格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SSL対応でユーザーに安全・安心を

検索ユーザーへの安全・安心を最優先とアナウンスしているGoogleとしては、SSL対応のHTTPS化されているWebサイトを優遇するのは、当然と言えば当然と言えるでしょう。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で送受信されるデータの暗号化通信手順で、URLが“https://”(未対応は、http://)で始まり、南京錠の形をした“鍵マーク”が表示されるので、対応・未対応をすぐ確認できます。

従来は、ECサイトのように“お金”にかかわる一部サイトで導入されていたものですが、SEO(検索エンジン最適化)に特に影響されるものではないと思われていましたが、検索エンジンシェアNo.1のGoogleから優遇されるということもあって、現在では全てのWebページをHTTPS化するSSLは当たり前という状況となっています。

未対応のサイトには、逆に“プライバシーが保護されません”といった類のメッセージが表示されるため、多少投資が必要になっても、対応をせざるを得ないと考えているサイト管理者もいるかもしれません。

しかし、セキュリティ強化は時代の趨勢です。こんな点でも、GoogleがWeb関係で牽引役を果たしていると言えるかもしれません。以前は、SSL対応しなかったからと言って、SEO上での直接的影響は少なかったですが、Googleが公式にSSL化を推奨しており、順位にも影響していることを公言しています。弊社でもSSL化できていないサイトは必ずSSL化するようにサイト内部修正診断書で指示いたします。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る