コンテンツSEOの成功事例を紹介!ポイントやメリットも解説

コンテンツSEOの成功事例を紹介

コンテンツSEOとは検索をするユーザーの意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信し、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンから集客を目指す手法です。コンテンツSEOは検索上位を狙ううえで覚えておくべき施策です。

 

Webを通しての集客が一般的となった今、コンテンツSEOを理解しておくだけでSEO対策に差が生まれます。コンテンツSEOを疎かにして検索流入を増やすのは困難です。

SEOコンサルタントコンテンツSEOを理解することで、SEOに対してより理解を深められます。

 

 

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは検索するユーザーの意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信して、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンから集客を目指すSEOの1つです。SEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジン最適化のことで検索上位に表示させることを指します。

 

つまりコンテンツSEOとは検索ユーザーが知りたいことに対して応え、検索ユーザーにとって有益な情報を提供して検索上位を狙う施策ということです。これに加え、タグの最適化、被リンクの獲得などを組み合わせ検索上位を狙っていきます。

 

コンテンツSEOはSEO対策においてもっとも基本的な部分です。コンテンツSEOへの理解なしにして、検索上位を狙うのは困難です。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

 

コンテンツSEOと意味が混合される単語として、コンテンツマーケティングがあります。コンテンツマーケティングとは、あくまでコンテンツを利用してユーザーに価値あるコンテンツを提供し、顧客・見込み客とコミュニケーションをとり、最終的にはファンとして定着させる手法です。

 

つまり、集客したユーザーに対して価値のあるコンテンツを提供し、CVからリピーターへと導く一連の対策を指します。一方のSEOとはコンテンツマーケティングのなかの1つの手法です。

 

サイトを開設し、検索ユーザーに沿った質の高いコンテンツを提供します。そうすることにより、検索ユーザーを自身のサイトに集めることが可能です。コンテンツSEOはあくまで検索ユーザーを集める手法、コンテンツマーケティングは集客からCVへ、さらにリピーターへ導くことに重点を置いています。

 

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングのなかの1つの手法であるものの、イコールにはならないため間違えないよう注意してください。

 

コンテンツSEOが広まった背景

コンテンツSEOが広まった背景として、検索順位が重要視されるようになったのが要因の一つとして挙げられます。Googleは何年も前から現在のように検索精度が高かったわけではありません。以前は被リンクを大量に設置したり、品質の低いコンテンツを量産したりしても上位表示が可能でした。

 

現在、Googleはアルゴリズムや検索エンジンの精度を見直し、ユーザーの利便性を最優先にしたページ作りがされています。

 

つまり、いかにユーザーにとって質の高い記事で独自性が持たれているかが重要視されるようになったのです。現在のGoogleで検索上位を取るということは、ユーザーにとって質の高いコンテンツと判断された何よりの証拠です。検索上位を取るにはSEO対策が必要不可欠です。

 

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOの理解は、Googleのアルゴリズムを理解することに繋がります。Googleのアルゴリズムを理解し、検索上位を獲得すればあらゆるメリットを得ることが可能です。ここでは代表的なメリットを4つ説明します。

 

長期的にコストパフォーマンスの高い集客ができる

 

Webコンテンツは一度公開すれば、Googleのガイドラインに違反したり、自ら削除したりしない限りはネット上に残り続けます。もちろん、定期的なリライトなどをしなければ順位は下がるものの、消えることはありません。

 

サイトを公開している限りは検索エンジンからの集客が期待できます。定期的にSEO対策をおこなえば検索上位の維持も可能です。コンテンツSEOは24時間宣伝していることになります。TVCMや街のモニターなどの宣伝は準備時間も費用もかかりますが、コンテンツSEOならば基本的には人権費のみです。

 

しっかりとしたメディアを作るまでには時間がかかるものの、それでもTVCMよりも安い費用で24時間宣伝し続けられるのは大きなメリットです。

 

プレゼンや営業などで二次利用できる

 

上位表示されたコンテンツは良質であることに間違いありません。良質なコンテンツが詰まったサイトは営業資料やプレゼンでも有効活用ができます。資料を1から作成するのは時間がかかるものの、コンテンツならば既に作成されているため作成に時間を費やす必要がありません。

 

コンテンツSEOは集客ができ、さらには営業などで二次利用できるため、時間だけではなくコスト削減にもなります。自社のコンテンツが上位表示されていれば、自社製品やサービスなどをアピールをしやすくなります。

 

潜在顧客へのアプローチができる

 

コンテンツが検索上位に掲載されれば顧客以外の方、つまり潜在顧客にもアプローチが可能です。コンテンツの内容を自社がおこなっている事業や取り組んでいる製品にすることで、これらに対して興味を持つユーザーが自社の顧客となる可能性が高くなります。

 

自社のコンテンツに定期的にアクセスしてもらえば商品購入、サービス利用へとつながります。既存の顧客にアピールしながら潜在顧客へのアプローチができるため、より短時間で効率よく顧客を増やすことが可能です。

 

企業に対する信頼と信用が上がる

 

企業の知識や取り組んでいることを良質なコンテンツで発信していくことにより、ユーザーからは信頼できる情報を提供してくれる企業という信用と安心感につながります。ただ自社について述べるよりも、ユーザーにとって役立つコンテンツを発信する方がより信頼を実感できるものです。

 

営業をかけられた際もホームページがまったくない、あるいは自社のことしか書かれていないのであれば興味が湧きません。しかし、検索上位に表示される企業やタメになるコンテンツを発信している企業であれば、とりあえず聞いてみようとなるはずです。

 

コンテンツは製品の売上につながるだけではなく、企業に対する信頼と信用も積み上げられるものなのです。

 

サイトが会社の資産となる

 

コンテンツはサイトが会社の資産となります。あるジャンルのキーワードでコンテンツを作成したとします。そのコンテンツは削除したり、ドメインやサーバーの更新を忘れたりしなければWeb上に残り続けるものです。

 

何年も何ヶ月も作成してきたコンテンツは会社の資産となります。何年前のコンテンツでも定期的に見直しをし、リライトをしていけば上位のキープは可能です。

 

コンテンツSEOのデメリット

 

コンテンツSEOは集客につながり、プレゼンなどでも二次活用として利用でき、企業の信頼向上にも寄与します。しかし、楽をして検索上位が取れるわけではありません。コンテンツSEOはさまざまな企業がおこなっており、試行錯誤をして検索上位を取り、キープし続けています。

 

キーワードがブルーオーシャンならまだしも、レッドオーシャンともなれば上位獲得はむずかしいものです。コンテンツSEOにはそのように結果や制作に関するデメリットがあります。ここではコンテンツSEOの代表的なデメリットである次の3つを紹介します。

 

  • 結果が出るまでに時間がかかる
  • コンテンツ制作に時間がかかる
  • コンテンツ制作にコストがかかる

 

結果が出るまでに時間がかかる

 

コンテンツSEOに取り組む際のもっとも大きなデメリットといっても過言では有りません。結果が出るまでに非常に時間がかかります。例えばノウハウを持っている方に作成依頼し、自信をもってコンテンツを公開したとしても、すぐに検索結果に反映されるわけではありません。

 

まずはGoogleのクローラリビリティに発見してもらう必要があります。しかし毎日何記事も更新されているGoogleでは、発見されやすくなるようにコンテンツ作成者の方で工夫が必要です。

 

公開されたとしてもリライトをしたり、内部リンクを施したりして順位を上げていき、そうして1ページ目や1位などの上位を獲得できます。直ぐに結果が出るものではないのは大きなデメリットです。

 

コンテンツ制作に時間がかかる

 

1つのコンテンツにしても、多くの時間が必要です。キーワード選定から競合調査、設計図などさまざまなことを考え、コンテンツ作成に取り組んでいきます。キーワードボリュームが大きいものともなれば、上位表示への難易度も高くなり、さらに時間もかかります。

 

慣れの部分もありますが、それでもコンテンツ制作には時間がかかるものです。

 

コンテンツ制作にコストがかかる

 

コンテンツ制作には人件費やドメイン、サーバーなどに関する運用コストが発生します。TVCMなどの広告のように莫大な費用はかからないものの、それでもコストは発生します。

 

人件費は依頼先によって削減できる部分でもありますが、高いクオリティを期待するのならばやはり高いコストが発生するものです。長くコンテンツを続けるためにも、ある程度の予算を用意し、長期的にコンテンツを運用できるようにしなければなりません。

 

コンテンツSEOで抑えておきたいポイント

 

コンテンツSEOは企業や人によってさまざまな知識があり、多少異なる部分もあります。しかし、基本的にコンテンツSEOはユーザーにとって質の高いコンテンツを提供することです。そこを間違えてしまうと、コンテンツSEO自体成り立たなくなってしまいます。

 

まずはコンテンツSEOで抑えておきたい基本的なポイントを把握することが重要です。

 

読者にとって有益なコンテンツを作成する

 

発信したいコンテンツに関連して、そのユーザーはどんなコンテンツであれば有益と感じるのかが大事です。検索上位に表示されない原因は、一言でいうならば有益なコンテンツではないからです。

 

Googleの検索アルゴリズムの仕組みについて知り、Googleは何を基準として品質を判定しているのかを知らなければなりません。

 

検索意図を把握する

 

コンテンツSEOは読者の質問に答えるものです。そのため読者が疑問に思っていることに寄り添って、悩みを解決しなければなりません。そのヒントを得るにはユーザー視点で検索意図を考え、競合記事はどのような設計になっているのかを見ることが大事です。

 

定期的に記事を見直す

 

公開後の記事は定期的に見直しをし、リライトをすることが重要です。検索上位を取ったから終了では、順位が下がっていく一方です。間違った情報は質の良いコンテンツとはいえません。数ヶ月前、数年前の記事は情報が間違っている可能性もあるため、リライトをして正しい情報へと変える必要があります。

 

コンテンツSEOの作成手順

 

  1. キーワードに応じた検索意図を検討する
  2. 記事の執筆
  3. 検証
  4. 新しいコンテンツを作成する

質の高いコンテンツを作成するには、手を抜かずに定期的に更新をしなければなりません。また、現在は検索エンジンは画像の質を判断します。そのためフリー画像ではなく、画像作成をするのも1つの手です。

 

キーワードに応じた検索意図を検討する

 

コンテンツSEOはターゲットを決め、ターゲットのゴール、いわば悩みを解決するのが重要です。キーワードの先にゴールを決め、質の高いコンテンツを作成します。またポイントとして、検索ボリュームが多い場所では上位表示がむずかしいものの、少ない場所では上位表示しやすいです。

 

そういう場所を狙うのも1つの手です。最終的に読者に行動を起こしてほしいのか、解決したいのかなどゴールを明確にしてください。

 

記事の執筆

 

設計書が作成できたら、検索エンジンの仕組みとユーザー視点を意識して執筆していきます。キーワードを見出しや文章中に含めたり、画像を工夫したりなどあらゆる工夫をします。しかし、アルゴリズムに違反するようなものは逆効果です。

 

キーワードを無理やり詰め込む、コピーコンテンツなどは避けてください。その後は何度も校正をし、おかしい文章や誤字はないかなど確認をします。

 

検証

コンテンツを公開した後は、効果測定というものを必ずしてください。効果測定にはGoogle Search ConsoleやGoogle Analyticsなどのツールを使用しておこないます。分析することで、検索順位、順位の変動、マイナス評価となる原因の特定などが可能です。

 

コンテンツを公開して3ヶ月経ったものの、何も変化がない場合は内容の見直しが必要です。しかし、これは上位表示の場合でも同様です。放置していては順位が下がっていくため、定期的に見直しをしてリライトをしてください。

 

新しいコンテンツを作成する

大きな効果を期待するには、コンテンツを量産していく必要があります。1つのコンテンツではドメインパワーなどサイト自体の評価が低いため上位評価は困難です。同じ方法でコンテンツを積み上げていき、サイトを育てていきます。業務フローも決め、効率よく良質なコンテンツを作成します。

 

コンテンツSEOの成功事例

 

コンテンツSEOは、今やさまざまな企業がおこなっています。そして企業にはなくてはならないものとなっています。ここでは会社のコンテンツSEOの成功事例と、併せて得られた成果を紹介します。

 

クックパッド株式会社

クックパッド株式会社は、自由研究でコンテンツSEOを取り入れました。キーワードで検索ユーザーの意図を汲み取り、ニーズに合ったコンテンツを制作したところ、アクセスが急増し、投稿される料理レシピ数も増加しました。

 

株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ベネフィット・ワンは広告運用コストの増大をきっかけに、自社メディア「ボーグル」を立ち上げました。ボーグルは立ち上げ3ヶ月で1日に1件のCVを獲得しました。さらに半年後には、健康経営や働き方改革など、働き方に関するキーワードで上位を獲得しています。

 

株式会社LIG

株式会社LIGは「LIGブログ」という名前のブログメディアを立ち上げました。結果は毎月500万PVを得る大成功です。ほかのメディアと差別化がしっかりとされており、SNSでも度々拡散されています。収益獲得にもつながっているとのことです。

 

まとめ

SEOコンサルタントコンテンツSEOはSEO対策をするうえで欠かせないものです。しかし、すぐに効果が出るわけではなく、さらに必ず効果が出るものではありません。とはいえ、コンテンツSEOを習得できれば、事業の可能性はさらに広がります。まずはコンテンツSEOへの理解を深め、質の高いコンテンツをしっかりと理解する必要があります。検索上位を獲得している記事の特徴や共通点を探し出し、コンテンツSEOへの理解を深めていくことが検索上位を獲得する鍵です。

 
 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

 

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら