【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

SEOの構造化データマークアップとは!? メリットや実装のポイントを解説

SEOの構造化データマークアップとは!?

多くの企業では、Webサイトへの流入数を増加させるために、SEO対策に取り組んでいるかと思います。SEO対策にはさまざまありますが、その中の一つに「構造化データマークアップ」があります。

 

しかし構造化データマークアップと聞いても、そもそもどういうものなのか、具体的な対策方法まで理解している方は少ないでしょう。

 

上級WEB解析士そこで今回は、SEO対策の一つとして効果的な構造化データマークアップのメリットや実装のポイントについて解説します。

 

構造化データとは!?

 

構造化データマークアップについて知る前に、構造化データについて理解しておきましょう。

構造化データとは?

SEOの構造化データマークアップとは構造化データとは、Webサイトの情報を分かりやすく伝えるために、HTML内に記述するデータです。構造化データマークアップは、構造化データの記述を意味しています。構造化データを記述すると意味を持ったテキスト情報としてGoogleに認識されます。

そもそもSEOで評価されるためには、検索エンジンから良質なコンテンツだと認められる必要があります。

検索エンジンでは、クローリングという技術を使ってWebサイトを分析していき、その中から良質だと判断されたサイトをSEOで上位表示させているのです。クローリングで分析するときにHTMLコードやCSSコードを参照するため、構造化データを記述しておくことでコンテンツに意味を持たせられます。

その結果、SEOの上位表示を狙っているキーワードで検索されたときに、対象のコンテンツが表示されやすくなるのです。

 

構造化データと通常データの記述の違い

 

構造化データと通常のデータでは、クローリングで認識される情報に差が出てしまいます。

 

以下は、構造化データと通常のデータを記載した例です。

 

通常データ

<div>氏名:テスト太郎</div>

構造化データ

<div itemscope itemtype=”http://schema.org/Corporation”>

<span itemprop=”name”>テスト太郎</span>

</div>

通常データでは、意味を持たせずにテキストだけを記述しているため、クローリングで判定するときにただのテキストとして認識されてしまいます。

 

対して構造化データでは、テキストとして認識するのではなく、意味を持ったテキスト情報としてクローリングが収集してくれるのです。したがって、ユーザーがキーワードを検索したときに、該当した情報を持ったテキストの場合はヒットしやすくなります。

 

構造化データの種類

 

構造化データには、以下の2種類があります。

 

  • Microdata(マイクロデータ)
  • JSON-LD(ジェイソン・エルディ)

どちらともクローリングで認識してくれるため、効果だけで見ると大きな差はありません。しかしSEOの評価をするGoogleでは、JSON-LDの利用を推奨しているため、どちらを使うべきか悩んだときにはJSON-LDを利用するのが良いでしょう。

それでは、それぞれの特徴について解説していきます。

Microdata(マイクロデータ)

 

1つ目の構造化データの種類は、Microdata(マイクロデータ)です。

MicrodataとはHTML5で提供されている仕様の一つで、HTMLコード内にメタデータを埋め込むことで意味のある情報を付加できます。意味を持たせることで、クローラーが評価するときに対象のキーワードで上位表示がされやすくなるのです。

 

記載方法の例としては、以下の通りです。

 

<div itemscope itemtype=”http://schema.org/Corporation”>

<span itemprop=”name”>テスト太郎</span>

</div>

上記のコードは、Webブラウザ上で表示しても通常のテキストデータと見た目が変わりありません。しかし、テキスト自体に情報を持たせることができるため、SEO対策をするなら覚えておきましょう。

 

JSON-LD(ジェイソン・エルディ)

 

次に紹介する構造化データは、JSON-LDです。JSON-LDもMicrodataと同様、テキストに意味を持たせられますが、記述方法が異なります。

 

以下は、JSON-LDで記述した例です。

<script type=”application/ld+json”>

{

“@context”: “http://schema.org/”,

“@type”: “Product”

“name”: “test Product”,

“url”: ”製品のURL”

}

</script>

上記の例では、まず始めにscriptタグでJSON-LDを記述するための宣言をします。その後、@contextでは”http://schema.org/”を指定します。これは、schema.orgに定義情報を記載するという意味です。

 

@typeでは、情報を付加させたいもののジャンルを選定します。その後、対象製品の名前やURLなどの情報も付加することで、クローラーに評価されるテキストが完成するのです。

 

構造化データマークアップのメリット

構造化データマークアップには、以下にある2つのメリットがあります。

 

  • クローラビリティの向上
  • リッチスニペット表示でクリック率が向上

それぞれ解説していきましょう。

 

クローラビリティの向上

 

1つ目のメリットは、クローラビリティの向上です。

クローラビリティとは、GoogleがSEOを評価するときにおこなうクローリング処理のことで、構造化データマークアップによって良質なコンテンツだと判断されやすくなります。ただし、直接的にSEO評価へ影響するわけではなく、構造的に作られたサイト作りをすることでユーザーに利用されやすくなり、結果的にSEOの評価が向上するのです。

 

構造化データマークアップは、クローラビリティだけではなく、ユーザービリティを向上させるために重要な要素と言えるでしょう。

 

リッチスニペット表示でクリック率が向上

 

2つ目のメリットは、構造化データマークアップによってリッチスニペットを表示できるため、サイトへの流入が増えることです。

 

リッチスニペットとは、検索結果にタイトルやディスクリプションが表示されるだけではなく、お店の評価点数や画像などを表示できる機能です。リッチスニペットにより、他のサイトとの差別化が図られ、ユーザーが気になってクリックする可能性が高くなります。

 

ユーザーの流入が増えることで、自社の商品やサービスへの成約に結びつく機会も増えるため、構造化データマークアップをするならリッチスニペット表示も活用しましょう。

 

構造化データのマークアップ方法

 

構造化データのマークアップには、大きく3つの記述方法があります。

 

  • HTMLソースにマークアップ
  • WordPressのプラグインでマークアップ
  • Googleの無料ツールでマークアップ

それぞれの方法を理解し、現在運用中のWebサイトにあった手段を試してみましょう。

 

HTMLソースにマークアップ

 

1つ目の方法は、HTMLソースに直接記述する方法です。最も一般的な方法で、HTMLを編集できる環境であれば直接マークアップする方法が良いでしょう。

HTMLソースに記述するときには、headタグ内に先述した「​​Microdata」か「JSON-LD」を使ってコーディングしていきます。HTMLは配置している場所にもよりますが、もし手元にHTMLファイルを用意できるのであれば、メモ帳やテキストエディタを利用してファイルの編集ができます。

 

注意点としては、修正する部分を間違えないことです。構造化データマークアップはhead内に記述し、なおかつ正しいタグ情報を与えなければ効果がでません。もし、構造化データマークアップを間違ったコーディングで実装した場合、コンテンツ自体に影響を与えてしまう場合があるので注意が必要です。

 

WordPressのプラグインでマークアップ

 

2つ目の方法は、WordPressで運営しているWebサイトであれば、プラグインを使って構造化データマークアップをおこなうことです。

WordPressの構造化データマークアップでよく使われるプラグインとしては、「Markup (JSON-LD)」があげられます。

 

使用する場合は、「Markup (JSON-LD)」で検索をして、プラグインを追加後に有効化しましょう。その後、「Schema.org list」と「Schema.org Config」のメニューが表示されるため、それぞれ編集していきます。

WordPressのプラグインでは、直接HTMLを編集する必要がないため、作業ミスによってコンテンツに影響が出る心配がありません。また、普段HTMLに触らない方でも手軽に編集ができます。

 

しかし、注意点としては追加したときに正しく反映されない場合があるため、最終的には構造化データマークアップが正しく記述しているのかを確認しなければなりません。

 

Googleの無料ツールでマークアップ

 

3つ目の方法は、Googleが無料で提供している「構造化データマークアップ支援ツール」を利用することです。

 

構造化データマークアップ支援ツールでは、まず始めに構造化の対象としたいURLを埋め込み、該当のカテゴリを選択します。その後、HTMLの作成を実行すると自動でコードが作成されるため、ページ内のheadタグにコピペすれば完了です。

 

ただし、細かい設定ができないため、より詳細に作り込みたい方は直接HTMLソースを編集する必要があります。

構造化データマークアップの確認方法

 

構造化データマークアップの作成後は、正しく適用されているのかを確認しなければなりません。確認するのにおすすめなのが、Googleで提供している「構造化データテストツール」の活用です。

 

構造化データテストツールでは、構造化データマークアップとして記載するコードを貼り付けることで、自動的に正しく動作するかのチェックをしてくれます。もし、エラーや警告が発生した場合には、結果画面にその詳細が表示されます。

 

構造化データマークアップを実践する場合は、本番環境にアップロードする前に必ずテストツールでの確認をおこないましょう。

 

 

上級WEB解析士【まとめ】今回は、SEO対策の一つとして効果的な構造化データマークアップのメリットや実装のポイントについて解説しました。構造化データマークアップは、Webサイト内のテキストに情報を持たせることで、Googleのクローラビリティを向上させる効果があります。もし、これからSEO対策として構造化データマークアップを実践しようと思っている方は今回の記事を参考に始めてみてはいかがでしょうか。