SEO外部対策(オフページSEO)被リンクとは何か。被リンク効果と獲得方法を解説

SEO外部対策検索順位は検索エンジンのサイト評価により決定されます。検索結果が上位になれば売上やお問い合わせ数を増やすことが可能です。SEO対策には内部対策と外部対策の2つがありますが、内部対策の中心がコンテンツの作成であれば外部対策の中心は被リンクの確保にあるといえます。

外部対策はリンクを集めることになりますが、集め方によっては悪影響が出ることもあり自然なリンクを集めることが求められます。

 

SEOコンサルタントここでは、SEO外部対策の優良被リンク獲得について説明します。

 

 

被リンクとは

被リンクとは自分の対策サイト以外からリンクをうけることです。他のサイトから自社サイトのページURLを貼ってもらうことにより他のサイトからユーザーが来訪できます。被リンクはバックリンク、inbound links、external linksとも呼ばれます。被リンクを設置することでサイトへの注目が集まり、アクセス数が増加します。

 

ただし、ひたすら多くの被リンク設置をしても効果は発揮しません。場合によってはGoogleから質の悪いコンテンツと判断される可能性もあります。質の悪い被リンク、質の良いリンクがあり、被リンク自体の質を上げていくことがサイトへのアクセス数増加につながります。

 

質の良い被リンク

 

質の良い被リンクは次の3つです。

 

  • 関連性の高いサイト
  • 検索エンジンからの評価が高いサイト(リンクの獲得数が多いサイト)
  • 自然なリンク

 

記事の内容に沿ったテーマリンクが記載されていれば、自然な文脈のリンクです。

 

これは専門性や信頼性の高い記事を作成する際、別サイトから引用という形でリンクをした場合も同様です。これらは質の良い被リンクです。

 

ほかにも自社サイトから自社のサービスへつなげるためのリンク、関連性の高いサイトも自然なリンクとして高い評価を得られます。

 

質の悪い被リンク

 

質の悪い被リンクは次の3つです。

 

  • 売買で得たリンク
  • 低品質なサイトからのリンク
  • 隠しテキストの被リンク

 

過去には人工リンクは検索順位を上げる有効な手段であったものの、現在はガイドライン違反としてペナルティを課せられます。スパムリンクと判断された場合は順位が下がったり、Webサイト上から姿を消されたりします。悪質な被リンクや明らかに不自然な被リンクの掲載には要注意です。

参照:リンク プログラム | Google 検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google Developers

 

被リンクの質と効果

 

過去にはリンクが多ければ検索順位が高く、検索順位が操作できるようなことも頻繁にありました。

そのため、SEO対策会社ではリンクを積極的に販売していましたが現在ではリンクを積極的に販売しているSEO対策会社は見当たらなくなりました。

多くの会社は内部対策に力を入れてコンテンツを作りこむことを行っていますが、後発のサイトでは短期間で上位陣に食い込むことは難しくなっているのが実情です。

 

なお、誤解されがちですが自分でリンクを付けることが悪いわけではありません。
自社の公式サイト以外にも関連サービスサイトを別に設けていることは多く、自分のサイトに対してリンクを貼ることは通常の行為です。

 

そのほか、TwitterやFacebook、ブログやnoteなど関連するものがあればSEO効果の有無に関係なくリンクを付けることでエンティティの強化という点でSEO対策につながります。

なお、リンクは多ければ多いほど良いわけではありません。リンクされることで、かえって検索エンジンからの評価を落としてしまうリンクというのも存在するのです。

被リンクは、外部からの支持を得ているという表れとなります。有名な優良サイトからリンクを多数得られれば、さらにその効果は高まるのです。

被リンクを集めることで次の3つの効果が見込めます。

 

  • ページ評価が上がる
  • ドメインパワーが上がる
  • クローラビリティーが向上する

 

ページ評価が上がる

良質な被リンクが多いページは検索上位に来る傾向にあります。

これはみんながリンクをするということはそれだけ参考になるページであるということを検索エンジンが認識するためです。

 

ドメインパワーが上がる

被リンクを貰うことでページだけではなくドメインそのものの評価が上がります。そのため、特定のページだけがリンクを集めた場合であっても同じドメイン内のページ評価が上がるということがあります。

 

クローラビリティーが向上する

検索エンジンはページのリンクをたどって新しいページを見つけたり、ページの更新を確認したりします。つまり、リンクが集まっているということは検索エンジンに見られる頻度(クロール頻度)が上がります。

クロール頻度が高いことと検索順位は直接の関係はありませんが、高評価を受けているサイトは総じてクロール頻度が高く、それだけ重要なサイトだと判断されています。

>>クローラビリティについて詳しく

 

良質な被リンク(優良被リンク)の条件

 

SEO対策をする上でリンクを集める場合には良質なリンクでなければ効果はありません。次の4つが重要です。

  • 関連性が高い
  • ナチュラルリンクである
  • 有名サイトからの被リンク
  • アンカーテキストにキーワードが含まれている

 

関連性が高い

被リンクをもらう場合にはリンク元のページとリンクされるページの関連性が高いことが必要です。

例えば、自動車の紹介をしているページから化粧品のページにリンクがあることは不自然です。検索エンジンはこの不自然さを見抜いていますので関連性が低いページからのリンクには効果はありません。

 

ナチュラルリンクである

被リンクの基本は自然発生(ナチュラルリンク)です。検索エンジンの精度は年々向上しており、自然なリンクなのか不自然なリンクなのかを見極めることができるようになっています。

そのため、意図的にリンクを作ってもGoogleは意図的にリンクを付けたことを見破り、ペナルティを課してくることがあります。

 

有名サイトからの被リンク

業界的に有名なサイトは必然的にリンクを多く集めていますのでドメインパワーが高く、そのサイトから被リンクを受けているということは当然リンクされたサイトの専門性も高く、信頼できるサイトということになります。

 

アンカーテキストにキーワードが含まれている

リンクにはアンカーテキストが非常に重要です。検索エンジンはリンクのテキストとリンク先のURLを紐づけていますのでSEO効果を狙うのであればアンカーテキストには自分が狙っているキーワードを入れる必要があります。

被リンクを受けるのは多くの場合でトップページかリンク元が紹介するページです。

そして、リンクする際のテキストはタイトルをそのまま使うことも多いため、トップページやリンクしてほしい記事にはキーワードを含める必要があります。

>>アンカーテキストをもっと詳しく

被リンクの獲得方法

例え順位上昇に大きな影響を持っているとわかっていても、一朝一夕にはいきません。
自然に被リンクを獲得するためには、基本的に「誰かがWEBサイトを見つけてリンクを貼ってくれるのを待つ」しかないからです。

 

自然に発生した関連性の高い被リンクが多ければSEO効果が見込めますが、それよりも少数であっても有名なサイトからのリンクをもらった方が効果が高いという事実があり、無駄に自演でリンクを増やすことよりも、如何に有名サイトからのリンクを集めるかがポイントとなります。

とはいえ、検索上位にあるサイトの方がリンクを受けやすいため、いきなり著名なサイトからのリンクが集められることはありません。

小さなサイトからのリンクであっても効果は期待できますので被リンクを少しずつ集めながら企業の広報活動を行うことで自社のブランディングを進めることが重要です。

>>被リンク効果抜群のスカイスクレイパーテクニックとは?

被リンク獲得方法例

  • 検索サイトからのリンク(Google・Yahoo!などの検索サイトへの登録)
  • SEM(リスティング広告)などの利用
  • 検索サイト以外からのリンク(プレスリリース/メールマガジン/ソーシャルブックマークetc)
  • 提携している質の高いサイトからのGoogleガイドラインを考慮したリンク
  • 自社運営サイト・パートナー運営サイトからの被リンク
  • リンク獲得営業をして獲得

 

良質なコンテンツがなければ効果はゼロ

どれだけリンクを集めてもコンテンツがなければ効果はありません。
質の悪いコンテンツには被リンクが集まるはずがありませんので、良質なコンテンツを作りつつリンクを集めるという戦略が求められます。

今やSEO対策において良質なコンテンツを作ることは最低条件です。

>>コンテンツSEOを参考にしましょう。

良質なコンテンツを作りながら、SNSやプレスリリースなどの広報活動を行い露出の機会を増やし、さらに企業間のコラボなどをうまく利用する必要があります。特にYMYLの領域やE-A-Tが重要視される分野では良質なコンテンツを作るだけの対策で上位表示を目指すには相当の時間がかかることは覚悟しなければなりません。

 

 

良質な被リンクの集め方

被リンクの集め方の大原則は良質なコンテンツを作ることです。しかし、良質なコンテンツを作っても被リンクを集めることは一般に難しいです。検索順位に上位表示するために被リンクが必要なのに、リンクされるのは上位表示されているサイトだからです。

 

分野によっては非常にリンクを受けにくいこともありますので多くのSEO担当者の頭を悩ませます。

 

代表的な被リンクの集め方と高度なリンクを集める手法を特別に公開いたします。

 

統計データを公開する

リンクを集める鉄板的な手法は統計データを用いることです。自社で統計データを持っているのであれば積極的に公開するようにしましょう。

公開するデータは競合が公開していないものほど効果的で、どこも出していない業界情報であれば関係サイトはデータ参考元や引用として積極的にリンクを貼ってくれます。

アクセスが少ないページであってもリンクが集まればサイト全体に大きく貢献する可能性があります。

 

わかりやすい図解を作成する

多くのサイトでは記事は文字が中心であり、画像を使っていてもフリー画像を用いているということがよくあります。自社で図を作成することは手間がかかり、コストもかさみますが分かりやすい図を公開することは直接的なSEO効果があるだけではなく、その画像を使ってもらうことで引用元としての被リンクをもらうことができます。

また、画像検索や協調スニペットに表示される可能性もあるため、オリジナル画像を作成することは有効なSEO対策です。

 

SNSを活用する

TwitterやFacebookで情報を発信する際には関係するURLも一緒に配信するようにします。検索順位が低くてもSNSであればやり方次第で閲覧数を伸ばせますので記事にアクセスしてもらうことができます。

良質な記事を作っているのであれば閲覧する機会を増やすだけでも被リンクを増やすことが可能です。

 

リンクを依頼する

これは単純に自社で作成したコンテンツに関連するサイトの管理人に直接連絡を取ってリンクを依頼するだけです。

著名なサイトには問い合わせ窓口を設置していることが非常に多く、その管理人に直接URLを伝えることができますので、本当に有用なコンテンツを提供しているのであれば直接依頼することでリンクをもらうことができます。

ただし、リンクをしてくれるかどうかは完全にサイト管理者に依存することになります。

リンクの依頼は海外ではポピュラーな方法で、海外のSEO対策会社ではコンテンツ作成部隊とリンク獲得のためのメール部隊がいるくらいです。

>>被リンク効果抜群のスカイスクレイパーテクニックとは?

 

リンク切れを狙う

競合サイトの被リンクのすべてを見ることはできませんが、Ahrefs(エイチレフス)、Moz、The HOTHなどを利用することで大部分の被リンクを確認することができます。

そして、リンク先の記事を丹念に見ていくことでリンク切れを見つけることができます。競合にリンクしていた記事ですから自社にも有用な被リンク元である可能性が高く、しかもリンクが切れていることをサイト管理者に指摘しつつ、自社の関連リンクを伝えることができますので高い確率で被リンクを増やすことが可能です。

実際にリンク切れのみを狙ったところ、3日間で10個以上の被リンクを増やすことができたというケースもあります。しかも、このやり方は相手のサイト管理人にも感謝されることが多く非常に効果的です。

 

リンクを集める記事よりも明らかに良い記事を作る

海外ではスカイスクレイパー・テクニックと呼ばれる方法です。

簡単に説明すると、まずはAhrefsなどを使って競合サイトの中で特にリンクを集めている記事を見つけます。そして、その記事よりも明らかに良質な記事を作ってリンク元に自分の記事のURLを送りつつ、リンクを依頼するという方法です。

かなり強引なやり方に見えますが、競合のリンクを集めている記事は被リンクという観点で非常に強い記事です。しかし、必ずしも最新ではなかったり、完全には網羅していなかったりします。

ここを突いて自社で良質なコンテンツを作りなおし、被リンク元にもリンクしてもらうだけの価値があると判断してもらうところがポイントです。

既にリンクを貰っている記事よりも優れたコンテンツを作るというのは敷居が高いのですが、敢えてそこまでの記事を作ることで競合にも負けないだけのサイトを作ることができます。

 

質の悪い被リンクを改善する方法

質の高い被リンクの作成をすぐにおこなうのはむずかしいにしても、ガイドラインに当てはまる質の悪い被リンクは改善をおこなわなければなりません。先に述べたように、質の悪い被リンクと評価される被リンクの基準についてはGoogleが明言しています。

 

  • 関連性が低い被リンクが記載されている
  • 購入したリンクになっている
  • コピーコンテンツに心当たりがある

もしも心当たりがあるようならば、今すぐに改善が必要です。

 

関連性が高い被リンクにする

被リンクを獲得するうえで対象ページと被リンクの関連性は深いものです。Googleはユーザーにとって有益な情報であるかを重要視しており、同様にユーザーも有益な情報を求めています。

ユーザーの立場で関連性の低いページからの被リンクがないかを確認します。なお、相互リンク募集やディレクトリサイトはプラス評価どころかマイナス評価になる可能性があるため避けるべきです。

 

購入したリンクを避ける

かつては購入したリンクを設置するのは検索順位を上げるためにおこなわれていた手法です。しかしながら、現在はGoogleのガイドラインに違反するものです。検索順位が下がるどころか、ペナルティを課される可能性もあります。

宣伝を目的としての自然なリンクは違反に当たらないものの、購入したリンクの設置は避けるべきです。

 

コピーコンテンツにならないよう意識する

コピーコンテンツの場合、被リンク評価が分散される恐れがあります。

さらに、サイト自体がコピーコンテンツとしてペナルティ違反となる可能性があるのです。こうなれば質の悪い被リンクだけではなく、サイト自体も評価されません。検索エンジンからの正しい評価を得るためにも、まずはコピーコンテンツになっていないかを確認する必要があります。

仮にコピーコンテンツから被リンクを獲得した場合も、自社サイトのSEO評価に悪影響が及びます。自動生成されたコンテンツも同様であるため、記事の質は落とさないことが重要です。

参考:無断複製されたコンテンツ | Google 検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google Developers

 

 

被リンクを増やす際の注意点

被リンクを多く獲得すれば有効なSEO対策となるものの、注意点を踏まえずに被リンクを増やすと不正行為に該当する恐れがあります。不正行為にならなくとも、被リンクを増やす際の注意点を知っておくだけで質の悪い被リンクになるのを防ぐことができます。次の4つを意識して上手に被リンクを増やせます。

 

  • 検索ユーザーのニーズを考える
  • コンテンツの質を高くする
  • SNSの活用
  • 被リンクの購入は避ける

 

検索ユーザーのニーズを考える

検索ユーザーがどのようなニーズなのかを考えるのは、次に紹介するコンテンツの質を高くすることにもつながります。

ターゲットキーワードを検索し、上位表示になっている記事にはユーザーのニーズGoogleから評価されるためのヒントが隠れています。サジェストキーワードや競合サイトのリサーチはもちろんのこと、検索ユーザーが求めている情報を徹底的にリサーチして、有益なコンテンツにしていかなければなりません。

 

コンテンツの質を高くする

Googleはコンテンツの質を判断する際、検索ユーザーに寄り添っているかを重要視しています。そのため、ただキーワードに合わせて記事を執筆し、不自然にキーワードを使いこんでいては被リンクをもらうのは困難です。検索ユーザーのニーズを考えれば自然とコンテンツの質は高くなり、コンテンツの質を高めたいと思うならばユーザーのニーズを考えることは避けられません。

 

SNSの活用

質の高いコンテンツができたとしても、すぐに上位を獲得したり被リンクを増やしたりするのは困難です。そこで登場するのがSNSです。

 

TwitterやYouTubeでコンテンツを発信して露出を増やせば、多くの人の目にとまります。実際にSNSを活用したサイト導入も増えており、これらは有効かつ効率的な手段です。もしもこれからサイト運営をするのならばSNSの運用はもちろんのこと、現在進行形でサイト運営をしている方もSNSの開設をおすすめします。

 

被リンクの購入は避ける

被リンクの購入はペナルティ違反に該当するものです。仮に被リンクを購入したとしても、被リンク元を開示してもらえない場合もあります。なかには悪質な業者もいて、内容がよくわからないままお金を払ってしまうという事例も考えられます。悪質、低品質な被リンクは設置したとしても、良い評価にはつながらないため無意味なものです。被リンクの購入はバレるバレない以前に、必ず評価が上がるものではないため避けるべきです。

 

被リンクによってはペナルティを受ける可能性がある

被リンクによってはペナルティを受ける可能性があり、ペナルティを受けるとサイトがインデックスから外される可能性があります。ペナルティを受けるのは被リンクのみならず、悪質なスパムや価値のないコンテンツも対象です。

なお、ペナルティには自動と手動の2種類があります。自動ペナルティは順位が下がるだけで済みます。ただし、自動ペナルティはGoogleからの通達がないため気付かない可能性もあります。

ペナルティの原因は質の低いコンテンツ、質の低い被リンクが原因である可能性があり、ペナルティが課された場合は今一度見直しをしなければなりません。

 

手動ペナルティ自動ペナルティ
人が実際にWebサイトを確認して、ガイドラインに違反していると判断された場合に課されるGoogleのアルゴリズムがガイドライン違反に該当しているサイトを検出した際に課される

 

ペナルティの解除方法

ペナルティの解除方法は手動と自動で異なります。基本的にGoogleから届いたメッセージをもとに違反の内容を修正し再審査のリクエストをします。自動ペナルティで順位が下がった場合は、ガイドラインを読みサイトに違反している部分がないかを確認しなければなりません。

修正をおこなったあとはクローラーが再調査するのを待ちます。手動ペナルティとは異なり自動ペナルティは再審査ができません。

 

手動ペナルティの解除方法自動ペナルティの解除方法(順位が下がった場合)
Googleから送られたメッセージで違反の内容を確認し、修正後、再審査のリクエストを送信する。ガイドラインを読み、サイトに違反している部分が無いかを確認。クローラーが再調査をするのを待つ。

 

ツールを使用した自社サイトの被リンクの調べ方

被リンクチェックツールの使用により、次の3つを確認できます。

 

  • 競合サイトとの被リンク比較
  • 良質な被リンクかどうか
  • スパム被リンクの有無

 

被リンクチェックツールにはGoogleが提供しているGoogle Search Consoleと有料ツールがあります。ツールの活用により、スパムを見逃さず、さらには被リンクを獲得するためのヒントを得られます。

 

Google Search Console

Google Search ConsoleはGoogle社より提供されている分析ツールです。被リンクの獲得数から上位数、被リンクの獲得方法も確認できます。無料でありながら必要な性能は揃っています。Google Search Consoleはスパムリンク検出の参考になります。活用方法に関しても多くの記事で執筆されており、分からないことがあってもスムーズに使えます。

なおGoogle Search Consoleで十分であれば、次に紹介する有料ツールを無理して使う必要はありません。

 

有料ツールの使用も検討

被リンクチェックツールにはいくつもの有料ツールがありますが、ここでは次の3つのツールを紹介します。

 

ツール名特徴
Ahrefs
  • 扱いやすいファイル形式でダウンロード可能
  • 豊富な機能
  • 世界最大級の被リンクデータ量
Moz
  • 見やすいデザイン
  • 直感的に操作可能
  • 中古ドメインの情報を集められる
SEMrush
  • 全世界で使われているツール
  • 広告やSNSなどのデジタルマーケティングのほとんどの領域をカバー可能
  • 充実したサポート体制

 

ツールは自分に適しているツールかを見分けなければなりません。被リンクチェックツールに慣れていなければ、簡単に操作できるものかつサポート体制がしっかりとしているものが適しています。

 

反対に使いこなせるのであれば、複雑でもたくさんの機能が合っても問題ありません。必要な機能と重点を置いている点を整理することで、自分にあったツールが見つかります。

 

まとめ

SEOコンサルタントSEO対策にはさまざまな手法があるものの、必ず効果が出るとは限らないため、まずはGoogleの評価基準を理解することが重要です。被リンクの獲得は、Googleが明言している有効なSEO対策です。まずは質が高いコンテンツを作成し、ガイドライン違反に該当しないように被リンクを設置していく必要があります。質の良い被リンクを増やし、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することが、評価への第一歩です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事