ドメイン年齢(ドメインエイジ)とは?調べ方やSEOに与える影響などを徹底解説

ドメインエイジとは

検索エンジンに表示されてから経過した期間がドメイン年齢(ドメインエイジ)です。自社サイトの検索順位を上げるうえで重要な指標になるといわれています。

しかし、自社サイトのドメイン年齢が分からない方も少なくありません。近年は、ドメイン年齢をチェックできる無料ツールが多くあるので、誰でも簡単に調べられます。

SEOコンサルタントそこで今回は、ドメイン年齢についてわかりやすく解説します。ドメイン年齢の調べ方やSEOへの影響、検索順位を上げる方法も紹介するので、今後のサイト運営に活用してください。

 

ドメイン年齢(ドメインエイジ)とは

Webサイトを開設するにあたって必要になるのが、ドメインです。ドメインとはインターネット上の住所のようなもので、サイトの場所を判別する情報として利用されています。

 

例:東京SEOメーカーのドメイン:switchitmaker2.com

 

このドメインを取得して開設したWebサイトが、検索エンジンに表示されてから経過した期間がドメイン年齢です。高いドメイン年齢であるほど信頼性が高いサイトと判断されるため、検索順位で上位表示されやすいといわれています。

ただし、ドメイン年齢だけで検索順位が決まるわけではありません。ドメイン年齢が長くても質の低いコンテンツであふれるWebサイトは、低品質のサイトとして評価されます。

また、ドメイン年齢はサイトを開設した日から数えるわけではありません。検索エンジンに認識してもらい、Googleに認識された時点から年齢を数えます。サイトの開設日から時間差が生まれることがあります。また、サイトを作っていなくてもドメインを取得した時点からカウントされることもあります。

 

ドメイン年齢とドメインオーゾリティの違い

ドメインオーゾリティは、サイトの信頼性を数値化したものです。Mozが開発した検索エンジンランキングのスコアです。サイトは1〜100で評価され、100に近い数値であるほど上位表示されやすい可能性が高いことを示しています。

mozのドメインオーゾリティただし、ドメインオーゾリティはあくまでMozがアルゴリズムを駆使してサイトを評価した数値でしかありません。検索エンジンの検索結果に直接影響があるわけではないので、ひとつの目安としてサイト運営に活用するのがおすすめです。

また、ドメインオーゾリティはサイトの信頼性を数値化したものであるのに対し、ドメイン年齢は検索エンジンに表示されてから経過した期間を示す数値です。ドメイン年齢とドメインオーゾリティを混同しないようにしましょう。

 

ドメイン年齢(ドメインエイジ)の調べ方

サイトのドメイン年齢は、チェックツールを活用すれば簡単に調べられます。サイトを上位表示させたいなら、ドメイン年齢を調べてサイト運営に活用するのがおすすめです。

ドメイン年齢を調べたい場合、次のような無料ツールがあります。

 

ドメイン年齢 – ドメインエイジ

domainage
サイトのドメインを入力するだけでドメイン年齢を調べられる無料ツールです。一度に20個まで同時にチェックできるので、複数のサイトを運営する方にも適しています。ドメイン年齢は、世界中のデジタル情報を保存する非営利法人のInternet Archiveを参考に算出されています。シンプルな操作で調べられるので、初めて利用する方でも安心です。

 

IP分散及びドメイン年齢チェックツール

IP分散及びドメイン年齢チェックツール
10種類以上の無料SEO対策調査ツールを公開する株式会社ディーボによって提供されている無料ツールです。対象URLのIPとドメイン年齢は、1度に100個まで同時にチェックできます。株式会社ディーボでは、IP分散及びドメイン年齢チェックツールのほかに、検索順位や被リンクの総数、Googleの変動状況などを調べられるツールもあります。

 

DOMAIN AGE CHECKER

smallseotools
ロンドンを拠点に活躍するWeb起業家タウシフ・アクラム氏によって開発された無料ツールです。海外で開発されたツールですが、日本語表記されているので安心して使えます。また、構造もシンプルなので感覚的に利用できるのもポイントです。さらに、ドメイン名の年齢だけでなく、ドメイン名が作成された正確な日時や有効期限なども表示されます。

 

ドメイン年齢(ドメインエイジ)のSEO効果

ドメイン年齢が長いとGoogleの信頼性が高くなるので、SEO効果があるといわれています。しかし、長くサイトを運営したからといって必ず検索結果に上位表示されるわけではありません。

ドメイン年齢がSEOに与える影響は、次のとおりです。

  • ドメイン年齢が高いとインデックスされやすい
  • ドメイン年齢は直接SEOに影響しない?
  • 中古ドメインは必ずしも有利ではない(選別の目利きがあれば有利)

 

ドメイン年齢が高いとインデックスされやすい

ドメイン年齢が長くなるとサイトの信頼度が高くなるので、Googleからインデックスされやすくなります。Googleから認識されやすくなると、新しく公開したコンテンツもすぐに検索結果に表示されます。検索結果に表示されるまでに時間がかからないため、多くのユーザーに閲覧してもらう機会を増やせるのがメリットです。

逆に、ドメイン年齢が短いサイトの場合は、Googleから発見してもらうまでに時間がかかります。その間はコンテンツの存在を認識してもらえないため、ユーザーの流入は見込めません。また、Googleに認識してもらえても上位表示されない場合もあるため、SEO対策をおこなう必要があります。

 

ドメイン年齢は直接SEOに影響しない?

ドメイン年齢が長くなると、Googleから高い信頼を得られたり認識されやすかったりなど多くのメリットがあります。しかし、ドメイン年齢で検索結果が決まるわけではありません。たとえドメイン年齢が低くてもSEO対策を徹底しておこなうことで、上位表示することができます。

ドメイン年齢が低くても、Googleから高い評価を得るためのコンテンツ作りをおこなうことが大切です。ただし、ドメイン年齢はSEO効果に直接的に影響するわけではありませんが、サイト運営において有利になることは間違いありません。継続的なサイト運営を行いながら、良質なコンテンツを発信しましょう。

 

中古ドメインは必ずしも有利ではない(選別の目利きがあれば有利)

ドメイン年齢が長いとサイト運営において有利になることが多いため、中古ドメインの活用を検討する方も少なくありません。中古ドメインとは、過去にあるサイトで使用されていたドメインのことです。ドメインパワーをそのまま引き継ぐため、Googleに認識してもらいやすくなります。

中古ドメインは、インターネットで簡単に購入可能です。しかし、なかには過去にペナルティを課されたものがあるので、そのドメインでサイト運営すると逆効果になることもあります。

初めての人が適当に中古ドメインを取得しても決して良い結果となりません。中古ドメイン選別の目利きがないと中古ドメインは必ずしも有利に働くわけではないため、新規ドメインでサイトを運営してドメイン年齢を少しずつ上げるほうが安全です。

 

ドメイン年齢が低いサイトに効果的なSEO対策5選

ドメイン年齢が長いと、サイト運営で有利に働くことは間違いありません。しかし、ドメイン年齢が浅くてもSEO対策のやり方次第で上位表示が見込めます。

ドメイン年齢が低いサイトに効果的なSEO対策には、次のようなものがあります。

  • 良質なコンテンツを作成する
  •  ロングテールキーワードを狙う
  •  外部リンクでドメインオーゾリティを上げる
  •  ドメイン年齢が高いサイトと差別化する
  •  SNSをうまく活用して流入数を増やす

 

良質なコンテンツを作成する

ドメイン年齢が低いサイトの場合、まずは良質なコンテンツを作成することを意識しましょう。ドメイン年齢が高いサイトも低いサイトも、良質なコンテンツを発信しないと高い評価は得られません。Googleから高い評価を得られるコンテンツとは、ユーザーが知りたい情報を提供することです。

Googleは、ユーザーにとって有益な情報を発信できる検索エンジンの構築を重要視しています。このような考え方を重視するのは、価値ある情報を発信することでユーザーにGoogleを利用し続けてもらえるからです。

コンテンツの量を増やすことだけに注力するサイトもありますが、質を疎かにするとGoogleから高い評価は得られません。ユーザーがどのような情報を知りたいと考えているのか、その点を踏まえて期待に応えられるコンテンツを作りましょう。

関連記事:コンテンツSEOとは

ロングテールキーワードを狙う

コンテンツは、ロングテールキーワードを意識して作成しましょう。ロングテールキーワードとは、「SEO 対策 効果」「SEO とは 初心者」など複数の言葉を組み合わせた検索ワードのことです。月間の検索ボリュームは1000回未満程度になります。

ロングテールキーワードは多い検索ボリュームではありませんが、コンバージョン率が高いです。コンバージョン率とは、運営側が設定する目標に対してユーザーが行動を起こしてくれる割合です。コンバージョンは運営側によって異なりますが、商品購入や会員登録、資料請求などがあります。

また、ロングテールキーワードはビックワードに比べ競合が少ないのもメリットです。競合が少ないため、ドメイン年齢が低くても上位表示を狙えます。上位表示するページが増えれば、サイト全体の評価も高くなるのでロングテールキーワードは狙い目です。少しずつではありますが、着実にサイトを育てていきましょう。

関連記事:ロングテールSEOとは?ロングテールキーワードの有効な選び方など徹底解説!

 

被リンクでドメインオーゾリティを上げる

被リンクを獲得していくとドメインオーゾリティが上がります。被リンクとは、外部サイトからリンクを獲得することです。被リンクが多いサイトは、それだけ読者に有益な情報を発信しているとGoogleから評価されます。

また、被リンクが多いとドメインパワーが上がりやすくなります。ドメインパワーが強くなるとドメインオーゾリティがあがり、SEO効果が高まります。被リンクを増やす方法は、ユーザーが知りたい情報を提供できる良質なコンテンツを作ることです。

良質なコンテンツは、Googleから高い評価を受けて上位表示が見込めます。上位表示されたコンテンツは注目を集めやすくなるため、被リンクを貼ってもらいやすくなります。コンテンツの信頼性を高めるために第一次情報も積極的に使用することがおすすめです。第一次情報を集めるには手間がかかるので、被リンクを貼ってもらいやすくなります。

 

ドメイン年齢が高いサイトと差別化する

コンテンツを作成する際、SEO効果を高めるために上位表示されたページを意識して構成を考える方も多いでしょう。上位表示されたページはGoogleから高い評価を受けたコンテンツなので、ページ作成時に参考にするのは間違いではありません。

しかし、ドメイン年齢が高いサイトと同じ戦略を取ると自社サイトは強者に飲み込まれてしまいます。ドメイン年齢が高いサイトと差別化してコンテンツを作成することが大切です。上位表示されたページの情報はすべて網羅することに加え、他のサイトでは得られない情報をコンテンツに盛り込みます。

 

SNSをうまく活用して流入数を増やす

ドメイン年齢が低いサイトは、良質なコンテンツを作成してもユーザーに気づいてもらえないことも多いです。このような場合は、SNSをうまく活用して流入数を増やす対策をおこないましょう。近年は、SNSで情報収集するユーザーも増えています。

作成したコンテンツをSNSで発信することで、ユーザーに読んでもらいやすくなります。コンテンツに共感してもらえれば、ユーザー自身にリツイートしてもらえる可能性も高いです。SNSは拡散力が高いので、新規ユーザーの流入数を増やせます。InstagramやTwitterなど自社サイトと相性の良いSNSで作成したコンテンツを発信しましょう。

 

まとめ

SEOコンサルタントドメイン年齢は、サイト運営するうえで重要な指標になります。自社サイトのドメイン年齢をきちんと理解して対策をおこなうことが大切です。特に、近年はドメイン年齢を調べられる無料ツールも数多くあるので、それらをうまく活用しましょう。また、自社サイトのドメイン年齢が低い場合も良質なコンテンツを作成したり、SNSをうまく活用したりしながらSEO対策を続けましょう。ドメインオーゾリティをあげていけば上位表示するようになります。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら