【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

漫画SEO用語集‐ペンギンアップデート

SEO用語集漫画‐ペンギンアップデート① SEO用語集漫画‐ペンギンアップデート② SEO用語集漫画‐ペンギンアップデート③ SEO用語集漫画‐ペンギンアップデート④ SEO用語集漫画‐ペンギンアップデート⑤

漫画SEO用語集その1‐ペンギンアップデート

ペンギンアップデートとは?

ペンギンアップデートとはペンギンアップデートとは、主に外部リンクのスパムを取り締まるアルゴリズムです。外部リンクの品質を見直すアルゴリズムで、低品質のリンクを受けているWEBサイトの順位を下げます。外部リンクを意図的に増やしGoogleのガイドラインに違反しながらブラックハットSEOを行っているサイトの順位を下げる目的で2012年4月24日に第1回ペンギンアップデートが始まりました。最近では、スパム行為による評価はリアルタイムに無効化されています。

>>ホワイトハットSEOとブラックハットSEOについて

 

ペンギンアップデートの背景と歴史

2012年4月24日に初めてペンギンアップデートが行われましたが、このころのGoogle検索では、検索エンジンを騙すようなブラックハットSEOでも、そのWEBサイトがユーザーに対して全く役に立たないコンテンツでもSEOの技術を駆使すれば、簡単に上位表示することができていました。

そのため、アフィリエイトのみを目的としたサイト等もたくさん上位表示していました。そこで、Googleはこの状況を改善するためにペンギンアップデートと呼ばれるアルゴリズムの実装を行いGoogleの『品質に関するガイドライン』に違反する過度なSEOを行っているサイトが検索上位にならないようにしました。

 

ガイドラインに違反する過度なSEOとは

  • リンクプログラム・・・ディレクトリサイトの登録やレビューからのリンク。有料リンクはダメ
  • 自動生成されたコンテンツからのリンク・・・システムで大量記事からリンクを供給することはダメ
  • クローキング・・・検索エンジンと一般ユーザーと違う内容のWEBページを見せることはダメ
  • 不正なリダイレクト・・・クローラーが読み込むページと異なるページをユーザーに表示することはダメ
  • 隠しテキストや隠しリンク・・・ばれないように隠してリンクをはったりテキストを使ったりする事はダメ
  • コンテンツに関係のないキーワードを詰め込むことはダメ
  • リッチスニペットマークアップの悪用はダメ
SEOナビこれらの手法は現在ではスパムとみなされるので絶対にやめましょう。やってしまうとGoogleのインデックスから削除されるというペナルティを受ける可能性が大きくなります。

ペンギンアップデートの歴史

2012年4月24日:約3.1%~5%の検索結果に影響があったと言われている
2012年5月26日:0.1%以下の検索結果に影響があったと言われている
2012年10月5日:約0.3%の検索結果に影響があったと言われている
2013年5月22日:2.3%の検索結果に影響があったと言われている
2013年10月4日:約1%の検索結果に影響があったと言われている
2014年10月17日:1%以下の検索クエリに影響があったと言われている
2016年9月23日: 最後のアップデートと言われこれ以降はコアアルゴリズムの一部となりリアルタイム更新に変更されました。

引用元:“Penguin 5, With The Penguin 2.1 Spam-Filtering Algorithm, Is Now Live

ペンギンアップデートはパンダアップデートとGoogleのアルゴリズムの双璧をなす必ず押さえておきたいアルゴリズムです。

SEO最適化MENペンギンアップデートはいかがでしたか。低品質のリンクはダメってことです!自作自演リンクもダメ。外部サイトを構築するのであれば、そのサイトもユーザーにとって本当に必要なサイトにしてあげることです。きちんとしたサイトを構築して、そこからリンクをもらう分には問題ありません。リンクには気を付けましょうね。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る