SEO外部対策 被リンクとは何か。被リンク効果と獲得方法を解説

優良被リンク(SEO外部対策)

検索順位検索エンジンのサイト評価により決定されます。

SEO対策には内部対策外部対策の2つがありますが、内部対策の中心がコンテンツの作成であれば外部対策の中心は被リンクの確保にあるといえます。

外部対策はリンクを集めることになりますが、集め方によっては悪影響が出ることもあり自然なリンクを集めることが求められます。

 

SEOコンサルタントここでは、SEO外部対策の優良被リンク獲得について説明します。

 

被リンクとは

 

「優良被リンク獲得」に成功すれば、検索エンジンからの評価があがり、順位上昇に大きな影響を与えることができます。

被リンク獲得(バックリンク確保)とは?

被リンク被リンクとは外部のサイトから自分のサイトへのリンクを受けることです。検索エンジンはリンクをどれだけ集めたか(どれだけ紹介されたか)を評価の1つとしているため、SEO外部対策を考えた時に被リンクは最重要です。他サイトから紹介を受けるくらい良い記事という点が評価されていますので自然に発生した関連性の高い被リンクを集めることがSEO担当者に求められます。

例えWEBサイトを制作しても、どこからもリンクが貼られていない状態では、検索エンジンにインデックス(認識)される確率はゼロに等しくなります。

 

いくらSEO内部対策をしてもそもそも検索エンジンが来てくれなくては意味がないのです。どんなにhtmlを最適化したところで、外部からのリンクのないサイトは検索エンジンに認識されないため、順位は上がっていきません。

 

SEO内部対策優良被リンク獲得は、順位上昇の大事な両輪だといえるでしょう。

 

被リンクの質と効果

 

過去にはリンクが多ければ検索順位が高く、検索順位が操作できるようなことも頻繁にありました。

そのため、SEO対策会社ではリンクを積極的に販売していましたが現在ではリンクを積極的に販売しているSEO対策会社は見当たらなくなりました。

多くの会社は内部対策に力を入れてコンテンツを作りこむことを行っていますが、後発のサイトでは短期間で上位陣に食い込むことは難しくなっているのが実情です。

なお、誤解されがちですが自分でリンクを付けることが悪いわけではありません。
自社の公式サイト以外にも関連サービスサイトを別に設けていることは多く、自分のサイトに対してリンクを貼ることは通常の行為です。

そのほか、TwitterやFacebook、ブログやnoteなど関連するものがあればSEO効果の有無に関係なくリンクを付けることでエンティティの強化という点でSEO対策につながります。

なお、リンクは多ければ多いほど良いわけではありません。リンクされることで、かえって検索エンジンからの評価を落としてしまうリンクというのも存在するのです。

被リンクは、外部からの支持を得ているという表れとなります。有名な優良サイトからリンクを多数得られれば、さらにその効果は高まるのです。

 

良質な被リンク(優良被リンク)の条件

 

SEO対策をする上でリンクを集める場合には良質なリンクでなければ効果はありません。次の4つが重要です。

 

  • 関連性が高い
  • ナチュラルリンクである
  • 有名サイトからの被リンク
  • アンカーテキストにキーワードが含まれている

 

関連性が高い

 

被リンクをもらう場合にはリンク元のページとリンクされるページの関連性が高いことが必要です。

例えば、自動車の紹介をしているページから化粧品のページにリンクがあることは不自然です。検索エンジンはこの不自然さを見抜いていますので関連性が低いページからのリンクには効果はありません。

 

ナチュラルリンクである

 

被リンクの基本は自然発生(ナチュラルリンク)です。検索エンジンの精度は年々向上しており、自然なリンクなのか不自然なリンクなのかを見極めることができるようになっています。

そのため、意図的にリンクを作ってもGoogleは意図的にリンクを付けたことを見破り、ペナルティを課してくることがあります。

 

有名サイトからの被リンク

 

業界的に有名なサイトは必然的にリンクを多く集めていますのでドメインパワーが高く、そのサイトから被リンクを受けているということは当然リンクされたサイトの専門性も高く、信頼できるサイトということになります。

 

アンカーテキストにキーワードが含まれている

 

リンクにはアンカーテキストが非常に重要です。検索エンジンはリンクのテキストとリンク先のURLを紐づけていますのでSEO効果を狙うのであればアンカーテキストには自分が狙っているキーワードを入れる必要があります。

被リンクを受けるのは多くの場合でトップページかリンク元が紹介するページです。

そして、リンクする際のテキストはタイトルをそのまま使うことも多いため、トップページやリンクしてほしい記事にはキーワードを含める必要があります。

>>アンカーテキストをもっと詳しく

 

 

SEO対策のお申込みボタン

>>格安SEOのTOPページへ戻る

被リンクの獲得方法

 

例え順位上昇に大きな影響を持っているとわかっていても、一朝一夕にはいきません。
自然に被リンクを獲得するためには、基本的に「誰かがWEBサイトを見つけてリンクを貼ってくれるのを待つ」しかないからです。

 

自然に発生した関連性の高い被リンクが多ければSEO効果が見込めますが、それよりも少数であっても有名なサイトからのリンクをもらった方が効果が高いという事実があり、無駄に自演でリンクを増やすことよりも、如何に有名サイトからのリンクを集めるかがポイントとなります。

とはいえ、検索上位にあるサイトの方がリンクを受けやすいため、いきなり著名なサイトからのリンクが集められることはありません。

小さなサイトからのリンクであっても効果は期待できますので被リンクを少しずつ集めながら企業の広報活動を行うことで自社のブランディングを進めることが重要です。

>>被リンク効果抜群のスカイスクレイパーテクニックとは?

被リンク獲得方法例

  • 検索サイトからのリンク(Google・Yahoo!などの検索サイトへの登録)
  • SEM(リスティング広告)などの利用
  • 検索サイト以外からのリンク(プレスリリース/メールマガジン/ソーシャルブックマークetc)
  • 提携している質の高いサイトからのGoogleガイドラインを考慮したリンク
  • 自社運営サイト・パートナー運営サイトからの被リンク
  • リンク獲得営業をして獲得

 

良質なコンテンツがなければ効果はゼロ

 

どれだけリンクを集めてもコンテンツがなければ効果はありません。
質の悪いコンテンツには被リンクが集まるはずがありませんので、良質なコンテンツを作りつつリンクを集めるという戦略が求められます。

今やSEO対策において良質なコンテンツを作ることは最低条件です。

>>コンテンツSEOを参考にしましょう。

 

良質なコンテンツを作りながら、SNSやプレスリリースなどの広報活動を行い露出の機会を増やし、さらに企業間のコラボなどをうまく利用する必要があります。特にYMYLの領域やE-A-Tが重要視される分野では良質なコンテンツを作るだけの対策で上位表示を目指すには相当の時間がかかることは覚悟しなければなりません。

 

被リンクのSEO効果

 

被リンクを集めることで次の3つの効果が見込めます。

 

  • ページ評価が上がる
  • ドメインパワーが上がる
  • クローラビリティーが向上する

 

ページ評価が上がる

 

良質な被リンクが多いページは検索上位に来る傾向にあります。

これはみんながリンクをするということはそれだけ参考になるページであるということを検索エンジンが認識するためです。

ドメインパワーが上がる

 

被リンクを貰うことでページだけではなくドメインそのものの評価が上がります。そのため、特定のページだけがリンクを集めた場合であっても同じドメイン内のページ評価が上がるということがあります。

クローラビリティーが向上する

 

検索エンジンはページのリンクをたどって新しいページを見つけたり、ページの更新を確認したりします。つまり、リンクが集まっているということは検索エンジンに見られる頻度(クロール頻度)が上がります。

クロール頻度が高いことと検索順位は直接の関係はありませんが、高評価を受けているサイトは総じてクロール頻度が高く、それだけ重要なサイトだと判断されています。

>>クローラビリティについて詳しく

 

良質な被リンクの集め方

 

被リンクの集め方の大原則は良質なコンテンツを作ることです。しかし、良質なコンテンツを作っても被リンクを集めることは一般に難しいです。検索順位に上位表示するために被リンクが必要なのに、リンクされるのは上位表示されているサイトだからです。

 

分野によっては非常にリンクを受けにくいこともありますので多くのSEO担当者の頭を悩ませます。

 

代表的な被リンクの集め方と高度なリンクを集める手法を特別に公開いたします。

 

統計データを公開する

 

リンクを集める鉄板的な手法は統計データを用いることです。自社で統計データを持っているのであれば積極的に公開するようにしましょう。

公開するデータは競合が公開していないものほど効果的で、どこも出していない業界情報であれば関係サイトはデータ参考元や引用として積極的にリンクを貼ってくれます。

アクセスが少ないページであってもリンクが集まればサイト全体に大きく貢献する可能性があります。

 

わかりやすい図解を作成する

 

多くのサイトでは記事は文字が中心であり、画像を使っていてもフリー画像を用いているということがよくあります。自社で図を作成することは手間がかかり、コストもかさみますが分かりやすい図を公開することは直接的なSEO効果があるだけではなく、その画像を使ってもらうことで引用元としての被リンクをもらうことができます。

また、画像検索や協調スニペットに表示される可能性もあるため、オリジナル画像を作成することは有効なSEO対策です。

 

SNSを活用する

 

TwitterやFacebookで情報を発信する際には関係するURLも一緒に配信するようにします。検索順位が低くてもSNSであればやり方次第で閲覧数を伸ばせますので記事にアクセスしてもらうことができます。

 

良質な記事を作っているのであれば閲覧する機会を増やすだけでも被リンクを増やすことが可能です。

 

リンクを依頼する

 

これは単純に自社で作成したコンテンツに関連するサイトの管理人に直接連絡を取ってリンクを依頼するだけです。

 

著名なサイトには問い合わせ窓口を設置していることが非常に多く、その管理人に直接URLを伝えることができますので、本当に有用なコンテンツを提供しているのであれば直接依頼することでリンクをもらうことができます。

ただし、リンクをしてくれるかどうかは完全にサイト管理者に依存することになります。

リンクの依頼は海外ではポピュラーな方法で、海外のSEO対策会社ではコンテンツ作成部隊とリンク獲得のためのメール部隊がいるくらいです。

>>被リンク効果抜群のスカイスクレイパーテクニックとは?

 

リンク切れを狙う

 

競合サイトの被リンクのすべてを見ることはできませんが、Ahrefs(エイチレフス)、Moz、The HOTHなどを利用することで大部分の被リンクを確認することができます。

 

そして、リンク先の記事を丹念に見ていくことでリンク切れを見つけることができます。競合にリンクしていた記事ですから自社にも有用な被リンク元である可能性が高く、しかもリンクが切れていることをサイト管理者に指摘しつつ、自社の関連リンクを伝えることができますので高い確率で被リンクを増やすことが可能です。

 

実際にリンク切れのみを狙ったところ、3日間で10個以上の被リンクを増やすことができたというケースもあります。しかも、このやり方は相手のサイト管理人にも感謝されることが多く非常に効果的です。

 

リンクを集める記事よりも明らかに良い記事を作る

 

海外ではスカイスクレイパー・テクニックと呼ばれる方法です。

簡単に説明すると、まずはAhrefsなどを使って競合サイトの中で特にリンクを集めている記事を見つけます。そして、その記事よりも明らかに良質な記事を作ってリンク元に自分の記事のURLを送りつつ、リンクを依頼するという方法です。

 

かなり強引なやり方に見えますが、競合のリンクを集めている記事は被リンクという観点で非常に強い記事です。しかし、必ずしも最新ではなかったり、完全には網羅していなかったりします。

ここを突いて自社で良質なコンテンツを作りなおし、被リンク元にもリンクしてもらうだけの価値があると判断してもらうところがポイントです。

既にリンクを貰っている記事よりも優れたコンテンツを作るというのは敷居が高いのですが、敢えてそこまでの記事を作ることで競合にも負けないだけのサイトを作ることができます。

 

東京SEOメーカーの外部対策

 

弊社では、SEO外部対策を行う場合には特に

リンク元のサーバー(異なるサーバーからの被リンク)
リンク元のコンテンツ(コンテンツマッチした優良サイトからの被リンク)

にこだわって低リスクで被リンクを獲得することで、順位向上を目指します。

 

リンク元のサーバー(異なるサーバーからの被リンク)

 

SEO対策で上位表示していくには、IP分散されたドメインからの被リンクを行うことが非常に有効です。

 

IP分散とは?

IP分散IP分散とは、IPアドレスを分散することをさす。
一般にレンタルサーバーを契約すると、契約者ごとにそれぞれ異なるIPアドレスが割り振られる。そのためSEOでIP分散するということは、様々なサーバーにあるサイトからリンクをもらうこととほぼ同義と考えてよい。

IPアドレスが異なっているサーバーに属するサイトから多数リンクをもらうということは、
つまりそのサイトが「様々な人たちから紹介・推薦されているページ」ということになります。

そのため、検索エンジンのアルゴリズムからの評価が高くなるというわけです。

「クラスCレベルでIPが分散」されていることで、同一サーバーではないことがわかります。

さらに、別サーバーであることやDNS100%分散されていることも確認します。DNSとは、ホスト名を元に、ホストのIPアドレスを教えてくれるシステムのことです。これを使用し、リンク元が全て安全な国内サーバーのサイトであることも確認していきます。

 

リンク元のコンテンツ(コンテンツマッチした優良サイトからの被リンク)

 

上位表示希望のキーワードと同じジャンルやテーマのコンテンツのWEBサイトからの被リンクは、順位向上に非常に効果があります

WEBサイトのコンテンツは主に、テキストと画像とで構成されています。

構成要素が既にネット上のどこかにある文章もしくはコピーコンテンツと判定されてしまうと、ペナルティを受けやすくなってしまいます。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。