構造化データの種類とは?メリット・デメリットやマークアップ方法を解説

構造化データとは

構造化データとは、検索エンジンがコンテンツを正確に認識するために用意されたデータ形式です。コンテンツが正確に認識されると、検索順位に適切に反映されたり検索結果に詳細な情報が表示されたりします。

 

SEOコンサルタントそのため、SEOを意識したサイト運営をするならぜひ押さえておきたい知識です。本記事では、構造化データの概要と種類・具体的なマークアップ方法などを解説します。

 

構造化データとは何か

 

構造化データとは、検索エンジンがページの意図を認識する際に手掛かりとなるものです。Googleなどの検索エンジンが、ページの内容を正確に理解するために存在します。

 

たとえば「田中太郎:作家」という文字があった場合、田中太郎には「名前」を、作家には「職業」を意味する情報だと定義づけを行うイメージです。そもそも検索エンジンは、文字だけの情報でコンテンツの中身を判断しないといけません。ゆえに、人間と同じように直感的に内容を判断するのは難しいのです。

 

以下では、構造化データをさらに理解するための基礎知識を紹介します。

 

 

  • セマンティックWeb:構造化データの元となった考え方
  • ボキャブラリー:構造化データにより情報を定義する規格
  • シンタックス:ボキャブラリーの記述方法

順に確認していきましょう。

 

セマンティックWeb

 

セマンティックWebは、検索エンジンに文字だけでなく意味や文脈を認識してもらうことで、コンテンツをより正しく理解させようとする考え方です。World Wide Webの考案者であるTim Berners-Lee氏が提唱し、構造化データもこの考え方が元となって生まれました。

 

セマンティックWebは、検索エンジンの認識能力が上がることで、Webの利便性がさらに高まることを目的としています。構造化データを理解する上で欠かせない考え方なので、基礎知識として認識しておくとよいでしょう。

 

ボキャブラリー

 

ボキャブラリーは、構造化データで情報を意味づけるための規格です。とくに有名なボキャブラリーは「Schema.org」です。Schema.orgは、GoogleやYahooなどが共同でサポートしており、日々規格の拡張が進められています。

 

上述した「田中太郎:作家」の例で、名前・職業を表す規格は以下のとおりです。

 

 

  • 名前:name
  • 職業:hasOccupation

例では人を対象とした規格を紹介しましたが、他にも組織や場所・製品などの特徴を意味づけるボキャブラリーが用意されています。構造化データを設定する際には、コンテンツの内容に合った規格を使用しましょう。

 

なお、以前はSchema.org以外のボキャブラリーに「data-vocabulary.org」がありました。ただ現在はGoogleのサポートが終了しているため、これから構造化データを設定する場合はSchema.orgを利用しましょう。

 

シンタックス

 

シンタックスは、ボキャブラリーの記述方法を指します。上述した例では「名前や職業を意味するname・hasOccupationをどのようにマークアップするか」という仕様の部分です。代表的なシンタックスは、以下の3つです。

 

  • JSON-LD
  • Microdata
  • RDFa

上記は、Google検索でも問題なく使用できます(詳細は次章で解説)。テキストの内容を意味づける規格(ボキャブラリー)がわかっても、HTMLにマークアップする方法を知らないと設定ができません。構造化データを設定する際には、ボキャブラリーとシンタックスの概要・役割について理解しておきましょう。

 

構造化データの種類

 

Google検索で使用できる構造化データの形式は、以下の3種類です。

 

  1. JSON-LD
    HTMLで各情報に直接マークアップせず、ページの見出し・本文のスクリプトに記述する。「”name”: “田中太郎”」のように「”規格名”:”値”」と入力するだけなので、構造化データの設定もわかりやすく簡単。Googleが推奨している形式。
  2. Microdata
    HTMLタグ属性を利用してプロパティに名前をつける。本文・見出しともに利用可能。コードが複雑になりやすいので注意。
  3. RDFa
    HTMLタグ属性によって定義づけを行うHTML5の拡張機能。XHTMLなどその他の言語でも使用できる。

Googleは、上記3つのなかで「JSON-LD」を推奨しています。少ない記述でシンプルにマークアップできるので、可能であれば同形式を使用するとよいでしょう。

 

構造化タグの種類

 

構造化タグは、構造化データのマークアップを行う際に必要なものです。代表的な構造化タグを、それぞれの意味とともに紹介します。

 

  • <header>タグ:導入部分を意味する
  • <article>タグ:1つの記事(コンテンツ)を意味する
  • <section>タグ:文章のまとまりを意味する
  • <aside>タグ:補足情報を意味する
  • <nav>タグ:ナビゲーションを意味する

構造化タグを適切に使用すれば、検索エンジンはコンテンツをより正しく認識してくれます。適当な評価を受けるためにも、構造化タグについて理解を深めておきましょう。

 

構造化データのメリット

 

構造化データを実際に設定すると思うと気が重くなる人は少なくないはずです。しかし、構造化データの設定にはSEO的に大きなメリットをもたらします。ここでは、構造化データのメリットを2つ紹介します。

 

検索エンジンがページをより正確に把握してくれる

 

一つ目は、検索エンジンがより正確にコンテンツを把握してくれることです。構造化データを設定するとテキストの内容に定義づけがされるため、誤認される可能性が減ります。上述した「田中太郎:作家」の例では、検索エンジンが「名前・職業」として認識する可能性が高まるのです。

 

検索エンジンに誤認されると、情報を求めるユーザーにサイトを閲覧してもらえず、検索順位にも悪影響が生じかねません。コンテンツが正確に把握されることは、SEOを意識したサイト運営をする上で大きなメリットといえます。

 

検索結果にリッチリザルトが表示される

 

二つ目は、検索結果にリッチリザルトが表示される可能性があることです。リッチリザルトとは、通常の検索結果より情報量が多く視覚的にも優れた表示を指します。具体的には、次のような情報が表示された検索結果のことです。

 

  • 画像
  • 住所・営業時間・口コミ(飲食店の場合)
  • 仕事概要・給料・勤務形態(求人の場合)

 

通常の検索結果より多くの情報が表示されると、読者からクリックされやすくなったり、競合サイトと差別化を図れたりします。そのため、リッチリザルトが表示される可能性があることは、非常に大きなメリットです。SEOに強いコンテンツを作成したいなら、構造化データを設定すべきといえるでしょう。

 

構造化データのデメリット

 

構造化データの懸念点は、設定するのに専門知識が必要だったり、工数がかかったりすることです。最初にお伝えしたとおり、まずはボキャブラリーとシンタックスについて理解しないといけません。その上で種類や記述方法を知り、自社のコンテンツに反映させる必要があります。

 

これらは短時間でできるものではないため、とくに初めて設定を行う場合は苦労する可能性が高いです。得られるメリット以上に工数がかかるケースも少なくありません。構造化データを設定する際には、採算が取れそうか十分に検討しましょう。

 

構造化データをマークアップする方法

 

構造化データの設定方法には、大きく次の3つの方法があります。

 

 

  1. HTMLファイル内にマークアップする
  2. 構造化データマークアップツールを利用する
  3. データハイライターを使用する

ここでは、各方法について詳しく解説していきます。

 

HTMLファイル内にマークアップする

 

上述したボキャブラリーやシンタックスを活用すると、構造化マークアップを追加できます。基本的には、Googleがサポート・推奨する以下を利用するのがおすすめです。

 

 

  • ボキャブラリー:Schema.org
  • シンタックス:JSON-LD

HTMLファイル内にマークアップする方法なら、のちに微調整が必要になっても容易に対応できます。コードの扱いに慣れている場合は、この手法で構造化データの設定をするとよいでしょう。

 

構造化マークアップツールを利用する

 

構造化マークアップツールを使えば、複雑な操作をすることなくマークアップできます。Googleが提供する同ツールの使用方法は、以下のとおりです。

 

 

  • データの種類と、マークアップするページURLまたはHTMLソースを貼る
  • 定義づけしたい箇所を選択し、右側にあるアイテムから設定するタグを選択する
  • HTMLを出力し、コピーペーストして自サイトに反映させる

 

同ツールは、Google以外の検索エンジンでも利用できます。設定は非常に簡単なので、直接マークアップすることに抵抗がある場合はこの方法がおすすめです。

 

データハイライターを使用する

 

データハイライターは同じくGoogleが提供するツールで、HTMLを直接触ることなく設定ができます。データハイライターの使用方法は、以下のとおりです。

 

 

  • サイトの代表的なページのURLとページタイプを入力する
  • 定義づけしたい箇所を選択し、右側にあるアイテムから設定するタグを選択する
  • 必要に応じて、同様のタグを設定したい他のページを選択する
  • サンプルページで設定を確認し、問題なければ反映させる

大まかな使用の流れは、二つ目のツールと変わりません。ただ、複数ページをまとめて設定できる点が違いとなっています。規則性のある複数のページを設定する場合は、データハイライターを使いましょう。

 

構造化データが正しく設定できているか確認する方法

 

構造化データを設定したら、正しく行えているか確認しましょう。設定が誤っていると、時間をかけて取り組んでも何の変化も起きないからです。

 

ここでは、正しく設定できているか確認する方法を2つ紹介します。

 

スキーママークアップ検証ツールを使用する

 

一つ目は、スキーママークアップ検証ツールを使用する方法です。該当ページのURLまたはHTMLを入力してエラーが出なければ、設定に問題がないと判断できます。

 

構造化テスト

誤った設定をしている場合は、エラー部分が赤字で表示されます。誤りが見つかったら再設定を行い、もう一度同ツールで検証しましょう。

 

リッチリザルトテストをする

 

二つ目は、リッチリザルトテストをする方法です。同テストでは、リッチリザルトにエラーがないかやどのように表示されるかを確認できます。

リッチリザルト

設定に問題があるとエラーが検出されるので、不適切な箇所があれば該当部分を修正しましょう。

 

構造化データについてよくある質問

 

最後に、構造化データについてよくある質問に回答します。

 

 

  • 構造化データはSEOに影響する?
  • FAQやパンくずリストも構造化データを設定できる?
  • WordPressに構造化マークアップを導入するプラグインはある?

同様の疑問を抱いている人は、ぜひ本章の内容を参考にしてください。

 

質問1: 構造化データはSEOに影響する?

 

構造化データを設定しても、SEOへの直接的な影響はありません。ただ、コンテンツをより正確に認識してもらえることで、適切な評価を受けられる可能性は高まります。

 

またリッチリザルトが表示されれば、クリック率の向上も期待できます。間接的なSEO効果は期待できるので、工数に余裕があれば積極的に設定するとよいでしょう。

 

質問2: FAQやパンくずリストも構造化データを設定できる?

 

FAQやパンくずリストについても構造化データを設定できます。検索結果の表示が充実するとクリック率向上が見込めるので、可能であれば設定すべきです。

 

なお、それぞれの設定方法はGoogleの公式ページで解説されています。より詳細な情報を知りたい人は、以下のページを確認するとよいでしょう。

 

 

質問3: WordPressに構造化マークアップを導入するプラグインはある?

 

WordPressに構造化マークアップを導入するおすすめのプラグインは、以下のとおりです。

 

いずれも、複雑な操作をすることなく設定ができます。プラグインを使ってマークアップを追加したい人は、上記を使用するとよいでしょう。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】構造化データの設定には、検索エンジンがより正確にコンテンツを把握してくれたり、検索画面に表示される情報量が増えたりするメリットがあります。設定には専門知識や一定の工数が必要ですが、SEOを意識したサイト運営をするなら取り組まない理由はありません。Googleが提供する便利なツールを使えば、コードの扱いに不慣れな人でも比較的容易に構造化データを設定できます。本記事の情報を参考に、ぜひ設定に挑戦してみてください。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。