キーワード出現率とは?キーワード出現率とSEO対策の関係

キーワード出現率とは

キーワードの出現率とは、キーワードがWEBページ内に表示される割合です。SEO対策を考えた場合、キーワード出現率を優先させなければいけないという説があります。しかし、検索エンジンの進歩により、出現率の優先順位は下がりました。コンテンツを上位表示させるためには、SEOの外部対策よりもコンテンツの中身が重要視されています。

 

SEOコンサルタントSEO対策としてキーワード出現率の優先順位は下がりましたが、コンテンツの内容を改善するためにキーワード出現率を無視できないのも事実です。記事ではキーワード出現率とSEOの関連、キーワードを入れるポイント、キーワード出現率チェックツールの使用方法を解説します。

 

キーワード出現率とSEOの関係

 

2022年現在、キーワード出現率とSEO評価は関連がありません。しかし、1990年代初期のSEO対策ではキーワード出現率は大事な位置を占めていました。

1990年初期にはGoogleの検索エンジンの判断力が弱く、キーワードをたくさん含めるSEO対策がとられていました。たとえ不自然な日本語になったり、羅列があったとしても、たくさん含めることで検索エンジンが重要なキーワードだと認識しました。結果、出現率が高いWEBサイトの検索順位は上がりやすかったのです。

1990年から30年以上過ぎた現在ではGoogleのクローラー(検索エンジンが検索の順位を決めるための要素をサイトから収集してくれるロボット)が進化し出現率は優先度は低くなりました。しかし、出現率をまったく考えないでWEBサイトを作ることも間違いです。

 

キーワード出現率とは

 

キーワード出現率とは、WEBサイト内に出現する単語の割合のことを指します。

かつてのSEO対策では、キーワード出現率の割合は多すぎるのも、少なすぎるのも駄目で、適切な数値があるとされていました。キーワード出現率の考え方は時代とともに変わり、現在では検索順位と関係なく、まったく対策をとっていないのもいけないが、多く入っているから検索順位が上がるということはありません。

 

キーワード出現率の目安

 

キーワード出現率は、多すぎず、少なすぎずというキーワード調整のひとつの目安と考えます。

 

SEO対策としてキーワード出現率を考えるのは有効ではありません。しかし、対策をしていないサイトは読者にとって読みにくいWEBサイトになっている可能性があるため見直しが必要です。

 

出現率が高すぎるとペナルティを受ける

 

クローラーの進化により、キーワードを詰め込んだWEBサイトはGoogleに評価されません。キーワード出現率が高すぎるWEBサイトは、Googleからペナルティを受けることもあります。ペナルティを受けると、検索順位が下がったり、検索結果に表示されなくなります。

 

Googleは読者のことを1番に考えWEBサイトを作成する必要があると発表しています。Googleの見解を理解してWEBサイトを作成することがSEO対策的にも重要です。

 

Googleの公式見解は以下のとおりです。

 

「キーワードの乱用」とは、Google の検索結果でのサイトのランキングを操作する目的で、ウェブページにキーワードや数字を詰め込むことです。キーワードの乱用では、(自然な文章としてではなく)リストやグループの形式を使ったり、関連性のない場所でキーワードが記載されたりする傾向があります。ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザー エクスペリエンスが低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります。文脈に合ったキーワードを適切に使用した、情報に富んだ有用なコンテンツを作成することに焦点を合わせてサイトを運営してください。

引用:無関係なキーワードとキーワードの乱用 | Google 検索セントラル |

読者にとって有益なコンテンツを作る

 

不自然にキーワードを使うと、読者に最適なWEBサイトではないとクローラーは認識します。

 

SEO対策でキーワード出現率が優先度が高かったのは過去の話です。現在のGoogleが評価するポイントは、出現率ではなく読者にとって有益なコンテンツであるかどうかです。

 

Googleのサイト評価の基準は、WEBサイトの質や網羅性、オリジナル性です。キーワードの追加や削除をするのみではWEBサイトの評価は変わりません。文章中のキーワードの個数を調整しても意味はないのです。

 

キーワードの個数ばかりに気を取られていると、読みづらい記事になりGoogleからのサイト評価を下げる結果になります。オリジナル性の高いWEBサイトを作成することは、Googleだけではなく読者にとっても有益なコンテンツとして評価され、結果的に上位表示されるサイトを目指せます。

 

Googleのサイト評価の見解は以下のとおりです。

 

Google の検索結果におけるサイトのランキングを上げるうえで最も大切なことは、情報を豊富にして、コンテンツのテーマを示す関連性の高いキーワードを適切に含めることです。ただし、ページのランキングを上げる目的で、語数は多くてもオリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったくないページを作成して、ユーザーの関心を引こうとするサイト所有者もいます。Google では、無断複製されたページや、オリジナルのコンテンツがほとんどなくユーザーにとって価値のないページを表示することでランキングに入ろうとするドメインに対して、処置を取ります。

引用:質の低いコンテンツがサイトのランキングに与える影響 | Google 検索セントラル | 

 

キーワードを入れるポイント

 

文章にキーワードを入れるポイントは、本文中に自然にキーワードを含めることや文章で使うタグに適切に設定することです。以下の方法でWEBサイトを作成するとGoogleからの評価が高まり上位表示される可能性が上がります。

 

  • 本文中に自然にキーワードを入れる
  • 見出しタグにキーワードを入れる

2つのポイントを意識してWEBサイトを作成することには大きな意味があります。

 

本文中に自然にキーワードを入れる

 

文章のなかに、キーワードを詰め込みすぎたり、使われていなかったりすると不自然な文章になります。不自然な文章は読みづらく読者のことを考えていないWEBサイトになるので注意が必要です。

 

読者目線で記事を書いていくと、意識しなくとも記事のなかに自然にキーワードが入る文章を書くことができます。不自然な入り方にならない記事を書くには読者のことを最優先に考えて書くことです。

 

見出しタグにキーワードを入れる

 

SEOで上位表示させるには、メインキーワードを含んだタグを適切に使うほうがキーワード出現率より有効です。いくつかタグを紹介します。

 

  • title(タイトル)タグ
  • h(見出し)タグ
  • tableタグ

どのタグも検索エンジンに記事の内容を正しく伝える役割を持つタグです。なかでもtitleタグやhタグにメインキーワードを含めることは、検索エンジンにページに書いてある内容とキーワードが関連性があるものだと認識させることができます。ページに関連性があることを認識させるとSEO評価へとつながります。

とくにtitleタグはSEOに大きな影響を及ぼします。SEOで上位表示を狙うなら読者にとって有益なコンテンツを作ることとタグを適切に設定し検索エンジンにページの内容を正しく伝えることが重要です。

 

キーワード出現率チェックツールの利用方法

 

キーワード出現率はSEO対策では意味はありません。しかし、読みやすいコンテンツかどうかという読者目線で考えるとキーワード出現率は意味があります。

キーワード出現率を調べるツールのなかでも解析結果がわかりやすいファンキーレイティングという無料キーワード出現率取得ツールを例に利用方法を解説します。

ファンキーレイティング

ファンキーレイティングはWebサイトやテキストのキーワード出現率をチェックできるSEO対策のための無料ツールです。公開前のテキストのチェックや指定したキーワード出現率調整もできます。

「URLを入力」と「テキストを入力」のどちらかを選び、キーワードの出現率をチェックしたいコンテンツを指定し、「チェック」ボタンをクリックすれば対象のキーワード出現率をチェックできます。

 

自社サイトの現状チェック

 

間違ったキーワードの入れ方をすると、コンテンツが上位表示されないという問題が起こります。その際は自社サイトのキーワード出現率を調べる手法があります。キーワード出現率を調べると、キーワード出現率が少ない、多いということがわかります。

 

自社サイトを上位表示させるためには、必要以上にキーワード出現率が高いなら文章の見直しが必要です。また、キーワードが不足していることで文章の理解がむずかしくなるようなら自然にキーワードを織り込めないかの見直しも必要です。

 

競合サイトのチェック

 

競合サイトのキーワード出現率を調べることにより自社サイトとの比較が可能です。SEO対策がうまくとられているサイトは上位表示されます。競合サイトと自社サイトのキーワード数を比較することは無駄ではありません。

 

上位表示されているサイトとは、検索ニーズや情報を満たしているサイトといえます。競合サイトを調べることで、自社サイトに不足しているキーワードを調べることができます。

 

自社サイトより上位表示されている理由は、競合サイトのほうがユーザーの検索意図を考えて検索意図に沿った満足度が高いサイトと考えられます。

 

自社サイトと競合サイトで出現率が大きく違うキーワードがあるなら、競合のほうがユーザーの検索意図の答えを満たしている可能性があります。競合サイトのキーワードには自社サイトのキーワードを見直すヒントが含まれています。

しかし、競合サイトの真似をしてキーワードを入れても自社サイトのコンテンツを上位表示することはできません。競合サイトのチェックはあくまでも参考程度に留めてください。重要なのはコンテンツの内容です。競合サイトのキーワード対策を真似るよりコンテンツの充実をはかることが大切です。

リライトの際のチェック

 

競合記事と比較し、自社記事に不足しているキーワードをコンテンツ内に追加することで、検索順位の向上につなげることができます。既存記事のリライトは検索順位の向上に有効な手段です。

 

自社記事と比較して競合記事のキーワード出現率が高かった場合は、自社の情報量が不足していると考えられます。その際、競合よりもキーワード出現率が低いから、とりあえずキーワードを含めるという考えは間違いです。Googleが評価するのは読者のことを1番に考えられたコンテンツです。

 

上位表示されない原因を考えるときに、titleタグやh(見出し)タグにキーワードを適切に設定しているか、読者のことを最優先にして記事を書いているかを考えなければいけません。

 

リライトする際は、読んだときに自然に読みすすめられる記事にリライトすることが最優先です。

 

まとめ

キーワード出現率は多すぎても、少なすぎても駄目で、記事のなかに適度に使用しなければいけません。現在のSEO対策では、キーワード出現率は重要ではなくなりました。しかし、まったく無視していいものでもありません。

自社サイトを上位表示させたいときに考えるポイントは2つです。

 

  • タグに適切にキーワードを設定しているか
  • 読者にとって読みやすい記事になっているか
SEOコンサルタント2つのポイントをおさえながらキーワード出現率を参考にコンテンツをリライトすることで、検索ニーズを網羅した読者にとって有益な記事を作ることができます。キーワード出現率をうまく活用して、高品質なコンテンツを作るとGoogleに評価され、上位表示される可能性も上がります。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

 

 

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事