【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEOを制す!

アルゴリズムは非公開かつ日々進化し続けているため、
常に先端のアルゴリズムを追うことが重要です。
基礎を押さえた王道のSEO対策に弊社の技術を加えれば、
常に結果を出し続けられます。

SEO対策の基礎

 

 

SEO(検索エンジン最適化)とは?

ウェブサイトを検索エンジンの仕様に合わせる形で最適化すること。
Search Engine Optimization」の略。
対象キーワードで検索した際の表示順位を上げること等を目的とし、ウェブサイトを最適化していく施策をSEO対策という。

 

スマホやPCおよびインターネットが普及した現代では、
検索エンジンが提供する検索サービスを利用しての情報収集が一般的です。

ユーザーがキーワードを入力して検索すると、検索エンジンは
インターネット上に存在する数多くのページの中から
検索キーワードに合致したウェブページを瞬時に探し出し、
「ユーザーが求めている情報により近い」と思われる順に並べて表示します。

 

 

現在のWEBマーケティングにおいて、
WEBからの集客を成功させるにはSEO対策が必須といわれています。

インターネットを使って集客し
収益へと繋げるには様々な方法があります。

有料広告を使うのであれば、
バナー広告から自社のホームページへと誘導したり、
インターネット広告(リスティング広告)から
ランディングページへと引っ張りお問い合わせまで持っていったり等。

中でも、
検索エンジンのキーワードの検索結果に上位表示させて
自社のホームページに検索ユーザーを集める方法、
つまりSEO対策が一番費用対効果がいいと言われているため、
現在では大手企業から中小企業に至るまで
GoogleやYahoo!等の検索エンジンを重要視してSEO対策に取り組んでいます。

 

ユーザーは検索サービスを利用してショッピングや情報を入手します。

検索したキーワードによって違いますが、
実際にユーザーが見ているのは
検索結果の中でも上位に表示されるサイトのみであるケースがほとんどです。

どんなに魅力的なサイトを作ったとしても、
訪問してもらえなければ収益には繋がりません。

そのため、検索サービスでの順位が非常に重要になってくるのです。

 

検索キーワードによっても異なりますが、
ユーザーに閲覧されやすいのは
検索結果の2ページ目まで(検索上位表示20件程度)
と言われています。

ウェブサイトの検索順位が3ページ目以降に落ちると、
ユーザーがサイトを訪問する確率が格段に下がってしまうのです。

もし御社のホームページが、
狙うキーワードでの検索結果の3ページ以降にしか表示されないとしたら
『そのページはこの世に存在しないのと同じ』といっても過言ではありません。

 

集客を成功させるために一番重要なのは、
検索結果上位20位以内に表示されることです。

理想を言えば上位5位以内の表示を目指したいところでしょう。

 

SEOで上位に表示されることは、
実名店舗で一等地に出店するようなものです。

業種、業態やキーワードの検索ボリュームにもよりますが3位以内に入らないとなかなか収益化までは難しいともいわれています。

そして検索結果の表示順位上昇を目指す手法こそがSEO対策なのです。

 

ここからはSEO対策について基礎からみていきましょう。

 
 

検索結果の表示

SEOとリスティング

検索エンジンが表示する検索結果は検索アルゴリズムの技術でWEBページを順序別に表示する自然検索の枠(SEOの枠)とキーワードに連動して表示される広告枠(リスティング広告)に分けられます。現在では様々なデータがありますが、検索結果をクリックするユーザーの8割は自然検索をクリックし、2割は検索連動広告をクリックするデータがあります。まさに、SEOでの検索結果がいかに重要かわかります。

コンバージョン率が高いSEO

SEOとは

検索エンジン経由で訪れたユーザーはキーワードを通して最初からセグメントされているので関心が非常に高いユーザーでコンバージョン(問いあわせ、申込み)の確率が高いのが特徴です。アメリカの調査会社によるとバナー広告からの流入でのコンバージョンと検索エンジン経由からのコンバージョンを比較すると5倍以上検索エンジンからの流入の方がコンバージョン率が高かった等の調査結果もあります。

 

代表的な国内の検索エンジン

google adwords

概要:世界の約80%のシェアを持つ世界最大の検索エンジン。国内ではgoo、biglobe、nifty,sonet等の大手ポータルと多数提携している。特徴:web検索以外にも先進的で独自性のある検索、webサービスや無料ソフトを提供。掲載:広告掲載はAdwords登録:Google sitemapを利用

yahoo リスティング

概要:日本最大の検索エンジン。2010年Googleと提携し、Googleエンジンを搭載。特徴:Googleと提携前は、検索結果はヤフーディレクトリに大きく影響されていたが、現在はGoogleとほぼ同じ。掲載:広告掲載はYahoo!リスティング広告。

being

概要:MSN提供。MSNサーチテクノロジー。特徴:Google同様に高度で多彩な検索サービスを持つ。掲載:有料広告掲載はYahoo!リスティング。登録:無料の登録申請はURLの登録より行えるが、基本的にはMSNBotのクロールより、相互リンクや有力リンクサイトからの被リンクを経て登録されることの方が確実性が高い。

 

現在では、yahoo!japanもGoogleの検索エンジンを使うようになりました。よって、Googleのアルゴリズムに対する対策をしておけばyahoo!japanも対策できます。bingは全く違うアルゴリズムで順位表示しています。全体の数パーセントのシェアなので、優先順位としてはまずはgoogleのアルゴリズムに対するSEO対策を始めるのがいいでしょう。

まとめますと、SEO対策とはキーワードを検索したユーザーに表示したいWEBサイトを表示させるためにGoogleのロボットに対してそのサイトを修正、改善して上位表示してもらう様にすることです。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

SEO対策の基本

目次
SEO対策の基本編

  1. 成功するSEO
  2. ディレクトリ型検索とロボット型検索
  3. どのキーワードで上位表示させるか
  4. 競合他社のサイトパワーを調べる
  5. インデックスとリンク
  6. サイト内部の修正
  7. 被リンク
  8. 自分でできる内部対策の基本
  9. 自分でできる外部対策の基本
  10. SEO対策の基本のまとめ

//////////SEO対策の基本編//////////

成功するSEO

成功するSEO対策

SEO対策を始めるとどうしても対策キーワードの順位変動が気になり、”上がった””下がった”に一喜一憂してしまいます。サイト内部を対策キーワードに最適化すればもちろん狙ったキーワードで上位表示させていくことが東京SEOメーカーでは可能です。そのためのノウハウも実績も大量にあります。しかし、本当のSEO対策で成功するとは、リスティング広告などの広告ではなく自然検索からの流入でどれだけコンバージョン(お問い合わせのこと)が図れるか、他のどのインターネット広告やPPCと比べても費用対効果が良く収益化ができるかにあります。あるキーワードで1位を獲得していてもコンバージョンに結びつかなければ何の意味もありません。そういうWEBマーケティングの視点も必要になってきます。WEBマーケティングの視点からキーワード選定が始まり、サイトをどういう方向で育てていくかが決まります。SEO対策は長期計画で取り組む施策です。長期にわたって安定的に収益化がなされれば成功したSEO対策をしているといえるでしょう。

SEOで成功する

また、最近では益々サイトコンテンツの中身の重要性が順位決定に影響を与えています。検索エンジンは、”アルゴリズム”と呼ばれるプログラムを使用して自動的に評価の高い要素と低い要素を計算し順位決定をしています。その数200以上の要素があるといわれています。Googleのミッションは、ユーザーに検索キーワードとマッチした最適な良質のコンテンツを表示することにありますのでたくさんの人から支持されるいいサイトを作っていかなくてはいけません。その昔、通用したスパム的なSEOというのは全く通用しなくなっています。アルゴリズムはさらに進化を加え進んでいくと思われます。

ディレクトリ型検索とロボット型検索

ディレクトリ検索とロボット検索

検索エンジンには大きく分けて2つの種類があります。Yahoo!ディレクトリなどの”ディレクトリ型検索エンジン”とGoogleやbeingなどの”ロボット型検索エンジン”です。ディレクトリ型検索エンジンは、人間がWEBサイトを審査して登録して表示される手法で昔はこちらが主流でした。目視の審査を通るのでWEBサイトの質が高いというメリットがありますが、検索できる情報が限られてしまうというデメリットがありました。それに対して、ロボット型検索エンジンは人間による登録審査を行わず世界中のWEBサイトをクローラーと呼ばれるロボットが自動的に巡回し、WEBサイトを自動登録します。そのため登録サイトの数が圧倒的に多いのが特徴です。現在ではこのロボット型検索エンジンが一般的でこの検索エンジンに最適化していくことをSEO対策と呼んでいます。

どのキーワードで上位表示させるか

adwordsキーワード選定SEO対策を始めるときに一番最初にやることがどのキーワードで上位表示させるかキーワード選定をすることです。キーワードの選定を間違うと長期的に行うSEO対策が無駄になってしまいます。まず、どうやってキーワードを決めるかですが、googleのadwordsという無料ツールで各キーワードの月間検索件数を調べることができます。このツールを使って月間検索件数の多いキーワードを選び出します。しかし、月間検索件数が多いワードは競合も対策をしているワードになるので月間検索件数が多ければ多いほど競合が増えて上位表示の難易度が上がります。そこで月間検索件数の少ないキーワードを選び対策を行ったとしましょう。検索件数が少ないので競合が減ります。そのキーワードで頑張ってSEO対策をして1ページ以内にはいっても問い合わせが全然来なかったなんてケースもあります。月間検索件数が多いキーワードは競合が多くて上位表示が難しい、月間検索件数が少ないキーワードで例え上位表示しても元々の検索件数が少ないのでなかなか問い合わせまで来ない、まるでブラックホールに落ちたようにうまくいかない事があります。では、どうすればいいのでしょうか。だいたい月間検索件数300~1000回位のキーワードをまずは選んでみてはいかがでしょうか。300以下だとなかなか収益化が難しく、1000以上だと競合が多く難易度が高いワードであると認識して下さい。そこで何個かキーワードを絞り込んでいきましょう。

競合他社のサイトパワーを調べる

キーワードを絞り込んだら、そのキーワードで上位表示している競合他社のサイトパワーを調べた方がいいです。まずは、そのキーワードで10位にいるサイトを調べてみましょう。シークレットウィンドウで、Google検索してみてください。そうすると正確な検索順位のサイトが表示されます。1ページ以内に入るには、この10位のサイトを抜かないといけません。まずは10位のサイトをベンチマークするのです。さて、サイトパワーはどうやって調べるのでしょうか。

”サイトパワー=インデックス数【SEO内部対策】+rootdomain数/domain authority数【SEO外部対策】”

を基本と考えてください。上位表示させるアルゴリズムには200以上の要素があるといわれています。なのでこのサイトパワーがすべてではありませんが、一つの指針として競合とのパワー比較をすると上位表示までの道が見えてきます。

SEOチェキインデックス数は、SEOチェキでも確認できます。インデックス数とはGoogleに認識されているサイトのページ数です。ページ数が多いとサイトボリュームが多いコンテンツの充実したWEBサイトと評価されます。外部パワーが同じサイトであればこのインデックス数が多いサイトの方が上位表示しやすい傾向にあります。よって、SEOの内部対策としてこのWEBサイトのページ数を増やしていくことが一つのSEO対策ともいえるでしょう。もし、競合のサイトが自分のサイトよりこのインデックス数が多ければ自分もまずはこのインデックス数を競合に負けないように増やしていかなければなりません。

次に、外部のパワーを調べます。これは、open site explorerやMajestic SEO Site Explorerなどの外部リンクのパワーを図るツールがあります。これは、SEOチェキからもリンクしているので使いやすいかと思います。Majestic SEO Site Explorerの方は浅く広く被リンクを抽出しているようでopen site explorerと比べると被リンクの数が大量に出てきます。それに加えてopen site explorerは有効な被リンクの数だけ表示しているように思えます。実際に80本の被リンクを受けていても40のrootdomain数しか表示されていなかったりします。図にあるようにドメインの強さを示しているdomain authorityの数字を競合他社の数字と比べてみましょう。この数字は、ドメインの強さを表しているので、サイトを育てていきこの数字を上げていかなければいけません。この数字を上げるには、rootdomainの数字を増やさなければいけません。この数字は、違うドメインからの被リンクの数を示しています。ブログやサテライトサイトなど被リンク対策をして被リンクをうけるとここの数字が増えていきます。ここの数字が増えていくと連動してdomain authorityの数字も増えていきサイトが成長していることが分かります。この2つの数字を自社サイトと競合サイトで比べてみましょう。外部のパワーの数字が同じくらいのサイトであれば、サイト内部のインデックス数を増やしていけばサイトパワーが勝り順位を抜いていく可能性もありますし、逆に、インデックス数が同じであればこの外部の数字を比べて負けているようであれば良質な被リンクをうけていけるようにSEO対策をしていくことです。順位獲得の道筋が見えたら、その選定したキーワードで対策を始めます。

opensiteexplorer

インデックスとリンク

被リンク

ロボット型の検索エンジンでは世界中のWEBサイトをクローラーというロボットが自動的に巡回し検索エンジンに登録していきますがこの巡回の事を”クロール”と呼び、クロールされたWEBサイトが検索エンジンに登録されることを”インデックス”といいます。インデックスされたページだけが検索結果ページに表示されるわけです。よって、インデックスされることが非常に大事でインデックスされたページ数がそのサイトのコンテンツ量となりサイトの評価を決定します。インデックス数は多ければ多いほどサイトの力は高いと言えるでしょう。また、ロボット型検索エンジンは自動的にクロールとインデックスを行いますが、まったく知らないURLをクロールすることはできません。そのために検索エンジンはより多くのURLを見つけるための手段として基地のWEBサイトからのリンクを利用します。このリンクをたどってクロールしていき世界中のWEBサイトを一つ一つ発見してインデックスしていきますので、リンクでつながるという事は非常に大事なことなのです。そういう理由で外部からのリンクを確保していく必要があるのでリンクは重要とみなされています。また、別の視点から実は検索エンジンはリンクをWEBサイトの人気度、重要度を計る基準としても利用しています。たくさんのリンクを受けたサイトはたくさんの人に評価されているサイトと認識し評価を上げるのです。

サイト内部の修正

SEO内部修正

SEO対策で検索エンジンにより高く評価されるためにサイト内部をキーワード最適化することをSEO内部対策といいます。WEBサイトをクロールしてくる検索エンジンがコンテンツを正しく認識できるように、HTMLやCSS,javascriptをW3c基準にコーディングし直したり、内部リンクを最適化したり、タイトルなどの修正をするクローラビリティに関する内部対策とユーザー向けにユーザビリティの向上を目指す内部対策があります。ユーザビリティでは、WEBサイトの表示速度を早くしたり、デザインやレイアウトを最適化して直帰率を下げることを目指します。直帰率とは、すぐサイトから離脱してしまう直帰の確率です。なるべく少なくなるように対策をします。SEO対策で検索エンジンに高く評価されるには、インデックス数と良質なコンテンツの両輪が大事です。クローラーにインデックスされるページを増やしながらそのページは価値のあるオリジナルなコンテンツであることが非常に大事です。

被リンク

リンク

被リンクは、WEBサイトの人気度と重要度を計る指標として検索エンジンが注視しています。但し、やみくもに被リンクをたくさん獲得すればいいというわけではありません。かつては、Googleは検索結果ページにおける表示順位の決定要素として外部リンクを非常に重く評価していました。しかし、その結果外部リンクを大量に獲得したコンテンツの中身の薄いサイトでも上位表示されるという状況が続いていました。その後、アルゴリズムが進化しこうしたサイトの評価を下げるペンギンアップデートが生まれ改良が進みました。不正なリンクを検知し、評価を無効にしたり悪質だとペナルティーを与えます。現在では下手に被リンクを獲得してしまうとリスクが大きくいきなり圏外に飛ばされてしまうことなどは日常茶飯事です。被リンクで失敗しないためには自然リンクを獲得できるようにより良いコンテンツを提供していくことが大事です。

自分でできる内部対策の基本

内部対策ここでは、簡単だけれどもSEOで順位獲得する最重要のサイト内部の修正方法を公開します。この内部対策だけやって順位が上昇したお客様のサイトは数多くあります。細かいSEO技術はありますがまずはSEO対策の基本中の基本を抑えましょう。

必ず下記4項目はチェックして対応してください。

  1. タイトル【対策ワードを一番左に】
  2. メタディスクリプション【タイトルとは違った言い回しで】
  3. 重複タイトル、重複メタディスクリプションを絶対に無くす
  4. 文章の追加【特に上位表示を狙うページ】

1.SEO対策の内部対策で一番重要なのが”タイトル”です。
対策キーワードを一番左に持ってきてタイトルを30文字前後でつけてください。まずはTOPページのタイトルです。例えば、”ホームページ作成”のキーワードで上位表示させたい場合、タイトルは、

<title>ホームページ作成のWEB制作会社 東京WEBメーカー</title>というようにつけると

”ホームページ作成”のキーワードが一番強く対策されているサイトととなります。このタイトルは、”WEB制作会社”のキーワードも入っていますが、ホームページ作成のキーワードで一番上位表示するサイトになります。”WEB制作会社”のキーワードは優先順位2番目のワードになります。このワードも順位上昇しますがホームページ作成のキーワード程、順位上昇は見込めません。よって、必然的に1つのURLでは1~3個位のキーワード対策でとどめておいた方がいいでしょう。あれもこれもキーワードを欲張って詰め込んでも結局、googleのロボットは何のサイトか認識できず全てのワードで下位表示に終わってしまうケースが多いです。

さて、TOPページのタイトルが決まったら、次は2階層目以降のページのタイトルもキーワード最適化していきます。2階層目のページタイトルです。料金ページ、お問い合わせページのタイトルをご覧ください。

<title>料金|ホームページ作成のWEB制作会社 東京WEBメーカー</title>
<title>お問い合わせ|ホームページ作成のWEB制作会社 東京WEBメーカー</title>

お気づきでしょうか。各ページタイトル”料金””お問い合わせ”の後ろにTOPページのタイトルを付けました。こうすることによってこのページはTOPページの料金ページ、このページはTOPページの問い合わせページなんだとgoogleのロボットに認識させることができ、TOPページで対策した一番左のキーワード”ホームページ作成”が更に強くなっていきます。こうすることによってWEBサイト内のタイトルを全て統一していきます。そして2階層目以降全てのページからTOPページに発リンクしてください。一番いいのは”ホームページ作成のWEB制作会社 東京WEBメーカーのTOPへ戻る”のアンカーテキストにしてTOPページに内部リンクを集めるのです。こうすることによりリンク元ページ(2階層目以降のページ)のタイトルとアンカーテキストに対策キーワードが入りキーワード最適化ができます。これがSEOの内部対策の超重要ポイントです。

metadescription2.次にメタディスクリプションです。
meta descriptionはmeta descriptionは検索結果に表示される可能性の高いそのWEBページのロボット向けの説明文です。ユーザーアクセス向上の為にも重要です。対策ワードを含んだ説明文を最大で120文字程度で設定します。ここでのポイントは、タイトルの時と違い今度は全てのページの文章をオリジナルの違う文章にすることです。料金ページ、お問い合わせページなどすべてのページにオリジナルの文章を入れてください。なるべく言い回しを変えて文章構築しましょう。下に例を挙げておきます。

<meta name=”descriptionitemprop=”descriptioncontent=”webマーケティングを駆使したseoに強いwebサイト制作やweb集客の為のリスティング広告、SEO診断、会社のホームページを作るお問い合わせは、ホームページ作成のWEB制作会社 東京WEBメーカーまで。SEO対策ホームページで上位表示が可能です。” />

3.重複タイトル、重複メタディスクリプションは順位下落の重大要因です。
これは、Google search consoleを設定して確認してください。googleでgmailのアカウントを取得すればAdwordsと同様にこちらも無料で使えるようになります。Google search consoleのダッシュボートから検索での見え方の中にHTMLの改善という項目があるのでここをクリックして下さい。そうすると重複したタイトルとメタディスクリプションが出てきます。重複ページがなければ何も表示されません。さらにタイトルタグの重複のリンク先に飛ぶと重複している各ページURLが出てきますので個々に対応して重複ページをなくしていきます。絶対に重複ページのないWEBサイトにしてください。
googlesearchconsole4.最後に文章の追加ですが、これはコンテンツSEOのアルゴリズムに対応するためです。
現在では長文のあるWEBページが上位表示する傾向にあります。これは200以上あるアルゴリズムの要素の一つにすぎませんが確実に存在するアルゴリズムです。TOPページを上位表示させたいのであれば、TOPページに長文を最低1000文字×3くらいは追加してください。ただ追加すればいいのではなく、対策キーワードが”ホームページ作成”であれば、ホームページ作成に関するテーマの記事をオリジナルで追加してください。例えば、①ホームページ作成に必要な準備②ホームページ作成手順③ホームページ作成のメリットなど、対策ワードが入ったテーマの見出しでその文章を作りましょう。この時に大事なのがネットに落ちている情報やリライトではなく、手作りのオリジナル文章であることが大事です。なるべく自分の言葉で文章を追加しましょう。

さあ、これでSEO内部対策の基本は終わりです。確実に実行してくださいね。次は外部対策の基本を見ていきましょう。

自分でできる外部対策の基本

外部対策の考え方を最初に理解しましょう。ユーザーにとって良いサイトはリンクで紹介されてお勧めされます。よってリンクが集まるサイトはいいサイトだとロボットは認識します。みんなに紹介されて(発リンクされて)いいサイトなので順位を上げます。これが被リンクを受けて順位が上がるロジックです。最近では、同じ内容、コンテンツからの被リンクが評価があがります。また、サーバーが同じWEBサイトからの被リンクは10本受けようが100本受けようがGoogleのロボットは所有者が同じなので1本の被リンクの力しかないと認識しているようです。色々なサーバーからの被リンクを受けることが評価を上げることになります。よって、外部対策のポイントは

  1. 同一コンテンツからの被リンク
  2. IP分散された被リンク

の原則を守って被リンクを集めましょう。

linkでは、どうやって被リンクを集めたらいいかですよね。一番いいのは同業他社の同一コンテンツからの被リンクを得るために連絡を取り発リンクしてもらうようにお願いができればいいのですが、もちろんこの同業他社も同じキーワードで上位表示を狙っているのでお願いしても発リンクしてくれる可能性は相当低いですよね。しかし、メールや電話や紹介で発リンクの依頼をして実際にリンクをもらえたケースもありますし、順位が確実に上がります。地道にトライしていきましょう。また、有料リンクや自作自演リンクは評価を下げると言われていますが、無料ブログサイトなどを活用し、きちんとしたブログ運営をしてそこから発リンクをする分には問題ありません。まずは無料ブログなどでコンテンツをアップしていき、発リンク先と同じテーマのブログ記事の場合、その記事から被リンクを獲得しましょう。無料ブログサイトは10個以上あるので、その全部を利用すれば最低でも10個のIP分散されたサイトから被リンクを受けることができるので少なからず影響はあります。これも大変ですがSEO業者に頼まなくても自分でできる対策です。また、優良被リンクページにある無料ディレクトリ登録をするのも被リンクを獲得できる方法です。こちらは1回申請すれば半永久的にリンクを受けていられるので全く被リンクがない出来たばかりのWEBサイトなどはやってみる価値があるかと思います。

satellite-site更に、根性があり努力できる人は、サテライトサイトを作ってみましょう。これはミニホームページを作る感覚です。中古ドメイン販売やさんなどでオールドドメインを取得して、そのオールドドメインでサテライトサイトを作ってみましょう。5ページから10ページの同一コンテンツのサテライトサイトです。”ホームページ作成”で上位表示させたいのであれば、”ホームページ作成”に関するコンテンツのサテライトサイトを作成しそこから発リンクをしましょう。もちろんアンカーテキストは”ホームページ作成”のキーワードで発リンクしてください。更に複数のサテライトサイトを作成し、そのサテライトサイトのサーバーを全部違うサーバーにしてIP分散しましょう。そこから被リンクを受ければ評価が高く順位が上がります。根性がある人はご自身で頑張って被リンクを増やしていきましょう。大変な人はやはり東京SEOメーカーなどのSEO会社をよく選別してお願いするのが一番いいかと思います。

SEO対策の基本のまとめ

SEO対策の基本はGoogleの使命をみるとよくわかります。

Google’s mission is to organize the world’s information and make it universally accessible and useful.

seo対策要するに、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」ですので
世界中の誰が検索してもその検索したワードに一番適切なWEBサイトを上位表示させてユーザーに届けたいのです。もし、検索ワードとミスマッチしたサイトが検索ユーザーに上位表示して届けられてしまったらユーザーが
Google検索を使わなくなってしまいます。なので、検索キーワードに合致するコンテンツのWEBサイトを上位表示することが基本であり柱となります。そう考えれば、最優先課題は、キーワードに合致したコンテンツ作成をしないとだめだと分かります。まずは、”ユーザーに役立つコンテンツを作ること”これが最重要です。そしてキーワード最適化して、どんどんコンテンツの量を増やし、インデックス数を増やしていきます。情報量が多いサイトはそれだけユーザーがほしい情報を持っているコンテンツのサイトだとGoogleのロボットに認識させるのです。そして、その基礎の上に外部対策である優良被リンクを受けていけばいいのです。様々なSEOの技術の情報や本がありますがどれが正しくてどれが間違っているかわからないこともあるかと思います。そんな時は一度Googleのミッションに立ち返ってSEO対策をしていけば間違った方向には進まないかと思います。小手先の技術や対策はもう通用しなくなっているとご理解ください。そして少しでもユーザーにとって役に立つ良質なコンテンツのWEBサイトを今後も作っていきましょう。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン