格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

海外SEO・多言語サイトSEO

 

海外ユーザーを意識したSEO

 

海外SEO(グローバルSEO)とは?

多言語サイトによる海外SEO海外のユーザーによる検索を意識し、日本以外の国の検索エンジンでの検索結果での上位表示をめざしていくSEO。
国により多く使用されている検索エンジンが異なるなどの理由から、海外SEOを行う場合は対象国を明確に決定してから対策していくケースが多い。

 

海外に支店がある企業のサイト
インバウンド(訪日外国人旅行)向けのサイトなど
海外ユーザーによる検索を意識するケースにおいては、
日本語だけではなく多言語に対応するウェブサイトを構築したり、
複数言語のコンテンツを提供したりしなくてはなりません。

 

日本語版・英語版・フランス語版・タイ語版などを
1つのURLでまとめてディレクトリ階層で分けているパターンや、
地域ごとにサブドメインを取りドメインごと分けているパターンなどがあり、
SEO対策を行う場合、それぞれ気をつけなくてはならない点が異なってきます。

 

複数の国や言語にWEBサイトを対応させることは難しい作業です。

Googleにもガイドラインがあるので必ず一読しましょう。

多言語サイトで大事なことは、
それぞれのページで扱っている文言を
検索エンジンへと適切に伝えられるようにすること
です。

 

東京SEOメーカーでは、海外SEO(グローバルSEO)に関するご相談も承っております。

 

東京SEOメーカー 海外SEO 契約期間12ヵ月 
月額105,000円~(税抜)

※キーワード難易度によって月額料金は異なります。
※6ヶ月分前金でお支払いいただきます。
※詳細金額は別途お見積りいたします。

>>海外SEO対策についてのご相談はこちらから

 

 

Googleのサイト言語把握方法

 

サイトがターゲットにしている国を Google が把握できれば、
この情報を使用して各国の検索結果の品質を向上させることができます。

通常、Google では以下の 要素を使用して、
ウェブサイトがターゲットにしている国を判断します。

 

■国別コード トップレベル ドメイン名(ccTLDs)
特定の国に結び付けられているドメイン名(例: “.de”はドイツ、“.cn”は中国など)の場合、ユーザーと検索エンジンは、サイトが特定の国をターゲットにしていることが認識可能となる。
■地域ターゲティングの設定
Search Console の「国によるターゲット設定ツール」の設定により認識可能となる。
(サイトで複数の国をターゲティングしている場合、このツールで認識させることは不可)
■サーバーの場所(サーバーの IP アドレスを使用)
一般的にはサーバーはユーザーの近くにあることが多いため、サーバーの場所をサイトのターゲット ユーザーの場所と判断することがある。しかし必ずしもそうではないことから、サーバーの場所は信頼性の高い情報ではないとされる場合も多い。
■その他の情報
Googleマイビジネスの利用や、サイトに記載のある住所、電話番号、使用されている言語からターゲット国を判断する。

 

 

多言語サイトのドメインは共通がよい? 別個がよい?

 

多言語サイトを構築する際、まずはドメインを用意する必要があります。

用意するドメインは、
全ての言語で共通のドメイン
各言語ごとに異なる独自ドメイン(ccTLD)のどちらがよいのでしょうか?

 

SEOに関するメリットデメリットをあげますと、
それぞれ言語別に独自ドメイン(ccTLD)にてサイトを作成した場合
「ドメインの評価が分散されてしまう」というデメリットがあります。

一方で「リスクが分散される」というメリットがあります。

例えば、アルゴリズムのアップデートにより“あるドメイン”がペナルティを受けたとしましょう。
全ての言語で共通のドメインを使っている場合、全ての言語のページが影響を受けてしまいますが、
それぞれの言語で異なるドメインを使用していた場合、直接ペナルティを受けた他は影響を受けません。

 

また全ての言語で共通のドメインを使用する場合、
サブドメインサブディレクトリのどちらで構築するのがよいのでしょうか?

 

結論を先に言うと、
正解はなく、サイトの運用形態に合わせて使い分ける必要があります。

実際に、弊社が担当した大手企業のサイトでも
サブディレクトリで構築されたサイトもありましたし、
サブドメインで構築されたケースもありました。

サブドメイン
ルートドメインとは独立したドメインと判断されます。

サブディレクトリは、
そのドメインのインデックス数などのメリットをそのまま享受できる可能性が高いため、
「1ドメイン、複数サブディレクトリ」 の方がより一般的なようです。
ただしサブドメインの方が適している場合もあるため、
ケースバイケースで判断することが重要です。

 

 

考えられる主なメリット・デメリットを表にまとめてみました。

 

ccTLD
例:example.de,
example.fr,
gTLDサブドメイン
例:de.example.com
fr.example.com
gTLDサブディレクトリ
例:example/de/,
example.com/fr/,
URLパラメーター
例:example.com?loc=de,
?country=france,
メリット:
①地域が明確
②サーバーの場所に依存しない
③サイト分割が簡単
④法的要件に対応しやすい
メリット:
①設定が簡単
②google search consoleの地域ターゲティングを利用可能
③複数の場所にあるサーバーを使用可能
④サイト分割が簡単
メリット:
①設定が簡単
②google search consoleの地域ターゲティングを利用可能
③ホストが同じなため管理がしやすい
メリット:

※あまりおすすめしません
デメリット:
①入手にコストがかかる
②より多くのインフラを必要とする
③ccTLDの要件を満たす必要がある
デメリット:
①ユーザーによってはURLだけでは地域が認識できない可能性がある
デメリット:
①ユーザーによってはURLだけでは地域が認識できない可能性がある
②サーバーが特定の場所に集中しやすいためセキュリティ上の問題がある
③サイト分割が困難
デメリット:
①URLに基づくセグメント化が困難
②ユーザーによってはURLだけでは地域が認識できない可能性がある
③Google search consoleの地域ターゲティングを利用不可

 

 

多言語サイトで実際にやらなければいけない事

1、重複コンテンツを避ける
rel=”canonical” というページの評価を1つに統一する ために、Googleが推奨しているタグを設定する必要があります。

2、専用のタグで対象国を知らせる
rel=”alternate” hreflang=”x” というタグを 使うことで、同じ言語を使っているが、対象としている国が違う場合状態をGoogle に知らせることができます。

3、Googleマイビジネスに住所を登録する
rel=”alternate” hreflang=”x”というアノテーションタグをヘッダーに記述することで、 検索結果に各言語・地域ごとに合ったページを表示することができます。国際化ドメイン名<IDN>を参照します。

  • 日本<link rel=”alternate” href=”http://example.com/” hreflang=”ja”>
  • アメリカ<link rel=”alternate” href=”http://example.com/america/” hreflang=”en-us”>
  • フランス<link rel=”alternate” href=”http://example.com/france/” hreflang=”fr”>など

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

SEO対策のお申込みボタン