canonicalタグ:初心者向けシンプルガイド

カノニカルタグ

この記事は、ahrefs blog(ahrefs.com)に掲載された以下の記事を、ahrefsの許諾を得て日本語化したものです。

 

目次

Canonical Tags: A Simple Guide for Beginners

canonicalタグとは何か、また、重複コンテンツの問題を回避するためにどのように使用すればよいかを学びたいとお考えですか?canonicalタグは、何も新しいものではありません。2009年以来、実に10年以上も前から存在しています。

 

Google、Microsoft、Yahooの3社が共同で作成しました。その目的は、重複コンテンツの問題を迅速、かつ、簡単に解決する方法を、ウェブサイトの所有者に提供することです。

 

効果はありますが、使い方を知っている場合だけです。

 

このガイドでは、次のことを学びます。

 

  • canonicalタグとは
  • canonicalタグをどうやって使うか
  • canonicalタグがSEOに重要な理由
  • 正規化の際のベストプラクティス
  • canonicalタグの実装方法
  • 正規化時のよくある間違いを回避する方法
  • 正規化に関する問題の見つけ方と修正方法

 

テクニカルSEOを学ぶなら:Beginner’s guide to technical SEO

 

canonicalタグとは

canonicalタグ(rel=”canonical”)は、重複するページ、重複に近いページ、類似したページに対して、メインバージョンを定義するHTMLコードのスニペットです。つまり、同じコンテンツや類似のコンテンツが異なるURLで提供されている場合、canonicalタグを使用することで、どちらのバージョンがメインであり、インデックスされるべきかを指定することができるのです。

canonicalタグとは

 

canonicalタグをどうやって使うか

canonicalタグは、シンプルな構文を使用し、ウェブページの<head>セクション内に配置されます。

 

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/sample-page/” />

 

このコードの各部分が意味することは次のとおりです。

 

  1. link rel=”canonical”:このタグのリンクは、このページのマスター版(正規版)であることを示します。
  2. href=”https://example.com/sample-page/”:正規版のURLを示します。

 

canonicalタグがSEOに重要な理由

Googleは重複したコンテンツを好みません。選択するのが難しくなるからです。

 

  1. どのバージョンのページをインデックスさせるか(1つしかインデックスさせない!)。
  2. どのバージョンのページを関連するクエリで上位表示させるか。
  3. リンクを1つのページに集約するか、複数のバージョンに分けるか。

重複コンテンツが多すぎると、クロールバジェットにも影響が出ます。つまり、Googleは、あなたのウェブサイト上の他の重要なコンテンツを発見する代わりに、同じページの複数のバージョンをクロールして時間を浪費してしまうかもしれないということです。

canonicalタグがSEOに重要な理由

 

クロールバジェットの真実

Googleに重複コンテンツのクロールに無駄な時間を使わせることは、もちろん可能であれば避けるべきことです。しかし、Googleは、ほとんどのサイトでは問題にならないとしています。

新しいページが公開されたその日にクロールされる傾向がある場合、クロールバジェットはウェブマスターが重視する必要のないものです。同様に、サイトのURL数が数千以下であれば、ほとんどの場合、効率的にクロールされるでしょう。 

Canonicalタグは、これらの問題をすべて解決します。Googleがインデックスし、ランク付けすべきページのバージョンと、リンクすべき場所を教えてくれるのです。

 

正規のURLを指定しない場合、Googleは自らの手で問題を解決します。

 

正規のURLを指定しない場合は、Googleが最適と考えるバージョンまたはURLを特定します。

 

このようにGoogleに頼るのは、あまり良いアイデアではありません。Googleは、あなたが本当はcanonicalにしたくないバージョンのページを選択する可能性があります。

重要な注意事項

Googleは、通常、設定したcanonical URLを尊重すると述べていますが、常にそうとは限りません。これは、canonicalsタグが命令ではなくヒントであるためです。このタグが尊重される限り、リンクなどのシグナルはすべてcanonical URLに集約されるはずです。

canonicalタグのベストプラクティスを使用することは、Googleがページの好ましくないバージョンをcanonicalとして見てしまうリスクを軽減するのにも役立ちます。

でも、重複コンテンツはないはずでしょう?

おそらく同じ記事やページを何度も公開していないことを考えると、あなたのウェブサイトには重複するコンテンツがないと思いがちです。

 

しかし、検索エンジンがクロールするのは、ウェブページではなくURLです。

 

つまり、example.com/productとexample.com/product?color=redは、同一または類似のコンテンツを持つ同じWebページであるにもかかわらず、独自のページとして認識されるのです。

 

これはパラメーターURLと呼ばれ、特にフィルタリングされたナビゲーションを持つECサイトでは、重複コンテンツの一般的な原因となっています。

 

例えば、Brown Bag Clothingはシャツを販売しています。これは、そのメインカテゴリーページのURLです。

 

 

https://www.bbclothing.co.uk/en-gb/clothing/shirts.html

 

XLシャツだけを検索する場合、URLにパラメータが追加されます。

 

 

https://www.bbclothing.co.uk/en-gb/clothing/shirts.html?Size=XL

 

さらに、青いシャツだけを探す場合は、さらに別のパラメータが追加されます。

 

 

https://www.bbclothing.co.uk/en-gb/clothing/shirts.html?Size=XL&color=Blue

 

これらは、コンテンツがわずかに異なるだけで、Googleの目にはすべて別のページとして映っているのです。しかし、重複コンテンツの犠牲になっているのは、ECサイトだけではありません。

 

ここでは、あらゆる種類のウェブサイトに共通する重複コンテンツの原因について説明します。

 

  • 検索語句をパラメータ化したURLを持つ例:example.com?q=search-term
  • セッションIDのパラメータ化されたURLを持つ例:https://example.com?sessionid=3
  • 印刷可能なページを別に用意する例:example.com/page と example.com/print/page
  • 異なるカテゴリの記事に固有のURLを設定する例:example.com/services/SEO/ と example.com/specials/SEO/
  • 異なるデバイスタイプに対応したページを用意する例:example.com と m.example.com
  • AMP版と非AMP版のページがある例:example.com/pageとamp.example/page
  • 非wwwとwwwのバリエーションで同じコンテンツを提供する例:http://example.com と http://www.example.com
  • 非httpsとhttpsのバリエーションで同じコンテンツを提供する例:http://www.example.com と https://www.example.com
  • 同じコンテンツを末尾にスラッシュがあるものとないもので提供する例:https://example.com/page/ と http://www.example.com/page
  • インデックスページなどのデフォルトバージョンで同じコンテンツを提供する例:https://www.example.com/、https://www.example.com/index.htm、https://www.example.com/index.html、https://www.example.com/index.php、https://www.example.com/default.htm など
  • 大文字と小文字で同じコンテンツを提供する例:https://example.com/page/ と http://www.example.com/Page/

 

このような状況では、canonicalタグを適切に使用することが重要です。

 

さらに、クロスドメインでの重複コンテンツの問題もあります。コンテンツをシンジケート(メディアに配信提供すること)する場合、自分の記事に自己参照型のcanonicalタグを使用し、シンジケートされたコンテンツには、クロスドメインcanonicalタグで正規のバージョンとしてあなたを指定させることが最適解です。

 

これは、シンジケートされたコンテンツが検索結果に表示されるのを常に防ぐわけではありませんが、オリジナルのコンテンツより上位に表示されるリスクを軽減するのに役立ちます。

 

 

 

補足:サイトによっては、canonicalリンクを拒否されることがあります。そのような場合、リスクを取るかどうかはあなた次第です。

 

canonicalタグの実装の基本

canonicalを実装するのは簡単です。そのための4つの異なる方法について、これから説明します。しかし、どの方法を選ぶにせよ、常に覚えておくべき5つのルールがあります。

 

ルール1:絶対URLを使用する

GoogleのJohn Mueller氏は、rel=”canonical “のリンク要素で相対パスを使用しないことがベストプラクティスであると述べています。

 

 

 

そこで、以下のような構成にします。

 

 

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/sample-page/” />

 

次のようなものは正しくありません。

 

 

<link rel=”canonical” href=”/sample-page/” />

 

ルール2:小文字のURLを使用する

Googleは大文字と小文字のURLを2つの異なるURLとして扱うことがあるため、まずサーバー上で小文字のURLを強制的に作成し、canonicalタグに小文字のURLを使用するようにしてください。

 

ルール3:正しいドメインバージョンを使用する(HTTPS vs. HTTP)

SSLに切り替えた場合、canonicalタグで非SSL(つまりHTTP)のURLを宣言しないことを確認してください。混乱や予期せぬ結果につながることを防げます。安全なドメインを使用している場合は、次のバージョンのURLを使用するようにしてください。

 

 

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/sample-page/” />

 

次のものは正しくありません。

 

 

<link rel=”canonical” href=”http://example.com/sample-page/” />

 

注記:HTTPSを使用していない場合は、その逆となります。

 

ルール4:自己参照用のcanonicalタグを使用する

GoogleのJohn Mueller氏は、必須ではないが、自己参照用のcanonicalタグを推奨すると述べています。

 

自己参照型カノニカルを使用すると、どのページをインデックスさせたいか、またはインデックスされたときにどのようなURLになるべきかが明確になるため、私はこの方法をお勧めします。

たとえ1つのページであっても、そのページを表示させるためのURLのバリエーションが異なる場合があります。例えば、末尾にパラメータがある場合、大文字と小文字が混在している場合、wwwとnon-wwwが混在している場合などです。これらはすべて、rel canonicalタグで一掃することができます。

john

Google ウェブマスタートレンドアナリスト、ジョン・ミューラー

 

自己参照型canonicalの仕組みがよくわからない方のために説明すると、基本的には、あるページのcanonicalタグがそれ自身を指していることを意味します。たとえば、URLが「https://example.com/sample-page」だった場合、そのページの自己参照型canonicalは次のようになります。

 

 

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/sample-page” />

最近の一般的なCMSのほとんどは、自己参照URLを自動的に追加しますが、カスタムCMSを使用している場合は、開発者にハードコーディングしてもらう必要があります。

 

ルール5:canonicalタグは1ページにつき1つ使用する

ページに複数のcanonicalタグがある場合、Googleは両方を無視します。

 

rel=canonicalを複数宣言している場合、Googleはすべてのrel=canonicalのヒントを無視する可能性が高いです。

 

canonicalタグの実装方法

正規化されたURLを指定する方法は、5つ知られています。これらは、いわゆる正規化シグナルと呼ばれるものです。

 

  1. HTMLタグ (rel=canonical)
  2. HTTPヘッダー
  3. サイトマップ
  4. 301リダイレクト
  5. 内部リンク

 

各方式の長所と短所については、Googleの公式ドキュメントを参照してください。

 

1. rel=”canonical “HTMLタグによるカノニカルの設定

正規のURLを指定するには、rel=canonicalタグを使用するのが最も簡単でわかりやすい方法です。

 

重複するページの<head>セクションに、次のコードを追加するだけです。

 

 

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/canonical-page/” />

例えば、Tシャツを販売するeコマースサイトを持っているとします。このページのコンテンツは他のURL(例:https://yourstore.com/offers/black-tshirts/)でアクセスできるにもかかわらず、https://yourstore.com/tshirts/black-tshirts/ を正規のURLとしたいとします。

 

重複するページには、次のようなcanonicalタグを追加するだけです。

 

 

<link rel=”canonical” href=”https://yourstore.com/tshirts/black-tshirts/” />

 

 

なお、CMSを使用している場合は、ページのコードをいじる必要はありません。もっと簡単な方法があります。

 

WordPressでcanonicalタグを設定する

Yoast SEOをインストールすると、自己参照型のcanonicalタグが自動的に追加されます。カスタムのcanonicalを設定するには、各投稿またはページの「詳細設定」を使用します。

WordPressでcanonicalタグを設定する

 

Shopifyでcanonicalタグを設定する

Shopifyはデフォルトで商品とブログ投稿に自己参照型のcanonical URLを追加します。カスタムcanonical URLを設定するには、テンプレート(.liquid)ファイルを直接編集する必要があります。

 

このスレッドでは、その方法についていくつかの情報を提供しています。

 

Squarespaceでcanonicalタグを設定する

Squarespaceもデフォルトで自己参照URLを追加します。しかし、Shopifyの場合と同様に、カスタムのcanonical URLを追加したい場合は、コードを直接編集する必要があります。

 

2. HTTPヘッダでのcanonicalの設定

PDFのような文書では、ページの<head>セクションがないため、ページのヘッダーにcanonicalタグを設置する方法がありません。そのような場合は、HTTPヘッダを利用してcanonicalを設定する必要があります。標準的なウェブページでも、HTTPヘッダーにcanonicalを使用することができます。

ブログ記事のPDF版を作成し、ブログのサブフォルダ(ahrefs.com/blog/*)にホストすることを想像してください。

 

そのファイルに対するHTTPヘッダーは以下のようになります。

 

 

http/1.1 200 ok

Content-Type: application/pdf

Link: <https://ahrefs.com/blog/canonical-tags/>; rel=”canonical”

参考記事:How to Add the Canonical Tag to HTTP Headers

 

3. サイトマップにカノニカルを設定する

Googleは、正規でないページはサイトマップに含めるべきではないと述べています。カノニカルなURLのみを記載すべきです。それは、Googleがサイトマップに記載されたページをcanonicalの候補として見ているからです。

 

しかし、サイトマップに記載されたURLが常にカノニカルとして選択されるわけではありません。

 

サイトマップのURLを正規のものとみなすことを保証するものではありませんが、大規模なサイトで正規のものを定義する簡単な方法であり、サイトマップはあなたのサイトで最も重要だと考えるページをGoogleに伝えるのに有効な方法です。

 

4. 301リダイレクトで正規版を設定する

重複したURLから正規のURLにトラフィックを誘導したい場合に、301リダイレクトを使用します。

あなたのページが以下のURLで到達可能であるとします。

 

  • example.com
  • example.com/index.php
  • example.com/home/

 

1つのURLをcanonicalとして選択し、他のURLをそこにリダイレクトします。

 

HTTPS/HTTP、www/non-wwwのバージョンについても、同じようにします。正規版を1つ選び、他のURLをその正規版へリダイレクトします。

 

たとえば、ahrefs.comの正規バージョンは、HTTPSの非wwwURL(https://ahrefs.com)です。以下のURLはすべてそこにリダイレクトされます。

 

  • http://ahrefs.com/
  • http://www.ahrefs.com/
  • https://www.ahrefs.com/

 

301リダイレクトを実装するための完全なガイドをお読みください。

 

5. 内部リンク

サイト内のあるページから別のページへのリンクの仕方は、正規化シグナルです。

 

Googleウェブマスタートレンドアナリストのジョン・ミューラーは、この#AskGoogleWebmastersのビデオで、正規化URLを決定するために使用されるシグナルを説明しています。

 

これらのシグナルに一貫性があればあるほど、検索エンジンがあなたの好みの正規URLを判断しやすくなります。ビデオの中でジョンが述べたように、GoogleはHTTPのURLよりもHTTPSを優先し、よりきれいなURLを好むこともあります。

 

正規化時のよくある間違いを回避する方法

正規化は、やや複雑なトピックです。そのため、正しく正規化する方法について、多くの誤解や誤認が存在します。

 

ここでは、正規化する際によくある間違いをいくつか紹介します。

 

間違い1:robots.txtで正規化したURLをブロックする。

robots.txtでURLをブロックすると、GoogleがそのURLをクロールできなくなり、そのページ上の正規化タグを見ることができなくなります。つまり、正規化されていないページから正規化されたページへの移転ができなくなるのです。

 

間違い2:正規化したURLを「noindex」に設定する

決してnoindexとrel=canonicalを混同してはいけません。両者は矛盾する指示です。

 

ジョン・ミューラーがここで述べているように、Googleは通常、「noindex」タグよりもcanonicalタグを優先します。しかし、それでも誤った対策であることに変わりはありません。もし、noindexとcanonicalの両方を行いたい場合は、301リダイレクトを使用します。それ以外の場合は、rel=canonicalを使用してください。

 

間違い3:正規化したURLに4XX HTTPステータスコードを設定する

正規化されたURLに4XX HTTPステータスコードを設定すると、「noindex」タグを使用するのと同じ効果があります。Googleはcanonicalタグを見ることができず、正しいcanonicalバージョンに転送することができなくなります。

 

間違い4:ページ分割されたページをすべてルートページに正規化する

ページ分割されたページは、そのシリーズで最初にページ分割されたページに対して正規化されるべきではありません。そのかわり、自己参照型の正規化をすべてのページで使用すべきです。

 

GoogleのJohn Mueller氏がRedditで述べているように、これはrel=canonicalの誤った使い方です。

 

この記事は正規化に関するものなので、避けるべき主なことは、ページ 1を指すページ2で rel=canonical を使用することです。ページ2はページ1と同等ではないので、このようなrel=canonicalは正しくないでしょう。

johnジョン・ミューラー、ウェブマスタートレンドアナリスト Google

 

ページネーションにはrel=prev/nextタグも使用する必要があります。これらはGoogleでは使われなくなりましたが、Bingではまだ使われています

 

間違い5:hreflangとcanonicalタグを使用しない

hreflangタグは、ウェブページの言語と地域的なターゲットを指定するために使用されます。

 

Googleは、hreflangを使用する場合、”同じ言語の正規ページを指定するか、同じ言語の正規ページが存在しない場合は、可能な限り最適な代替言語を指定する “べきだと述べています

 

間違い6:複数のrel=canonicalタグを持つこと

複数のrel=canonicalタグがあると、Googleに無視される可能性が高くなります。多くの場合、CMS、テーマ、プラグインなど、異なる時点でタグがシステムに挿入されるため、このような現象が発生します。このため、多くのプラグインには、canonicalタグのソースが自分だけであることを確認するための、上書きオプションがあります。

もうひとつ問題になりそうなのは、JavaScriptで追加されたcanonicalの場合です。HTMLレスポンスにcanonical URLが指定されていない場合、JavaScriptでrel=canonicalタグを追加すると、Googleがページを表示するときにそれが尊重されるはずです。しかし、HTMLでcanonicalを指定し、JavaScriptで優先順位を入れ替えた場合は、Googleに複雑なシグナルを送っていることになります。

 

間違い7:<body>にRel=canonicalを指定する

rel=canonicalは、文書の<head>内にのみ記述する必要があります。<body>セクションに記述されたcanonicalタグは無視されます。

 

これが問題になるのは、文書の解析の場合です。ページのソースコードではrel=canonicalタグは正しい位置にありますが、実際にブラウザでページを構築したり、検索エンジンでレンダリングしたりすると、閉じていないタグ、注入されたJavaScript、<head>セクションの<iframe>などさまざまなものが、レンダリング中に<head>を早期に終了させることがあります。このような場合、canonicalタグが誤ってレンダリングされたページの<body>に投げ込まれ、利用されないことがあります。

 

正規化に関する問題の見つけ方と修正方法

正規化で間違いを犯しやすいので、正規化タグに関連する問題がないか定期的にウェブサイトを監査し、早急に修正することが重要です。

 

これには、Ahrefsのサイト監査ツールを使用することができます。

Site Auditは、あなたのウェブサイトをクロールして、canonicalタグに関連するものを含む100以上のSEO上の問題を見つけます。

 

ここでは、Site Auditが発見する可能性のあるcanonicalタグ関連の12の問題と、その修正方法について説明します。

 

1. canonicalが4XXを指している

この警告は、1つまたは複数のページが4XX URLに正規化されている場合に発生します。

 

なぜ問題なのか

検索エンジンは、4XXのページをインデックスしません。その結果、このようなページを指す正規化タグは無視され、多くの場合、誤った(正規化されていない)バージョンのページがインデックスされることになります。

 

修正方法

該当するページを見直して、死んだ(4XX)正規リンクを、インデックスさせたい有効な(200)ページへのリンクに置き換える。

 

2. 5XX に正規化されたポイント

この警告は、1つまたは複数のページが5XX URLに正規化されている場合に発生します。

 

なぜ問題なのか

5XX HTTP ステータスコードは、サーバーに問題があることを示し、その結果、アクセスできない正規化されたページが発生します。Googleはアクセスできないページをインデックスする可能性が低いため、正規化されたページを無視する可能性があります。

 

修正方法

正規化されていないURLを有効なURLに置き換える。指定されたcanonicalが正しいように見える場合は、サーバーの設定に誤りがないかを確認します。サイトのメンテナンス中にクロールが発生した場合や、サイトのサーバーが過負荷になった場合は、一時的な問題である可能性があることに注意してください。

 

3. リダイレクトのための正規化ポイント

この警告は、1つまたは複数のページがリダイレクトされたURLに正規化されたときに発生します。

 

なぜ問題なのか

正規化(Canonical)は、常にそのページの最も権威のあるバージョンを指すようにすべきです。しかし、リダイレクトされたURLはそうではありません。その結果、検索エンジンが正規化を誤解したり、無視したりすることがあります。

 

修正方法

canonicalリンクを、最も権威のあるバージョンのページ(HTTPステータスコード200を返し、リダイレクトされないもの)への直接リンクに置き換えます。

 

4. 正規化されていない重複したページ

この警告は、canonicalバージョンを指定しない、1つまたは複数の重複した、または非常によく似たページが存在する場合に発生します。

 

なぜ問題になるのか

canonicalが指定されていないため、Googleは検索結果に表示するために最も適切なバージョンを自ら特定しようとします。これは、インデックスさせたいバージョンでない可能性があります。

 

修正方法

重複しているグループを確認する。検索結果にインデックスさせるべき正規版を1つ選ぶ。すべての重複バージョンでこれを正規版として指定する(正規版に自己参照用のcanonicalタグを追加する)。

 

5. hreflangが非正規のものに

この警告は、1つまたは複数のページがhreflangアノテーションで非正規のURLを指定したときに発生します。

 

なぜ問題なのか

hreflangタグのリンクは、常に正規のページを指すようにする必要があります。hreflangアノテーションから正規版でないページへのリンクは、検索エンジンを混乱させ、誤解を与える可能性があります。

 

修正方法

該当ページの hreflang アノテーションにあるリンクを、その正規版に置き換えます。

 

6. 正規化されたURLに内部リンクがない

この警告は、1つまたは複数の指定された正規URLに内部リンクがない場合に発生します。

 

なぜ問題なのか

内部リンクのない正規URLは、ウェブサイトの訪問者がアクセスできない状態になっています。サイトのどこかで、訪問者は正規でないバージョンのページに誘導されます。

 

修正方法

正規化されたページへの内部リンクを、正規化されたページへの直接リンクに置き換えます。

 

7. サイトマップに正規でないページがある

この警告は、1つまたは複数の非正規ページがサイトマップに掲載されている場合に発生します。

 

なぜ問題になるのか

Google は、サイトマップに正規化されていない URL を含めてはいけないと述べています。理由は、サイトマップにあるページを正規化候補として見ているからです。サイトマップには、インデックスさせたいページのみを記載する必要があります。

 

修正方法

サイトマップから正規化されていないURLを削除します。

 

8. 正規化されていないページが正規化されたページとして指定される

この警告は、1つまたは複数のページが正規のURLを指定し、それがまた別のページに正規化されている場合に発生します。この場合、ページAがページBに正規化され、さらにページBがページCに正規化されるという「正規化の連鎖」が発生します。

正規化されていないページが正規化されたページとして指定される

なぜ問題になるのか

正規化チェーンは、検索エンジンを混乱させ、誤解させる可能性があります。その結果、検索エンジンは指定されたcanonicalを誤解したり、無視したりする可能性があります。

 

修正方法

対象となるページのcanonicalタグ内の非カノニカルリンクを、canonicalへの直接リンクに置き換える。たとえば、ページ A がページ B に正規化され、そのページ B がページ C に正規化されている場合、ページ A の正規化リンクをページ C へのリンクに置き換えます。

 

9. Open Graph URLがcanonicalと一致しない

この警告は、1つまたは複数のページで、指定した正規のURLとOpen GraphのURLの間に不一致がある場合に表示されます。

 

なぜ問題なのか

Open Graph URLが正規のものと一致しない場合、正規のものではないバージョンのページがソーシャルネットワークで共有されます。

 

修正方法

影響を受けるページのOpen Graph URLを正規のURLと置き換えます。2つのURLが同じであることを確認してください。

 

参考:Open Graphタグ内のURLは、canonicalの場合と同様に、絶対URLで表記し、http:// または https:// のプロトコルを利用する必要があります。

 

10. HTTPSからHTTPへの正規化

この警告は、1つ以上の安全な(HTTPS)ページが、安全でない(HTTP)バージョンを正規のものとして指定した場合に発生します。

 

なぜ問題なのか

HTTPSはランキング要因であるため、可能であれば安全なバージョンのページをcanonicalに指定することは理にかなっています。

 

修正方法

HTTPページをHTTPS相当のページにリダイレクトします。それが不可能な場合は、HTTPバージョンのページからHTTPSのページへのrel=”canonical “リンクを追加します。

 

参考:Googleは、解決策の候補としてHSTSの実装も挙げています。

 

11. HTTPからHTTPSへの正規化

この警告は、1つまたは複数の非セキュア (HTTP) ページがセキュア (HTTPS) バージョンを正規のものとして指定した場合に発生します。

 

なぜ問題になるのか

HTTPSはHTTPよりも優先されます。あるページのHTTPバージョンがあり、その後 HTTPSバージョンを正規のものとして指定するのは非論理的です。

 

参考:これは大きな問題を引き起こさない可能性が高いですが、修正するは価値があります。

 

修正方法

HTTPからHTTPSへの301リダイレクトを実装します。また、HTTPバージョンのページへの内部リンクを、HTTPSバージョンへの直接リンクに置き換える必要があります。

 

12.非正規ページがオーガニックトラフィックを受け取る

この警告は、1つまたは複数の非正規ページが検索結果に表示され、オーガニック検索のトラフィックを獲得した場合に発生します(これは起こるべきではありません)。

 

なぜ問題なのか

canonicalタグの設定が間違っているか、Googleが指定されたcanonicalを無視することを選択したかのどちらかです。

 

修正方法

報告されたすべてのページで、rel=canonicalタグが正しく設定されていることを確認する。問題がない場合は、Google Search ConsoleのURL検査ツールを使用して、指定された canonical URLを正規のものとみなしているかどうかを確認します。不一致がある場合は、その理由を調査する。

 

まとめ

Canonicalタグは、それほど複雑なものではありません。ただ、最初に理解するのが難しいだけです。

canonicalタグは指示ではなく、検索エンジンのシグナルであることを覚えておいてください。つまり、検索エンジンは、あなたが宣言したものとは異なるcanonicalを選択する可能性があるのです。

Google Search ConsoleのURL検査ツールを使えば、ユーザーが宣言したcanonicalとGoogleが選択したcanonicalの両方を確認することができます。

url-inspection-tool-canonicals

Google Search Consoleのカバレッジレポートで、Googleが使用しているcanonical URLに関連する分類は以下の通りです。

 

  • 適切なcanonicalタグを持つ代替ページ。canonicalタグで代替ページを指定し、それが尊重されたページを示しています。基本的には、ユーザーが選んだページに集約されるように意図して動作しています。
  • ユーザーが選択したcanonicalがない重複ページ。重複したページがあり、そのどれにもcanonicalが選択されていない。この場合、Googleが選んでいるので、もし好みのものでないなら、rel=canonicalタグを追加する必要があります。
  • 重複、Googleがユーザーと異なるcanonicalを選択した。これは、Googleがあなたの提案したcanonicalを無視して、別のバージョンをインデックスに表示することを選択した場合を示しています。
  • 重複、送信したURLがcanonicalに選択されなかった。これも正規化シグナル(サイトマップで送信されていること)が無視されたケースです。この重複ページのセットには明示的に正規化された URL がなく、この場合 Google は、送信した URL 以外の別の URL がインデックスに表示されるべきだと考えています。

 

何かご質問はありますか?コメントまたはTwitterで教えてください。

 

この記事は、ahrefs blog(ahrefs.com)に掲載された以下の記事を、ahrefsの許諾を得て日本語化したものです。

この記事の筆者:

Head of Content @ Ahrefs (or, in plain English, I’m the guy responsible for ensuring that every blog post we publish is EPIC).

 

joshua Hardwick

 

 

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事