東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

パンダアップデート‐漫画SEO用語集②

パンダアップデート-SEO用語集漫画①パンダアップデート-SEO用語集漫画②パンダアップデート-SEO用語集漫画③パンダアップデート-SEO用語集漫画④パンダアップデート-SEO用語集漫画⑤

漫画SEO用語集その2‐パンダアップデート

パンダアップデートとは?

パンダアップデートとはパンダ・アップデートとは、ユーザにとって価値のない低品質なコンテンツを検索上位に表示されにくくするために行われたGoogleの検索アルゴリズム・アップデートです。日本では2012年にパンダ・アップデートが導入されました。パンダアップデートは白黒をはっきりさせる意味を込めて”パンダになぞらえて命名されました。

パンダアップデートでは、ユーザーにとって価値のない低品質なサイトの順位を下げますが、具体的には下記の4つのようなサイトを指します。

 

  • サイト自体の独自性(オリジナリティ)や専門性が低く内容が薄いサイト
  • 自動生成されたサイト
  • アフィリエイトなどの広告の占める割合が多く独自コンテンツの割合が低いサイト
  • サイト内で重複ページや類似ページ、コピペ率の高いページが多いサイト
  • 他のサイトと類似しておりコピペ率が高くミラーサイトと認識できるサイト

 

パンダアップデートの背景と歴史

2011年の2月にアメリカで初めてパンダアップデートが実行され、日本では、2012年7月に初めて実施されました。パンダアップデートのアルゴリズムは当社はすべて手動で更新されていたようですが、20133月以降は自動によるアップデートに切り替わりました。現在では、1ヶ月に1回ほどの頻度で継続して行われているようです。

SEOナビGoogleがいかに皆様にサイトコンテンツに力を入れて良いコンテンツを作っていってほしいのかが、このパンダアップデートを見ればよく分かりますね。サイトコンテンツを頑張りましょう。

パンダアップデートの歴史

2011年2月24日:11.8%の検索結果に影響とアナウンス ※アメリカのみ
2011年4月11日:2%の検索結果に影響とアナウンス ※英語圏全体
2011年5月10日:影響度は公表なし
2011年6月16日:影響度は公表なし
2011年7月23日:影響度は公表なし
2011年8月12日:6-9%の検索結果に影響 ※英語圏以外
2011年9月28日:影響度は公表なし
2011年10月19日:約2%の検索結果に影響
2011年10月19日:1%以下の検索結果に影響
2012年1月18日:影響度は公表なし
2012年2月27日:影響度は公表なし
2012年3月23日:約1.6%の検索結果に影響
2012年4月19日:影響度は公表なし
2012年4月27日:影響度は公表なし
2012年6月9日:1%の検索結果に影響
2012年6月25日:約1%の検索結果に影響
2012年7月24日:約1%の検索結果に影響
2012年8月20日:約1%の検索結果に影響
2012年9月18日:0.7%以下の検索結果に影響
2012年9月27日:2.4%の検索結果に影響
2012年11月5日:1.1%の検索結果に影響 ※アメリカ0.4%に影響
2012年11月21日:0.8%の検索結果に影響
2012年12月21日:1.3%の検索結果に影響
2013年1月22日:1.2%の検索結果に影響
2013年3月15日:影響度は公表なし
2013年6月18日:アップデートは継続するが公表はしないことを発表

引用元:“Google Confirms Panda Update Is Rolling Out: This One Is More “Finely Targeted

パンダアップデートはペンギンアップデートとGoogleのアルゴリズムの双璧をなす必ず押さえておきたいアルゴリズムです。

SEO最適化MENパンダアップデートはいかがでしたか。ユーザーにとって良いコンテンツを作っていく事が大事です。他のサイトのコピペなんてもってのほか。他のサイトのリライトもやめましょう。誰もまだインターネットの世界にアップしていないオリジナルの記事とテーマでサイトコンテンツを作ることがSEO成功の近道ではないでしょうか。Contents is Kingですね!

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る