【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

SEOでGoogleが重視する「権威性」とは!?

SEOでGoogleが重視する「権威性」とは!?

権威性とは、Googleが検索品質評価ガイドライン内で定める評価基準の一つです。

 

Web担当者であれば一度はE-A-Tという言葉を耳にしたことがあると思いますが、権威性を始めとしたE-A-Tは数多くのコンテンツの中からGoogleが最適なページを選別するための重要な項目となります。

>>E-A-Tとは?Googleが重要視する理由と対策方法

 

 

SEOナビゲーター本記事では、SEOでGoogleが重視する権威性について解説します。

SEOでは権威性が重要な指標とされる

 

SEOでここまで権威性が重要な指標とされている背景として、過去に低品質なコンテンツや詐欺ページが上位に表示されていた時代があったことが上げられます。

代表的なものだと、2016年のWELQ問題です。株式会社DeNAの運営する健康・医療系キュレーションサイトの不特定多数のライターによって書かれた記事内容の信憑性に問題があったことやほかのサイトをコピーして加筆するなどの著作権上も問題があったことなどが明らかにされ、サイトの無期限休止に追い込まれることとなりました。

 

こうして、Googleのガイドライン内で「ユーザーファーストでない、危害や誤解を与える、相手を欺くなどの無益なページは最低評価を与える」と明言しているように、人々のお金や人生に関わる内容はより権威性が重視されるようになりました。

Googleは権威性の高いサイトを評価する

 

低品質なコンテンツが上位表示され様々な問題が起きたことにより、Googleは権威性の高いサイトを評価するようになりました。

そこでGoogleは、品質の低いコンテンツを検索結果に表示されにくくすることを目的としたアルゴリズムアップデートを行いました(パンダアップデート)。

 

低品質なサイトや広告過多のサイトなど、ユーザーの役に立たないコンテンツを検索結果の上位に表示されにくくするとともに、オリジナルで質の高いコンテンツが表示され検索エンジンユーザーがより最適な検索結果を得ることができるようにするためのアルゴリズムアップデートでした。

 

その他にも、自作自演リンクなどのブラックハットSEOを排除するために行われたペンギンアップデートなどもコンテンツの権威性を評価するために行われました。

 

このように、Googleは質の低いサイトをユーザーの目に触れないようにし、質が高く権威性のあるサイトを上位表示させるような仕組みに今も最適化を行なっています。

 

YMYL領域のサイトでは特に重視される

 

コンテンツの中でも、YMYLと呼ばれる領域では特に権威性が重視されています。YMYLとはYour Money or Your Life」の略語で、「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」のことを指します。

 

YMYL情報が低品質であれば、詐欺によってお金を失ってしまったり、誤った情報により健康を害してしまったりなど、人々の幸福、健康、経済的安定、安全に悪影響を及ぼす可能性があるため、特にGoogleの評価が厳しくなっています。

そのため、正しい可能性が高い情報を高く評価するため、Googleは特にYMYL領域において権威性を重視しているのです。

権威性の指標のE-A-Tとは!?

 

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のそれぞれの頭文字を取って省略したもので、Googleが検索品質評価ガイドライン内で定義している、Webサイトの評価基準の一つです。

>>E-A-Tとは?Googleが重要視する理由と対策方法も合わせてチェック

ここでは、それぞれがどういった指標なのかを解説していきます。

 

専門性(Expertise) 

 

専門性は、サイトあるいはWebページがある分野においての専門的な情報を提供できているのかを指します。

特定の分野において専門的である方が、ユーザーが抱える悩みや課題を解決するために役立つコンテンツとなるため、Googleからの評価も高くなります。

たとえば、ヘルスケア系のコンテンツの場合素人が少し調べたような知識で書いたものより、医師などの専門的な知識を保有している人が書いているコンテンツの方が上位表示されやすいです。

そのため、雑記サイトのような複数のテーマでコンテンツを増やすサイトは、1つのテーマに絞った特化サイトよりもサイトとしての専門性が確保しずらくなります。

もし複数のテーマや分野について書いている場合は、ドメインを分けることも手の一つです。

専門性を確保したSEO対策をするためには、「特定のテーマにおける専門知識」と「専門知識を生かして関連コンテンツを増やす」「内部リンクする」ことが必要です。

 

権威性(Authoritativeness) 

 

権威性とは、そのWebサイトに権威があるかどうかを示す指標です。具体的には、専門性の高い別サイトからのリンク・受賞・推薦などの形で他者からの評価を獲得しているかどうかということになります。

他サイトからの被リンクが多ければ、他者からの信頼を置けるサイトと見なされていと判断されます。しかし、ただ被リンクの数が多ければ良いわけではなく、リンクの質も重要な判断基準となります。

つまり、有益なコンテンツを作っている権威あるところから評価され、紹介したいと思ってもらうことで質の高い被リンクを獲得できるのです。

権威性は専門性と同じように、素人が良いとおすすめしているコンテンツよりも、医者や弁護士などの知識や権威のある人がおすすめしているコンテンツの方が評価されやすくなります。

そのため、良いコンテンツを作ることはもちろんですがまずは誰かに見てもらうことも必要なので、SNSなどで発信するなどして認知拡大を目指すことも重要です。

 

信頼性(Trustworthiness) 

 

信頼性とは、Webサイトを訪れるユーザーがそこに掲載されている情報を信頼できるかどうかを示す指標です。つまり、誰が作ったサイトでありコンテンツなのかということになります。

ライターの情報やWebサイトを運営している企業の情報を載せておくことで、信頼性を高めることができます。

信頼性を高めるには、たとえばコンテンツの公開日・更新日、会社の住所、責任者、メールアドレス、電話番号、サービス名、働く人数、オフィスの風景など、サイトや運営者の情報を詳しく開示する必要があります。

また、いつの情報であるのかなどの情報の鮮度も信頼性に大きく関係してきます。専門性・権威性があっても、数年前の情報であればその情報が古くなってしまっているケースもあります。

そのため、最新の情報をキャッチアップし常に更新を行っていく必要があります。

 

権威性を高める方法

 

ここまででお話したように、E-A-TはGoogleが重要視する検索品質の評価基準です。そのやめ、コンテンツ作成をする際にはE-A-Tを考慮したものでなくてならず、SEO対策を行う上で、この権威性を無視はできません。

ここでは、具体的にどのように権威性を高められるのかについて解説していきます。

  • 運営元情報に著者名や会社名を記載
  • 専門家や有資格者の取材・監修
  • 権威性のあるWebサイトからの被リンク獲得
  • サイテーションの獲得
  • 出典・引用元などの情報ソース記載
  • 記事の公開日や更新日の明示
  • サイトや記事のテーマの統一性
  • サイトのHTTPS化
  • 定期的な記事更新
  • セミナー・イベントなどのオフライン活動の実施

 

運営元情報に著者名や会社名を記載

 

E-A-Tの中の信頼性でもお話しましたが、誰がコンテンツを作成し運営しているのかが分かるように、運営元情報に著者名や会社名を記載しましょう

 

誰が発信しているかが見えることにより、情報の有益性をユーザー側で判断することができます。権威性は、コンテンツの内容よりも誰が発信しているのかという点で判断されます。

 

そのため、ユーザーに安心してもらうためにもサイト内の運営者情報を充実させる必要があります。

専門家や有資格者の取材・監修

 

コンテンツ作成にあたって、専門家や有資格者の取材をしたり監修を受けることは重要です。誰が言っているのかは、権威性の中でも重要なポイントとなります。

 

特に、特定の分野やテーマを扱っているサイトでは専門性が求められるため知見のある人の意見が重要となります。

 

たくさんの情報を集めて作成した素人の記事よりも、特定の分野における研究家や大学の教授、資格所有者であれば、専門的な内容を扱うことができ、権威性向上も期待されます。

 

まずは、自身のサイトで扱うジャンルの権威や専門家は誰なのかチェックし、取材や監修を依頼すると良いでしょう。

権威性のあるWebサイトからの被リンク獲得

 

権威性を高める要素の1つが、他サイトからの被リンクです。被リンクは、自身のサイトが外部からどのように評価されているかを示す指標の一つです。

 

権威性のあるWebサイトから被リンクされることで、被リンクされたWebサイトの権威性も高まります。権威性のあるWebサイトから被リンクをもらうためには、室の高いコンテンツ作成だけでなく、まずは自身のサイトの存在を知ってもらう必要があります。

 

そのためには、SNSなどを利用して情報発信を行い、認知拡大に務めることが重要です。

サイテーションの獲得

 

サイテーションとは、ネット上で企業名、店舗名、電話番号、もしくはWebサイト名などを言及される行為です。

 

被リンクとは違い、サイテーションはリンクを貼られていなくても言及されるだけでSEO効果があると言われています。

 

他サイトやメディアで言及されることにより、外部からの評価である権威性を高めることができます。そのため、被リンクと同じようにSNSなどで情報発信を行うことでサイテーションの獲得を期待できます。

出典・引用元などの情報ソース記載

 

コンテンツ内の情報は、情報の出典元や引用元を明記することが重要です。

 

役に立つ情報であっても、情報の出典元が分からなければユーザーはその情報を信用できません。情報の出典・引用元を記載することで、ユーザーはその情報を信頼しやすくなります。

 

ただし、知名度や権威性のないサイトの情報を引用元としていてもユーザーはその情報を信用できないため、情報の出典・引用元を記載する際には官公庁や新聞社、研究機関など権威性のあるWebサイトを選ぶのがポイントです。

記事の公開日や更新日の明示

 

E-A-Tの中の、信頼性でもあったようにコンテンツの内容がいつの情報であるのかという点も、権威性を高める上で重要なポイントとなります。そのため、その記事がいつ公開されたのか、最後の更新はいつなのかを明示することが重要です。

 

社会情勢も変化していく中で、数年前から更新されていなければ情報が古くなってしまっている場合もあります。

 

情報の更新も重要ですが、更新した日や記事の公開日等を明示することで、ユーザーにもいつの情報であるかを示すことができ権威性の向上にも繋がります。

サイトや記事のテーマの統一性

 

Webサイトを運営する場合、Webサイト内で扱う記事のテーマに統一性があるかどうかも、権威性を高めるうえでは重要です。

 

複数のテーマを扱うサイトは、1つのテーマに絞った特化サイトよりもサイトとしての専門性が確保しずらくなります。

 

サイト内に、様々なジャンルがあるとユーザーも混乱してしまいます。そのため、権威性を高めるためには特定の分野に特化したWebサイト作りを心がけ、幅広いジャンルの情報を盛り込み過ぎないようにする必要があります。

サイトのHTTPS化

 

HTTPS化とは、暗号化された安全な通信方式をWEBサイトに導入することを指します昨今サイバーセキュリティの重要性が叫ばれている中で、HTTPS化されていないサイトなどがあれば、Googleだけでなくユーザーとしても不安を感じて離脱してしまう恐れがあります。

 

そのため、サイトのHTTPS化は何よりユーザーにこのサイトは安全であると安心・信頼してもらうために必要です。

 

HTTPS化だけでセキュリティが万全なわけではないため、日ごろからサイトの安全性には気を配っておく必要がありますが、ユーザーの目に触れるURLに反映されるため、しっかりと対策しておくことが需要です。

定期的な記事更新

 

記事の公開日・更新日の明示に近いところはありますが、いつの情報であるのかは権威性を高める上ではとっても重要となります。権威的だと判断されたWebサイトであっても、長い間更新がないと情報が古いと判断され、権威性を失ってしまいます。

 

適切でない情報は場合によって、ユーザーとのトラブルの原因となり、さらなる信頼性の低下につながるリスクがあります。そのため、最新の情報をキャッチアップし定期的に記事更新をする必要があります。特にニーズの高い記事は、リライトなども行なうようにしましょう。

セミナー・イベントなどのオフライン活動の実施

 

権威性を高められるのは、Webサイト上だけではありません。実際にセミナーやイベントといったオフラインでの活動を行うことも重要です。リアルな活動をすることで、Webサイトを訪れる人の信頼度を高めることもできます。

 

また、今はまだオフラインでの活動をしているところは少ないため、差別化を図る点では大きなメリットがあります。オフラインのセミナーやイベントに参加した人たちが、その後SNSやネット上で口コミや感想を書いてくれることで、サイテーションの獲得にも繋がります。

 

SEOナビゲーター【まとめ】権威性は、Googleが定める検索品質評価ガイドラインにおける評価基準の1つであり、SEOにおいて重視されています。権威性を高めるためには、E-A-Tを意識したコンテンツ作成をする必要があります。E-A-TはSEO対策の土台ともなるため、今回ご紹介した権威性を高める方法を参考に一度自身のWebサイトを見直してみても良いかもしれません。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る