カテゴリーページの基本や重要性と作成におけるポイントを解説

カテゴリーページとはカテゴリーページは、ホームページやブログにおける階層をわかりやすくする役割を果たすページです。コンテンツがただ並んでいるだけでは、ユーザーファーストの設計になっているとはいえません。カテゴリー分けすることでユーザーニーズに対応した導線が作れるだけでなく、サイト内の分類がわかりやすくなります。

カテゴリーページの概要を理解しているつもりでも、SEOにおける重要性や作成、活用におけるポイントまで理解しきれていない方もいるかもしれません。作成や運用においての注意点、カテゴリーという概念そのものについての理解も深めることで、自社サイトの活性化が実現します。

SEO上級コンサルタントユーザーニーズに応えられるページを作成することで、自社への集客や利益向上のメリットが期待できます。カテゴリーページに対する温度感が低いと自負している企業は、すぐにでも既存の状態を見直す事が大切です。

 

 カテゴリーページとは

カテゴリーページとは、ブログやホームページ上のコンテンツを分類し、整理するために活用されるページのことです。コンテンツ単体ではなく、複数のコンテンツをまとめて閲覧したり、概要を把握したりするために活用されます。

site_directory_sample

トップページのように最初のページに設置されていることが多いものを第一階層といいます。対して、第一階層を経て、ユーザーがたどり着く第二階層に該当するページが今回紹介するカテゴリーページです。

第二階層であるカテゴリーページがないと、すべてのコンテンツが第一階層に分類されるためサイト内での渋滞が発生します。

SEO界隈において活用されることの多いCRM上に、複数のジャンルをカテゴリとして設定し、各種コンテンツを分配するのが一般的なカテゴリーページの概念です。

カテゴリーページを身近な例で表すと、書店の本棚がわかりやすいといえます。書店に並ぶ書籍は、ビジネスや趣味、資格といったさまざまなジャンルに分けられているのが特徴です。

いわゆる書店でのジャンルが、Webページ上でのカテゴリーに該当します。ジャンル(カテゴリー)が分かれていないと、購入したい書籍を見つけられずそのまま書店をでてしまう方がほとんどです。

Webページも同様で、コンテンツが乱雑に入れ込まれているだけのホームページでは、いかにコンテンツ単体が優れていてもユーザーの目に触れることがありません。カテゴリーページを設定することでユーザーの導線を確保し、かつ自社のコンテンツが明るみに出る機会を増やすきっかけにもなります。

 

カテゴリーページはSEOにおける重要性が高い

冒頭の項目でも触れたように、カテゴリーページはSEOにおいて非常に重要性の高いページとして位置付けられています。

第一に、ホームページそのものが閲覧しやすくなる点が理由です。カテゴリー内には同じテーマのコンテンツが入れ込まれるため、ユーザーが知りたいことに関連するものをまとめることが可能です。

また、カテゴリーページが複数ある場合、それらすべてがSEOキーワード検索の対象となります。カテゴリーページを作成することで、関連キーワードでの検索やクローラーの巡回といった観点でメリットがあるといえます。

カテゴリーページの設置により、コンテンツを管理しやすくなるのもポイントです。新たなコンテンツを作成した際、カテゴリーが事前に設置されていれば対象の箇所に入れ込むだけでホームページを整理できます。複数あるカテゴリーからニーズを予測し、不足しているコンテンツを作成できるのもポイントです。

ホームページそのものが簡潔になることで、ユーザーにストレスを与えず情報を提供できるのもカテゴリーページによる恩恵です。このように、SEOにおける利点が多いだけでなく、ユーザーにも寄り添った運営につながるのがカテゴリーページの特徴といえます。

カテゴリーページの作成と活用におけるポイント

カテゴリーページを作成し、活用する際は以下に挙げる9つのポイントを把握しておくことが大切です。それぞれの重要性を理解したうえで、より効果的なカテゴリーページの作成と活用につなげてください。

  1. キーワードを含めてタイトルを設定
  2. ロジカルな思考でのカテゴリーの作成・分類
  3. 記事ごとにカテゴリーを設定
  4. 同テーマをカテゴリーに包括
  5. 記事数を担保したうえで作成
  6. 最適なカテゴリー数
  7. 階層構造への意識
  8. 内部リンクの設定
  9. パンくずリストの設定

1.キーワードを含めてタイトルを設定

Google検索で引っかかるよう、カテゴリーページごとに適したキーワードを含めてタイトルを設定してください。ユーザーが一目見るだけで何のページかわかるようにすることも大切です。カテゴリー数が多くなると、タイトルが似通ってしまう可能性があります。サイト内で類似性のあるカテゴリーが乱雑しないよう、言い回しや視点を変えてカテゴリー名を設定してください。

2.ロジカルな思考でカテゴリーを作成し分類する

カテゴリーページの作成には、論理的な思考での分類が重要です。ベースとなるカテゴリーを設置し、そのページに関連したキーワードや内容を論理的に入れ込んでください。カテゴリーが論理的に並んでいないと、クローラーによる検索順位の設定に悪影響があります。サイト全体のコンセプトを客観視したうえで、カテゴリーを作成し分類していくことが大切です。

3.記事ごとにカテゴリーを設定

作成する記事コンテンツによっては、サイト内の複数カテゴリーに該当する場合があります。複数のカテゴリーに設定しておくことで、確かにユーザーを引き込める可能性は高まります。しかし、かえってユーザーを混乱させる可能性があることも認識しておかなければなりません。また、複数カテゴリーにコンテンツを配置したとしても、パンくずリストには1パターンの経路のみが表示されます。そのため、SEO施策においても複数カテゴリーの設定はメリットのないものと認識されています。

4.同テーマをカテゴリーに包括

複数カテゴリーへの分類と同様の観点で、カテゴリー内の同テーマのコンテンツを包括することも重要です。似通っているコンテンツならまだしも、明らかにテーマの違うカテゴリーにコンテンツが入っていては、サイト全体の信用に関わります。SEOの観点でも悪影響があるため、同テーマのコンテンツにおける分類にはしっかり目を向けておく必要があります。

5.記事数を担保したうえで作成

コンテンツを1本作成した程度では、カテゴリーページがあっても意味を成しません。記事を複数作成したうえで、それぞれに適したカテゴリーを作成して分配してください。また、あらかじめ作成するカテゴリーを決めたうえで、当てはまる内容のコンテンツを作成する手法もあります。サイト全体の方向性を定めるきっかけにもなるため、立ち上げフェーズの目標にカテゴリーの作成とコンテンツの分配を設定する観点もあります。

6.最適なカテゴリー数

カテゴリー数が極端に多いと、かえってユーザーは混乱してしまいます。しかし、少なすぎてもカテゴリーとしての意味を成しません。あくまでユーザーが見やすく、自社の管理も行き届きやすいようなカテゴリー数を意識することが大切です。カテゴリー数が多くなりすぎると、ユーザーの時間をより多く奪う結果になります。ユーザーファーストを意識しすぎるあまりカテゴリー数の配慮が行き届いていないということは避けなければなりません。

7.階層構造への意識

クローラーによる評価やユーザーの利便性を損なわないよう、自然な順番での階層構造を意識する必要があります。階層を辿っていくことで、自然な流れでユーザーが臨むコンテンツに辿り着くような階層を設定してください。また、階層構造が複雑化しないよう、あえて少ない階層で留める配慮も大切です。

8.内部リンクの設定

コンテンツ数が増えてきたら、同カテゴリーの記事は内部リンクを設置してください。内部リンクはSEO施策として重要な観点であり、クローラーの巡回を促すために必要不可欠な作業です。内部リンクを設定していない、もしくは誤って設置していることは、自社サイトの活性化における大きなデメリットです。

9.パンくずリストの設定

カテゴリーの道程を示す表示のことをパンくずリストといいます。ユーザーが自分の現在地を把握するうえで重要なコンテンツであるため、必ず設定してください。またパンくずリストは、カテゴリーページだけでなくサイト全体に設定することが大切です。

 

 カテゴリーページに関する注意点

カテゴリーページの重要性やポイントを把握したうえで、以下の注意点について理解しておく必要があります。以下に挙げる注意点を疎かにしてしまうと、かえってGoogleやユーザーからの評価を損ねてしまう可能性があります。

  • カテゴリー名は適切な長さで設定
  •  無題にはしない
  • 名称の似たページを避ける
  • 削除・変更の頻度は抑える

カテゴリー名は適切な長さで設定

カテゴリー名が長すぎると、ユーザーの意欲を削いでしまう可能性があります。サイトによってはすべて表示され亡くなる可能性もあるため、ほとんどメリットがありません。読みやすい長さで、かつ内部の状況が瞬時に理解できるようなカテゴリー名を設定してください。

無題にはしない

稀に、カテゴリーが無題であったり、未分類だったりするサイトがあります。Googleはカテゴリーページの名称やキーワードも評価しているので、必ずカテゴリー名は設定してください。単に名前をつけるだけではなく、SEO観点でニーズの高いキーワードを入れ込むことも大切です。

名称の似たページを避ける

名称が似ているページがある際は、一度内容を整理したうえで包括できないか確認してください。キーワード数で勝負しようと考えると、どうしても似たキーワードでのカテゴリーページを作成してしまいがちです。かえってSEOにおける優位性が損なわれる可能性があるため、名称の類似性にはしっかり目を向けておく必要があります。

削除や変更の頻度は抑える

カテゴリーを頻繁に削除したり、名称を変更したりすると、スラッグも変更されます。スラッグが変更されるとURL自体が変化してしまい、これまで得た効果が消えてしまいます。ユーザーがエラーページに到達する可能性も高まるため、できる限り削除や変更をしないよう意識することが大切です。

カテゴリーについて理解しておくことも大切

ここまで紹介したカテゴリーページに関する内容は、以下で紹介するカテゴリーそのものに関するポイントを理解しておくことも大切です。カテゴリーページの作成や運用を成功させるためにも、カテゴリーについてしっかり把握しておいてください。

カテゴリーのメリットとデメリット

カテゴリー分けには、以下のメリットとデメリットがあることを覚えておいてください。

メリットデメリット
  •  ページ内のコンテンツを探しやすくなる
  • クローラーの回遊率における恩恵がある
  • コンテンツごとに適した分配に時間がかかる
  • カテゴリー名やカテゴリー内のコンテンツが重複しやすい

カテゴリー分けのコツ

カテゴリー分けをする際は、以下に挙げるコツを理解しておくことが大切です。カテゴリーページの設定におけるコツと重複するポイントもあるので、基礎知識として認識してください。

  • カテゴリーは細分化しすぎない(第三階層までが理想)
  • SEOで重要なキーワードをタイトルに入れ込む
  • ユーザーが現在地を把握できるような階層数や名称を意識する(パンくずリスト)

 

カテゴリーとタグの関係性

Webページ内における付箋のような役割を持つのが、タグの特徴です。カテゴリーとは異なりページ内の関係性をつなげる役割はありません。しかし、ページをより細分化するために役立つため、カテゴリーとあわせて活用してください。

タグのメリット

  • サイト内に設定された同じタグのページを一覧で閲覧できる
  • クローラーの回遊が期待できる
  • ページ管理がしやすくなる

タグのデメリット

  • 一つのタグに含まれるページが少ないと質の低いページと評価される
  • タグ設定されたページが少ないことでSEOの評価が下がる

カテゴリーとの違い

  • タグはカテゴリーの構造と関係なく設置できる
  • カテゴリーより細かく分類、設定できる

まとめ

SEO上級コンサルタントサイト内における階層をわかりやすくし、ユーザーに寄り添った設計を実現するためにカテゴリーページが活用されます。コンテンツを分類することで、サイト内での行動がよりスムーズになります。また、SEOの観点で運営側にもメリットが期待できます。カテゴリーページの作成や活用におけるさまざまなポイントを理解したうえで、施策として有益なものを作成してください。またカテゴリーページは、名称の長さや類似性、削除や変更の頻度に目を向けることも大切です。今回紹介したカテゴリーそのもののポイントやタグとの違いもあわせて、自社とユーザー双方にメリットのあるカテゴリーページを作成してください。

 

 

この記事の監修者

上級SEOコンサルタント

上級SEOコンサルタント 坂口 直樹

新潟大学大学院を卒業後、事業会社で10年働く間にSEOに出会う。自身でサイトを多数立ち上げ、実験と検証を繰り返しながらSEOを研究。お金に変えることを目的とはせず、ユーザーに何が有益かを問い続け改良を繰り返すうち、「インターネット上の真実ではない情報を正してユーザーのためになる情報を発信する」という天啓を得る。現在は東京SEOメーカーの上級SEOアドバイザーとしてアサイン。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事