインは他にも複数あるため、Googleが何を評価基準としており、どの様な仕組みになっているのかをしっかりと理解する必要があります。

 

他Googleガイドラインの確認

 

Googleのガイドラインには、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの他に様々なガイドラインがあります。

 

Googleガイドラインでは、一般的な事項に関する情報を記載した「一般的なガイドライン」、モバイル対応やAMPなどの特定のコンテンツに関する情報を記載した「コンテンツ固有のガイドライン」、検索結果から除外されるような不適切な手法や対策について記載した品質に関するガイドライン」と大きく3つのカテゴリに分かれています。

>>ガイドラインの概要はこちら

 

検索結果の順位を決めているのはGoogleの検索エンジンであるため、そのGoogleが公表しているガイドラインに従いSEO対策を行なっていく必要があります。ただし、SEO対策にははっきりとした答えが存在しません。そのため、まずは答えに近い「ヒント」が隠されているガイドラインの内容を知ることが重要です。

 

Google検索アルゴリズムの理解

 

検索エンジンの仕組みやアルゴリズムを正しく理解し続けることが、上位表示をさせる上ではとても重要となります。Googleはユーザーが検索した膨大なコンテンツの中から、最も最適なページを上位に出し、最短で検索者の求めていることを解決し、検索ユーザーの満足度を向上させる為に常に最適化を行なっています。つまり、Googleのアルゴリズムは常に変化しています。

 

そのため、SEO対策を行なっていても日々アップデータされていくアルゴリズムの仕組みを理解していなければズレが生じてしまいます。

 

たとえば、最近ではスマホが普及しモバイルファーストと言われるようになっており、実際に「モバイルフレンドリー」というアップデートが実施されています。検索するユーザーのことを考えると当然の出来事ですが、Googleはこのように時代の変化に応じたアップデートを行なっています。検索エンジンの最適化を行う上では、こういった全ての背景や要素をふまえたアルゴリズムの理解はとても大切な事になります。

 

SEOナビゲーター【まとめ】あくまでも検索エンジンが望んでいるのはユーザーファーストであることです。ユーザービリティの高いサイト且つクローラーにも評価されるサイトを目指すことで自然とGoogleにも評価されます。そのためには、Googleの検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドやその他のガイドラインを活用して、Googleの目指すユーザーファースト視点のWebサイトを作っていきましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る