SEO対策の疑問解決!あなたの「気になるコト」を1つ1つ解説します

SEO対策であなたが気になる、1つひとつの疑問について解説します。SEO対策についてわからない方でも理解できる内容なので、ぜひ参考にしてください。

 

SEOコンサルタントSEO対策についての疑問にお答えします。

 

目次

SEO対策って何だろう?

SEO対策って何だろう?

 

Q1. そもそもSEO対策って何?

 

A: Search Engine Optimizationの略称で、検索エンジン最適化のことです。

 

特定のサイトが、インターネットの検索結果で上位に表示されるように行う施策です。
日本のインターネット検索はおもに「Google」と「Yahoo!」の2つがあります。しかしYahoo!の検索エンジンはGoogleのものを使っていることから、「SEO対策=Googleへの対策」と考えて大丈夫です。

 

Q2. SEO対策とSEM対策って何が違うの?

 

A:SEM対策は、SEO対策よりも広義のマーケティング施策全般を指します。

 

SEM(Search Engine Marketing)対策とは、検索エンジンに関するマーケティング施策全般を指します。検索エンジンで上位表示させるには、コンテンツ投稿や被リンク獲得などで自然に検索順位を上げる「SEO対策」と、広告費を支払って検索結果よりも上に表示させる「リスティング広告」があります。このSEO対策とリスティング広告を含めた施策を「SEM対策」と呼ぶのです。

 

Q3.  SEO対策はなんのためにやるの?

 

A:インターネット上での露出を増やして、自社サイトへのアクセスを伸ばすためです。

 

インターネットの検索結果で1ページ目に表示されると、多くの検索ユーザーが自社サイトへアクセスする機会が増えます。そこでサイトを通じてお問い合わせや商品・サービスを購入できるようにサイトを調整することで、Web集客を伸ばすのが可能です。

 

Q4. SEO対策って昔からあるの?

 

A:昔からありますが、その方法は今とはかなり異なります。

 

Googleがあった昔からSEO対策はあります。昔は今ほど検索アルゴリズムの精度が高くなかったため「ただキーワードを羅列したサイト」や「大量に作った外部サイトに自社サイトのリンクを貼る」といったことをするだけで、上位表示が可能でした。
しかし2011年2月の「パンダアップデート」や、2012年10月の「ペンギンアップデート」の検索アルゴリズムアップデートによって、これらの対策はペナルティ対象となりました。
現在のSEO対策は、主に良質なコンテンツを投稿することで検索ユーザーの検索意図に応え、被リンクを獲得することで上位を目指す“正当なやり方”が主流です。

 

SEO対策をやるとどうなるの?

SEO対策をやるとどうなるの?

 

Q1. 誰にとってSEO対策は必要なの?

 

 A:売上を伸ばしたいすべての企業に必要です。

 

インターネットからの集客を伸ばせるSEO対策は、もはや現代において必須の施策です。特に若い世代においては、オフラインだけの情報でモノ・サービスを買うことは少なくなっており、インターネットで情報収集してから購入するのが一般的です。
そのためたとえインターネットで商品・サービスを販売するつもりがなくても、見込み客にコンテンツを提供することで信頼を獲得し、オフラインの売上を伸ばすことにもつながります。

 

Q2. SEO対策に成功するとどうなるの?

 

A:半自動でWebから売上を獲得できる仕組みをつくれます。

 

SEO対策が成功して多くの検索結果で上位に表示されるようになれば、自社サイトへのアクセス数が増加します。そこで商品・サービスの購入やお問い合わせにつなげられるように自社サイトを調整すれば、売上を伸ばせます。
また上位表示されれば、たとえ会社が営業していない時間でも商品・サービスの購入やお問い合わせされるようになり、半自動的な売上獲得の手段を手に入れられるのです。

 

Q3. SEO対策はどうやってやるの?

 

A:方法は多岐に渡りますが、検索キーワードに対してユーザーが満足する情報を発信するのが基本です。

 

SEO対策は「SEO内部対策」と「SEO外部対策」の2つに分類できます。それぞれのSEO対策でできることはたくさんあり、ここでは書ききれません。しかし大まかにいえば「ユーザーが検索したキーワードに対して、満足する情報を提供する」のがSEO対策の基本です。すべてのSEO対策は、この基本に帰結しています。

 

Q4.SEO対策は自分でできるの?

 

A:できます。しかし難易度は高く、人材と時間の確保が必須条件です。

 

必死に勉強して、試行錯誤を繰り返して実施すれば、自分でもSEO対策は可能です。SEO対策に正解はありませんので、成果を求めなければ自分でもできるでしょう。
しかし、SEO対策には専門の知識と経験が必要で、中途半端にやって成果が出るものでもありません。またコンテンツを作る人材や、常に自社サイトを維持・更新できる時間も確保する必要があります。

 

Q5.SEO対策をやってくれる会社って何?

 

A:自社に代わって、代行でSEO対策を実施してくれる会社です。

 

小規模なビジネス経営者の場合、自分でSEO対策をすることも可能です。多くの企業はSEO対策の経験がなく、またそれに避ける人材・時間は不足しています。
そこでSEO対策自体を、専門の会社に依頼することが可能です。専門の会社に依頼すれば、代わりにコンテンツを作成してくれたり、自社サイト内部を最適化してくれたりします。

 

SEO対策の中身を教えて!

SEO対策の中身を教えて

 

Q1. SEO内部対策って何?

 A:サイトの内部で行われるSEO対策です。

 

Googleの「クローラー」と呼ばれるAIロボットがWeb上のサイトを巡回し、内容を把握することで検索順位を決めています。このクローラーから正しくサイトを認識してもらうための施策が「SEO内部対策」です。SEO内部対策では「スマホとPCに対応したレスポンシブデザインにする」「ページの表示速度を上げる」「AMP対応」など、地味とも言えるような対策を繰り返しています。

 

Q2. テクニカルSEOって何?

 

 A:検索エンジンがサイトを正しく読み取るために、Webサイトで実施するSEO対策です。

 

SEO内部対策とほぼ同義です。自社サイトが検索エンジンに正しく認識してもらえるように、サイト内部を調整する行為を指します。クローラーが巡回したあとで発生したエラーに対処したり、タイトル・ディスクリプションにキーワードを入れたりと、細かな対策の積み重ねがインターネットの検索結果に反映されるのです。

 

Q3. SEO外部対策って何?

 

 A:良質な被リンクを獲得するための対策です。

 

被リンクとは、外部のサイトに貼られた自サイトのリンクです。Googleは昔から、検索結果の順位でこの被リンクを非常に重視しています。信頼のあるサイトから被リンクを多く獲得するほど、検索結果にはプラスに働くのです。もはや現在のSEO対策の根幹を為す部分でもあります。被リンクを獲得するには「共感されるような良質なコンテンツをつくる」「SNSで露出を増やす」など、さまざまな方法があります。

 

Q4. コンテンツSEOって何?

 

 A:ユーザーの検索意図に対して、良質なコンテンツを表示することで、検索からの流入増を目指す施策です。

 

「コンテンツマーケティング」というマーケティング手法を使ったSEO対策です。コンテンツを通じて顧客を育成し、最終的に自社製品の成約までつなげる方法です。ここでいうコンテンツとは、主に記事を指しています。良質な記事を投稿することで検索順位を上げ、またカスタマージャーニーマップに基づき、顧客の各フェーズに合わせた情報を提供します。そうすることで自社の見込み客を育成し、最終的に成約までつなげるのです。

 

Q5. ロングテールSEOって何?

 

 A:複合キーワード(ロングテールキーワード)でコンテンツを量産し、アクセス数を伸ばすSEO対策です。

 

ロングテールキーワードとは、複数でなるキーワードを指します。ロングテールキーワードは、検索ボリュームは少ない特徴があります。たとえば「車」の月間平均検索ボリュームは450,000ですが、「車 男 人気」だと110です。ロングテールキーワードは競合サイトが弱い分、比較的容易に上位表示できます。このようなロングテールキーワードに対するコンテンツを量産して、結果多くのアクセスを集めるのが「ロングテールSEO」です。

 

Q6. フェーズ別SEOって何?

 

 A:サイトのフェーズに合わせて、最適なSEO対策を実施することです。

 

SEO対策で成功するには、ただ闇雲にコンテンツを量産するのではいけません。サイトのフェーズごとに、最適な施策を実施するのが大切です。フェーズはおもに「第1フェーズ」「第2フェーズ」「第3フェーズ」に分類できます。
第1フェーズでは、サイト内部のキーワードを最適化します。競合サイトと同様の検索キーワードで上位表示を目指し、最終的に成約(CV)までつなげるのです。
第2フェーズでは、競合サイトに負けているキーワードのコンテンツを拡充します。1ページ目に入っているものの競合サイトに負けているコンテンツについて、内容を充実させることにより、競合より上位に表示させることを目指すのです。
第3フェーズでは、ロングテールSEOを実施します。こちらの段階ではある程度ドメインパワーが強いので、ロングテールキーワードでコンテンツを増やして確実に検索順位上位を獲得します。このように、フェーズごとに最適なSEO対策を実施するのが「フェーズ別SEO対策」です。

 

Q7. SEOコンサルって何?

 

 A:豊富な経験に基づき、顧客のWebサイトにSEO対策を実施することでWeb集客を伸ばします。

 

SEO対策で成果を出すのは、豊富な専門知識と膨大な経験が必要です。素人が中途半端にSEO対策を実施しても、成果は出ないのが現実です。そこでSEO対策で成果を出すために、豊富な知識や経験があるSEOコンサルタントに依頼する方法もあります。SEOコンサルタントに依頼することで、競合調査や改善指示書の作成、コンテンツの企画・執筆まで巻き取ってもらえます。

 

Q8. SEOで大事なことって何?

 

 A:ユーザーの検索意図に対して、最適なコンテンツをつくることです。

 

Googleの売上の9割以上は「広告収入」です。Googleが売上を伸ばすには、インターネット検索の利便性や質を高め、より多くのユーザーが利用してもらうことです。そのためメディア運営者には「ユーザーがキーワードを検索したときに、満足してもらえるコンテンツを提供すること」が求められています。コンテンツの質が低いサイトばかりでは、Googleの利用者は減ってしまいます。結局のところ、SEO対策では「良質なコンテンツを作る」のが非常に重要なのです。

 

Q1. SEOで大事なことって何?

 

 A:ユーザーの検索意図に対して、最適なコンテンツをつくることです。

 

Googleの売上の9割以上は「広告収入」です。Googleが売上を伸ばすには、インターネット検索の利便性や質を高め、より多くのユーザーが利用してもらうことです。そのためメディア運営者には「ユーザーがキーワードを検索したときに、満足してもらえるコンテンツを提供すること」が求められています。コンテンツの質が低いサイトばかりでは、Googleの利用者は減ってしまいます。結局のところ、SEO対策では「良質なコンテンツを作る」のが非常に重要なのです。

 

SEO対策で成功したらどうするのか?

SEO対策で成功したらどうするのか?

 

Q1. SEOで順位が上がったらそれでいいの?

 

 A:検索順位は日々変動するので、放置していればランキングは下がります。

 

インターネットの検索順位は、日々変動しています。多くのメディア運営者が独自のコンテンツを提供していますし、クローラーは何度もサイトを巡回するのでその度に評価は変わります。つまり一度検索順位で上位に表示されたからといって、それに甘んじているといつかはランキングを落としてしまうのです。そこで公開したコンテンツは定期的に見直し、必要に応じて修正・追記する(リライト)のが重要です。

 

Q2. SEO対策とWeb解析って関係があるの?

 

 A:綿密に関係します。Web解析なくして、SEO対策はありえません。

 

SEO対策は、アクセス解析してこそ活きるものです。アクセス解析とは、自社サイトにおけるユーザーのPV数やコンバージョン率(CVR)などの数値分析です。当然、コンテンツごとにPV数やコンバージョン率に違いがあり、良い点・悪い点はアクセス解析しないとわかりません。
たとえば直帰率が高いWebサイトで「お問い合わせボタン」をわかりやすい色に変更したところ、お問い合わせするユーザーが増えた事例もあります。このようにアクセス解析を繰り返し、自社サイトの質を上げていくのがSEO対策で重要です。

 

Q3. Googleアナリティクスって何?

 

 A:Googleが無償で提供しているアクセス解析ツールです。

 

サイトのアクセス状況を解析できるツールです。PV数やセッション数、直帰率、コンバージョン率(CVR)など、アクセスに関わるあらゆる数値を分析できます。たとえば直帰率は「1ページ目だけ見て離脱した割合」を指し、この数値が高いほどユーザーが満足するコンテンツを提供できていない可能性が考えられます。そこでGoogleアナリティクスで分析した数値をもとに、コンテンツの内容や検索意図(ユーザーが検索する目的)を見直すことで、最適な改善が可能です。このようにアクセス解析において、Googleアナリティクスは必要不可欠なツールです。

 

Q4. Google Search Console(グーグルサーチコンソール)って何?

 

 A:Googleが無償で提供しているアクセス解析ツールです。

 

Google Search Consoleとは、Webサイトで検索されているキーワードを分析したり、サイトの健康状態などを把握したりできるツールです。たとえばGoogle Search Consoleでは、検索されることの多いキーワードを表示し、そのうちどれだけのユーザーが自社サイトを閲覧しているのか分析できるようになっています。ほかにもサイトがインデックス(Web上に掲載されること)されていなかったり、ペナルティを受けたりしたときも、Google Search Consoleで通知されるようになっています。このようにGoogleアナリティクスと同様、Google Search Consoleもアクセス解析において欠かせないツールです。

 

Q5. SEOはやり続けないとだめなの?

 

 A:基本的には継続しなければいけません。

 

SEO対策は日々難しくなっています。なぜなら昔のGoogleとは違い、あらゆるメディア運営者が独自の良質なコンテンツを提供しており、検索上位に表示されるのが困難になってきているからです。よっぽどドメインパワー(サイトの力)が強くない限り、放置していれば、いずれ検索順位は下がります。
泥臭いともいえる改善の繰り返しや競合調査、良質なコンテンツを継続して提供するといった日々の継続が、今のSEO対策で求められます。

 

SEO業界のことを教えて

SEO業界のことを教えて!

 

Q1. SEO業界はどうなってるの?

 

 A:昔よりマシになりましたが、依然ブラックボックスであることは変わりありません。

 

パンダアップデートやペンギンアップデートなどのアルゴリズムアップデート以前、当時のSEOはひどいものでした。適当に何個も作った外部サイトに自サイトのリンクを貼るだけで上位表示できた時代です。そのため昔は「被リンクを購入できるSEO業者」などが存在していたほどでした。
今はアルゴリズムアップデートにより、顧客に寄り添ってSEO対策を実施する会社も増えています。一方でSEO対策には正解がないことから、顧客に知識がないことをいいことに、あることないことを言って相場よりもかなり高い値段で受注する会社がいるのも実態です。そのためSEO対策で成果を出したい企業は「本物のSEO業者を見極める」ことが求められます。

 

Q2. 本物のSEO業者とそうでないSEO業者を教えて

 

 A:その会社自体が、SEO対策で成果を上げているかを確認しましょう。

 

大手と呼ばれるSEO業者は、どこもオウンドメディア(自社で所有するメディア)をもち、
SEO対策で顧客を集客しています。SEO対策を専門にしている会社が、Web上から集客できるのは当然の話です。かくいう東京SEOメーカーも、自社メディアでSEO対策を実施しており、”格安SEO””SEOスコア””人気コンテンツとは”など上位表示しているコンテンツが多くあります。
実績は伝え方を変えるだけでいくらでも嘘をつけるので、基本は信用しないのがおすすめです。また、電話で営業してくるSEO業者は、基本あやしいと思ってもらって構いません。なぜならSEO業者が“SEO対策”で集客できないので、仕方なく自ら電話で営業するしかないからです。SEO対策ができるSEO業者は、顧客ご自身からお問い合わせが入るものです。

 

Q3. SEO業界の経済圏と市場を教えて

 

 A:2018年の市場規模は約500億円です。

 

2016年にクロスフィニティ株式会社が実施した調査によると、2018年のSEO市場規模は約500億円でした。2014年の約356億円から右肩上がりで伸びており、SEO市場は成長分野と言えます。SEO市場が伸びている要因の1つに、コンテンツマーケティングに注力したい企業が増えていることが挙げられます。情報過多の現代において「広告疲れ」を起こしている人が増えていることもあり、顧客の自発的行動を促すコンテンツSEOが注目されているのでしょう。またSEO対策が注目されていることに伴い、解析ツールの開発・導入が市場の成長を後押ししています。

出典:クロスフィニティ、「2016年度版国内SEO市場予測 (2014-2018)」を発表

 

Q4. SEO業界は続くの?なくならないの?

 

 A:縮小する可能性はありますが、インターネットがある限りは続くでしょう。

 

大前提として、人口減少が進む日本では将来経済規模が縮小するのは明らかであり、SEO業界も例外ではありません。ただし今のインターネットが存在し続け、またGoogleが検索アルゴリズムに変わる何かを開発しなければ、今後もSEO業界は続くでしょう。なぜなら、現在の検索アルゴリズムで検索上位に表示させるには、SEO業者の豊富な知識や経験が必要になるからです。SEO対策は誰でもできますが、全員が全員成果を出せるものでもありません。また将来、とある企業がインターネットに変わる画期的な“何か”を開発した場合、SEO業界はなくなるでしょう(Googleがビジネスの根幹となっている日本において、ほかの業界も大打撃を受けるでしょうが)。技術発展がめざましい現代において、その可能性は十分に考えられます。

 

東京SEOメーカーって何?

東京SEOメーカーって何?

 

Q1. 東京SEOメーカーってSEO業者?

 

 A::弊社で培った王道SEOノウハウを、格安で提供するSEO業者です。

 

東京SEOメーカーは、Googleアルゴリズムの解析に力を入れたSEO業者です。Googleアルゴリズムは、検索順位を決める非常に大切な要因です。弊社ではこの検索アルゴリズムの解析にもっとも力を入れており、それによって独自のSEO技術を獲得しています。
高度なSEO技術をもっているため、最新の大型アルゴリズムアップデートにも最適な対応ができます。この競合にも真似できないSEO技術を、業界内でも格安の価格で提供しているのが「東京SEOメーカー」です。

 

Q2. 東京SEOメーカーって何をやってくれるの?

 

 A::SEO対策に関わるあらゆるサービスを提供しています。

 

東京SEOメーカーは、キーワード対策を筆頭にあらゆるSEO対策を請け負うSEO業者です。「SEOサイト内部修正診断書」や「テクニカルSEO」「キーワード戦略」など、幅広くSEO対策のサービスを提供しています。
東京SEOメーカーは、SEO対策で苦戦している企業様にこそご依頼いただきたいサービスを提供しています。SEO対策で思うような成果が出ずにお悩みの企業様こそ、東京SEOメーカーにご相談ください。

 

Q3. 東京SEOメーカーの実績やコンサル事例を教えて

 

 A::1,000社以上の実績を残しており、上位表示成功率は90%以上です。

 

東京SEOメーカーは独自のSEOノウハウを駆使して、1,000社以上の会社様で、上位表示率90%以上の実績を残しています。たとえば、高栄養価の水耕栽培野菜を提供する「株式会社YASAI」様では、検索ボリュームが2,400(当時)のミドルワードで対策しました。結果、2021年7月にご要望のキーワード「硝酸態窒素」で、圏外から検索順位1位を獲得されました。このような確かな実績をご提供するのが、東京SEOメーカーの強みです。

 

Q4. 東京SEOメーカーの特徴を教えて

 

 A::スタッフ1人ひとりがロボットを使いこなして自動作業体制を確立しています。

 

ロボットを駆使することで効率的にSEO対策を実施することで、格安で高価値のサービスを提供しているのが東京SEOメーカーの特徴です。
企業秘密なのですべてはお伝えできませんが、たとえばスタッフ1人ひとりが「RPAロボット」を使いこなしています。作業のタスク部分はロボットに任せ、クリエイティブな部分は人間の目と手を使っています。このように効率化してSEO対策をすることで、他社が30~50万円のところ弊社では5~10万円で、かつ高クオリティのサービスを提供できているのです。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】SNSでキャンペーンを実施することで、フォロワー獲得や認知拡大などの副次的効果を期待できます。またSNSのキャンペーンで商品が認知されれば、プロモーションに関係なく商品を購入してくれるお客様も増えます。このようにSNSのキャンペーンは、新たな販路獲得にもつながるのです。販路を拡大させたい企業は、ぜひSNSでキャンペーンを実施してみましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。